ブログ

【体験】ZOZOスーツ vs テーラー!実際にオーダーしてみた(前篇)

2018年8月16日

話題の「ZOZOスーツ」をオーダーしました。

 

7月上旬の発売開始以来、お客様方とも話題になっていました。

 

 

IMG_7238

 

 

3Dでの採寸が自宅でスマホで出来る。

そのデータをもとに、スーツ、Tシャツ、デニム、ポロシャツなどがセミオーダー出来る。

 

私たちの業界で最もハードルが高い「採寸」をクリアできる技術が遂に登場してきたのかと、業界でも関心が高まっていました。

 

 

zozo

 

 

 

しかし動向をうかがっているだけでは本質が何か判りませんので、自分でオーダーしてみました。

 

7月10日頃オーダーし、8月上旬に計測用ZOZOスーツが届きました。

 

 

 IMG_9223

 

 

慣れない手付きでスマホをセット、時計回りに計測。

我ながらユーモラスな光景です。

 

 

 

IMG_9231

 

 

計測は最初は慣れませんが、スマホのアプリが丁寧にナレーションで教えてくれます(笑

 

 

 

IMG_9232

 

 

 

ここからが大切な部分です。
採寸データは私たちの実測メジャー値と大まかに合っています。

 

しかしこのZOZOスーツの着用が少しでもズレていると、計測データに大きな違いが出るようです。私のデータもご覧のように、腕も脚も左右でサイズが違っていました。

 

 

IMG_7228

 

 
採寸データを基に割り出されたスーツの上がり寸法には、大きな違和感があります。

 

自分で上がり寸法を補正できますが、肩幅、身幅など大きすぎたので、マイナスにしました。

 

 

 

IMG_7237

 

 

一方、シャツのデータは少し小さ過ぎるようです。こちらも補正をしました。

 

 

 

IMG_7229

 

 

 

スーツとシャツの選択できる仕様とオプションを選びます。

ベントの有無、総裏か背抜きか、ネームの有無など、現段階で選べるオプションはそうありません。

 

 

IMG_9237

 

 

すべてスマホで記入し終えたらデータを送信、

仕上りは9月中旬です。

どんなスーツが仕上がるか・・・? 

またブログで報告いたします(笑