ブログ

【BESPOKE or Pre BESPOKE?】用途によって使いたいオーダーメード手法

2018年12月8日

学生時代に柔道をされていた体格の良いお客様から、パターンオーダーメイドでスーツを作りたいとご相談がありました。

 

当店のパターンオーダースーツは、クオリティが高くてかなりの補正が出来ますので、お任せ下さい!とお受けいたしました。

 

 

uti

 

 

メージャーリングしていき、補正用のゲージ服をご試着していただいたところで、お客様はあまりにも胸板が厚く肩幅が広いので、当店のパターンオーダー・SARTORIAでは、とてもご満足いただける服がご用意できない事が判りました。

 

そこで当店で型起しをして型紙を作り、仮縫いフィッティングをした上で、お身体に最もバランス良くお仕立てする、BESPOKEすなわちハンドメイドのフルオーダーをご案内いたしました。

 

もう一着の仮縫いはいたしますが、Pre BESPOKEすなわち、協力ファクトリーでのマシンメイドで縫製する事になりました。

 

 

だて

 

 

 

ということで、BESPOKEとPre BESPOKEで仕立てたジャケットを2着並べてみました。

 

 

 2

 

 

皆様にも比べていただきましょう。

さてどっちがBESPOKEでしょうか?

 

 

1

 

 

 

正解は・・・・

向かって「左」の上衣がフルオーダーです。

 

全く同じ型紙を使ってお仕立てしていますので、まず普通の方には判断が付かないと思われます。よく見ると左の上衣はマシンのハンドステッチが入っていたり、肩パッドの雰囲気が違ったりします。

 

 

 

LoroFS (6)

 

 

BESPOKEスーツは、ロロ・ピアーナのFOUR SEASON 260g/m Super130‘sの生地を使いました。

 

 

LoroFS (4) 

 

 

ダークネイビーにマイクロヘリンボーンが刻まれた、張りとコシのあるクラシックなダークスーツ地です。

 

 

LoroFS (5)

 BESPOKE(ハンドメイド)

 

BESPOKEである上のジャケットは、エッジに職人のハンドメイドによって、伝統的な星ステッチが入れてあります。ほとんど見た目が判らないほどの細やかなステッチです。

 

 

nov (4)

Pre BESPOKE(マシンメイド)

 

こちらはブレザーなので、エッジから7mmのポイントにいわゆる「ハンドステッチ」が入っています。AMFハンドステッチというミシンによるステッチです。

これはこれで味のある仕上がりになります。

 

 

 

胸のボリュームは,、バストとウェストから伸びるダーツにより高さを出してします。厚い胸板をすっぽり覆う補正は、お一人づつ型紙を起こすBESPOKEの技術ならではです。

 

 

 

LoroFS (9)

 

 

 厚い胸にはゆっくり稼働できる袖をおつけします。ただし太過ぎないようにすっきりとした袖のフォルムにいたしました。

 

 

LoroFS (8)

 

 

ボタンは本水牛、ライニングはロロピアーナのロゴ入りオフィシャルです。

 

 

 

LoroFS (7)

 

 

 

LoroFS (2)

 

 

合わせてマシンメイドでお仕立いただいたノヴァラ(NOVARA)のシルクカシミアのブレザーともに、ご愛用いただけますとありがたいですね。

 

 

nov (5)

 

 

 

Loro Piana FOUR SEASONS Super130`s WOOL 260g/m

スーツS上下・お仕立て上がりプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・・¥222000

Pre BESPOKE(仮縫い付き・マシンメイド)・・・・・153400

パターンオーダーメイド・・・¥103400

 

 

 

2

 

 

 

 

Pre BESPOKEに関しては、以下の記事もご参照ください!

 

①【新オーダーシステム】 Pre BESPOKE (プレ・ビスポーク)スタート!

 

 

②【新作品】魅力的なフェルラのジャケットをプレ・ビスポークで!

 

 

 

ということで・・・

 

正当派のダークスーツはBESPOKE(フルオーダー)

 

気軽に着たいジャケットはPreBESPOKE(マシンメイド)

 

毎日着るビジネススーツはパターンオーダーメイド

 

用途によって使い分けたいオーダーの手法があります。

 

詳細はぜひスタッフにご相談ください!