ブログ

【ストレッチ】時代は「伸び代」のあるスーツへ!トーニャのエストラート

2018年11月21日

アメリカ、アジア、ヨーロッパの一部では、男性が髪をカットしに行く場所はほとんどが「BARBAR」です。逆に美容室に通う男性は「おねぇ系」だとか(笑)

 

日本語では「床屋」という古臭い表現ですが、若いスタイリスト達はは自分たちの事を誇りをもって「BARBER」と呼称し、ファッション的にも「最先端」と自負しています。確かに都会でもBARBERは増えてきているようですね。

 

 

 

 bb1

 

 

 

最近当店の近くにも若い世代が集う「CHOP SHOP」さんというBARBERがオープンしました。英国などでは伝統的にTAILOR(テーラー)の地下や隣にBARBERがあるケースが多く、男性が身だしなみを整える空間として新和性があります。

 

新し物好きなので、早速挑戦してきました。

数年ぶりのBARBERはとても気持ちが良いものです。

タトウーやピアスをつけた若い世代のBARBERがカット」してくれます。丁寧でこまやかな鋏とバリカンによるカット、気持ち良すぎて思わず寝てしまう顔剃り。BARBERならではの整髪感があり、終わると気分一新です。

 

 

 

bb2

 

 

 

休日でしたが、きっちりスタイリングしてもらいました。

新世代BARBERは、日本でも人気を呼んでいます。まさに「伸び代のある業態」だと感じました!

 

 

 

6

 

 

さて、「きっちりスマートなスタイリング」といえば、こちらのスーツをご紹介すべきでしょう。

 

 

2

 

 

ネイヴィーのフランネル、しかも最近人気のストレッチ。イタリアのトラバルド・トーニャ(TRABALDO TOGNA)のエストラート(ESTRATO)というナチュラルストレッチ生地で、シャープなシングルブレストスーツをお仕立ていたしました。

 

 

 

4

 

 

そのストレッチ性は、他のエラスティン(指定外繊維)混紡のものより、はるかに伸縮が効きます。従って、オーダーされたお客様もスタイリッシュでピタピタのデザインにされました。

 

 5

 

 

 肩やバストまわりはもちろん、胴回りも第二の皮膚のように伸縮が効きます。ぴったりクラシックながら着心地はコンフォートです。

 

 

3

 

 

スマートなデザインになるようにラペル(襟)幅は6.5センチ。

もうすぐモード系スーツになるギリギリの線です。

 

 

7

 

 

ボタンはイタリア製の「パラディーソ」というネーミングのプラスティック練り釦です。

 

 

8

 

ライニングはクールに水色をお選びいただきました。

 

 

このエストラート(ESTRATO)ストレッチ生地のスーツはこれで2着目のお客様ですが、長時間の会議でのご着用、お茶席などでとても重宝されてらっしゃるとのこと。

この冬の貴重な「伸び代のある」フランネルスーツとして、ご愛用いただけますとありがたいですね!

 

 

1

 

 

TRABALDO TOGNA 1840  Super120`s WOOL STRECH `ESTRATO`

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド/仮縫い付き・ハンドメイド)・・¥185000

パターンオーダーメイド(メイドトウ―メジャー)・・・¥79000

 

 

皆様もこのノビノビとしたストレッチスーツ、

ご体験してみてはいかがでしょうか?