ブログ

【エッセイ】サイズ感、ズボンの裾巾と丈、どうする?

2018年7月22日

一口に「ズボン」といっても、なぜボトムズの中でもこの両足を入れる筒状の衣類が「ズボン」と呼ばれるようになったのでしょうか?

 

 

4

 

 

一説によれば、フランス語の「jupon」(スカートの下に履くペチコート)からきているそうです。しかし、日本人らしい発想で、「ずぼん!と足を入れる」から来たという説もあります。

 

私は案外、「ずぼん!と足を入れる」が真相かと思います。

これはロンドンの仕立街「Savile Row(サヴィル・ロウ)」が「背広」の語源になった、という擬音説と似ています。

また、その昔ヤンキーの皆さんが履いていた「ボンタン」や「ドカン」も音感がそのままズボンの名称になってると思われます。日本人の服に対する感性の一端がうかがえます。

起源をたどると面白い発見がたくさんあるものです!

 

さて、今日は最近のズボンの丈と裾巾のことについて述べていきます。

 

 

ambrosi (1)

 

 

またまたインスタグラムの写真で申し訳ありませんが、このズボンはイタリア、ナポリの有名なズボン専門メーカー「アンブローシ(Ambrosi Napoli)のサイトにUPされていました。

 

コメントはシンプルに「Our home style」。

彼らの基本スタイルは1タックのストレートのようです。股上もしっかり取ってあります。裾巾は約18センチほど、ただしほぼノークッションですね。

今はやりの「つんつるてん」の若い人向けズボンとは、少し違う大人の「スラックス」というところでしょうか。

 

・・・何故「スラックス」という名称かと言えば、英語の「トラウザーズ」がスーツと対のズボンを意味しているのと反対に、替えズボンなどのややカジュアルなズボンを「スラックス」と呼ぶからです。

 

 

 

f1

 

 

今日の私のズボンスタイルです。これはウール&モヘアの替ズボンをはいています。生地がしっかりとシャープなので、ノータック、裾巾18センチ、折り返し付き(以下ダブル)です。

 

 

 

f2

 

 

Ambrosi に比べると、ズボン丈が長くなります。どちらかといえば、替ズボンでもネイヴィーブレザーに合わせる為に仕立てたので、「つんつるてん」にならぬよう、靴下がおおっぴらに見えない丈に仕上げています。クッションもしっかりついています。

 

ブレイシズ(サスペンダー)で吊るのは、股上が安定するからです。常に一定のズボン丈を保ちたい方には、こちらがおススメです。

 

 

 

d1

 

 

こちらは30歳のスタッフ、伊達のトラウザーです。

股上はそれほど深くはない2本タック、ダブルにした裾巾は17.5センチです。丈は短くノークッション、完全にくるぶしが見えています。

 

 

d2

 

 

2本タックは、慣れてくると着心地もいいのですが、スーツやジャケットを着用すると、カタチが良く見えて好きだといっています。

 

 

d3

 

 

 

先週私が行った(笑)市場調査では、タック入りのズボンが増えてきたようです。ただし、裾巾だけは相変わらず18センチ位まで。丈もノークッションで仕上げているようでした。

 

少しずつタック入りのズボンが増えてくると、股上も必然的に深くなってくると思われます。

もともと「タック」はウェストとヒップの差を埋める為に考案された「折り曲げ技法」です。従って最近のヒップハングや股上浅のズボンとは、製図上うまく線がつながらないのです。

 

 

ambrosi (2)

 

 

例のナポリのAmbrosiは、タック入りのズボンが「正解」と述べています。

写真は2本タック入りズボンの股上です。

 

クラシックなスーツスタイルのトラウザーにはタックは相性が良いので、これからは皆さまも1本タック、2本タック、と入れていかれてもいいのではないでしょうか?

 

 

ズボン、トラウザーズ、スラックス、パンツ、パンタローネ・・・

 

同じズボンを意味する名詞なのに、表記がなぜ違うのでしょうか?

こちらは、次回のエッセイで述べていきたいと思います!