ブログ

【今日のアトリエ】秋とともに深まるBESPOKEへの情熱【職人】

2020年10月4日

「新型コロナウィルス感染拡大防止の為に」

 

 

ご来店を基本的に予約制にいたしております。

 

 

★天文館プレミアム付き商品券をご利用いただけます

 

 

 

01501368-9216-4E90-8B54-68AACC75A386

 

 

2020AW GIFT TICKET FAIR スタートします!

詳しくはコチラをご覧下さい

 

 

 

9月25日・金曜日~10月26日・月曜日

 

 

 

Photo taken with Focos

 

 

店頭にはこの春の幾多の苦難を乗り越えた、イタリアのドラッパーズ(DRAPERS)から最新生地バンチブック(見本帳)が届きました!

 

 

drap2

 

 

ラグジュアリーフランネルの頂点「LADY SANFELICE AND FLANNELS」、

こだわりの社長コレクション「DRAPERS GOLDEN SELECTIONS」、

今回初登場 Super160`s コレクション「Greenhills」が登場。

 

 

drap

 

 

 

しかし、驚いたのは何と言っても、かのSeptemberに現れた、「Earth, Wind and Fire」と名付けられた、全天候ウール生地が登場した事です。

 

生地背面に撥水、防水皮膜を貼り、なおかつ迷彩柄や各種カラー系のプリントを施した「アース、ウィンド&ファイアー」です。

 

 

 

drap3 (2)

 

 

レインコートやブルゾン、トレンチなど 、撥水加工を施したこのドラッパーズのEarth, Wind and Fireで、面白い作品が作れそうです。

 

 

 

drap3 (1)

 

 

衣替えの季節、10月になるとともに、本格的な秋冬物の仕立て作業で忙しくなってきた当店のアトリエ。

 

 

Processed with Focos

 

大柄なお客様のスリーピースの補正を考えるカッター伊達。

 

秋冬物はスリーピースのオーダーも多く入るとともに、ロングコートやBARBOUR風のブルゾン、自身がデザインしたラウンジジャケット、レディースのダブルブレストのジャケットなどなど、とにかく頭を使う作業が続きます。

 

 

Processed with Focos

 

 

 

最近納品したスリーピーススーツの補正では、ある大柄なお客様からの「シュッとしたスーツ」を作ってよ、というリクエストがきました。

いつもタップリとした余裕のあるお洋服が好きなお客様ですが、全体のシルエットをスマートにさせつつも、「着やすさ」という要素は外せないので、その両立をポイントにデザインと補正を考えました。

昨日納品させていただき「思った通りのスリーピース!」とご満足いただきました。

 

 

 

 

 

 

Processed with Focos

 

 

 

入社半年の新人小濱にラペルの作り方を教える加治木。

 

小濱は高校のファッション科で服作りを専攻して、4月の卒業後直ぐに当店に就職しました。アトリエではマスターテーラー加治木に付き、部分縫いから学び「引っ張り仕事」という先輩職人のパーツを作る作業をしてきましたが、ついにジャケットの製作に取り掛かりました。

 

 

6463AE8F-405A-4A3C-B857-5748F3B43998

 

各パーツを作るだけの作業と違い、一枚の毛芯の上に生地を据え、全体の出来上がりを考えながら最終的にジャケットを作り上げる。小濱的には想像を超える大変な仕事のボリュームらしく、毎週の朝礼での報告に苦戦が伺えます。

 

山登りと同じく、一歩一歩途方もなくつらいのですが、合間に景色が見えたりしつつ、山頂が近づいて来ます。先輩加治木の導きで成長してほしい「金の卵」です。

 

 

 

 

 

 

Processed with Focos

 

 

ジャケットの芯据えに集中する水迫

最近は水迫の緻密なハンドワークの成果が、服作りに結び付いてきました。

 

特にハンドステッチは、水迫自身が様々な番手の糸を使い、入れ方や引き方も変えて実験して、最適なビジュアルを生み出せるように技術を高めています。

 

 

at1-2

 

 

キャメルヘアのネイヴィーブレザーに水迫が施したハンドステッチです。

カジュアルでスポーティーになりすぎず、ブレザーの印象がより良くクラシックになるように。

お客様やデザイン担当の福留理恵子と打ち合わせを重ねて、いい雰囲気に入れることができました。

 

 

 

Processed with Focos

 

 

トラウザーズ(ズボン)の専門職人、橋元

アトリエのメンバーに加わり2年半の橋元はトラウザーズ仕立ての専門職人です。

 

 

at-52

 

 

最近のトラウザーズは、ノーマルなタイプに加えベルトループレス、サイドアジャスタ付きのタイプが増えてきました。

 

 

trou

 

 

今回オーダー頂いた、カノニコの6PLYという弾力性のあるメッシュ生地を使ってフライフロント、サイドアジャスタのトラウザーは、生地の落ち感も良く、とてもいい感じに仕上がっていました。

BESPOKEならではのトラウザーズの完成度をますます高めてほしいものです。

 

 

 

 

③アトリエ (5)

 

 

ベテランの薄窪は、若手が様々な技術面での壁にぶち当たった際に、解決法を導き出してくれるこの道54年の大ベテランです。

 

Processed with Focos

 

 

最近手がけた大仕事は、お父様の形見のモーニングコート上下を受け継いだお嬢様が、お洒落着として着て楽しめるようにリフォームしたことです。

モーニングコートは仕立てる職人が日本にも少なくなってきた正礼装服。構造は複雑で様々な工夫が服自体に仕掛けられています。

このモーニングをリフォームする仕事は薄窪が中心になり、伊達、福留理恵子のチームで行いました。蘇ったモーニングコートに命が吹き込まれました。

 

 

 

at (4)

 

 

黒木幸、85歳。昭和10年(1935年)生まれ。

この手によって約70年近く、お客様のお洋服を仕立ててきました。

今もアトリエの魂となってけん引してくれます!

 

 

Photo taken with Focos

 

 

黒木の最新作、ロロピアーナのジャケット。

美しい袖と肩入れは若い職人達の見本です。

 

 

 

482AE24F-9FEE-445F-9EBC-E06F669D7E1EE9F054D4-CF9D-4B8D-941F-6812972E6D36 

 

 

 

今日もひと針ひと針、服作りは進みます。

みなさまのオーダーを心よりお待ちいたしております。

 

One autumn afternoon in our atelier.
Artisans working for their many dreams….!

 

 

 

1FE78D49-C33F-4FE0-91F2-230E436474B5

 

 

 

0B07BB5F-0AC7-4FFD-8416-1B16F8E50C91

 

 

 

18

 

 

 

①店内外観 (4)

 

 

 

三洲堂テーラー

 

鹿児島市東千石町18-8BIGIビル2F

099-224-6255

 

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ

 

WEBサイト

 

http://sansyudo.co.jp/booking-visit/

 

 

 

FACEBOOK

 

https://www.facebook.com/sansyudo/

 

 

 

INSTAGRAM

 

https://www.instagram.com/sansyudo1930/?hl=ja