ブログ

【エッセイ】サイズ感、袖とシャツ、長さとバランス

2018年7月21日

先週末、新宿伊勢丹のあるレディース・ブランドでショッピングに付き合いました。

 

 

そのブランド製の手持ちのワンピースを、近々参加予定のパーティーで活用する為に、アクセサリーと靴を追加で買おうかと思っていたのです。

 

ワンピースはシンプルなデザインです。

ボートネックでノーマルなフレア。生地が凝っていて、肩からバスト周りは紫のスパンコールが付いています。全体的にはグリーン系ブルーベースの生地に、濃いベージュのペイズリー柄が乗っています。ややアフリカンなプリミティブな印象です。

 

 

8

※写真はイメージです

 

 

そのブランドショップには数名の女性スタッフがいたのですが、一人だけ存在感ある男性スタッフがいました。

彼はそのブランドのメンズのジャケットやパンツをゆったりと着ていて、いい雰囲気をだしていました。

 

女性スタッフと話しながら、ワンピースに合わせるネックレス、パンプスがほぼ決まったところで、その男性スタッフがアドバイスしてきました。

 

 

彼が言うには・・・

 

ワンピースはボートネックになっているので、パーティーならネックレス系のアクセサリーは不要。

 

イヤリングもかつてシャネルが言ったように「1ピース外す事が大切」なので、この基本ゴージャスなワンピースには不要。

 

購入を決めていたそのブランドのネックレスを、スタッフ自らが買わなくていもいですよ、と断言されて驚きました。

 

靴に関しては、チョイスしたオレンジ基調に金糸と黒の生地が混ざったパンプスは、ワンピースにピッタリ合うと思う。しかし、そのままではとても保守的になってしまう。落ち着きすぎないように、ワンピースと靴の間にデニムパンツを履いてもらう(!?)といいます。

 

そのデニムも当初選んだジャストサイズから、さらに2サイズアップして、腰で履かせました。

 

そうすると内側の縫い線が綺麗に落ちて、歩くとデニムがゆったりと泳ぎます。それがこのブランドのデザイナーが考えるコンセプトなんです、とのことでした。

 

 

RTW Paris Winter 2017

※写真はイメージです

 

 

さらに合わせるべきバッグなどもアドバイスをもらいました。

 

コーディネートの話が面白く的確なので色々と話すと、彼の祖母は私も知っていた有名なBESPOKE TAILORのご出身でした。

 

ジャストサイズを守るBESPOKE TAILORの世界とは価値観の全く違う、ゆとり感ある現在のブランドが好きで、そのブランドのスタッフになったとのことでした。

 

 

私たちが扱っているスーツの世界では、基本となる価値観が伝統的に積み上げられていて、あまり逸脱する事はありません。

 

しかし、お客様をより良く魅せるスーツスタイルが必ずあるはずで、そこにお客様とともに到達する事が私たちテーラーの使命です。

 

 

 

少し前に、私がフォローしているインスタグラムのアカウントで、英国の高級シャツ&ネクタイ専門店「ターンブル&アッサー(Turnbull&Asser)」が、面白い写真とコメントをアップしていました。

 

 

0-1

 

 

シャツの袖はジャケットの袖から、どれくらい見える事が正解なのかをターンブル&アッサーが論じていいます。

 

「シャツの袖はスーツの袖口から、シャツカフス幅の1/4から最大1/2、出ているべきです。これ以上でもなくこれ以下でもありません。」

 

 

 

cf (2)

 

 

 

一方私は今日このようなシャツの長さで着ています。

普通に手を伸ばすと約1センチほどカフスが見えます。腕を曲げるとカフスが約1/3出てきます。

 

 

 

cf (1)

 

 

 

どうやらターンブル&アッサーの主張するシャツ袖丈の方が、少しだけ長いようでが、彼らは以下の写真もアップしていました。

 

 

Image-1

 

 

Image-12

 

 

 

 

あまり変わらないようです。

 

 

英国生まれのスーツは、18世紀からつい最近の50年前までは、貴重品であり高級品でした。

 

着る人の汗や汚れを付着させる事が無いように、シャツの衿とカフスの上に貴重なジャケットは乗りました。だからジャケットの袖が直接素肌に触れないように、袖丈を長くしています。

 

最近は袖丈をむやみに長くする男性は減りました。基本に戻ってきているのでしょう。

 

 

1

 

 

スーツスタイルの場合、様々に変化するレディースファッションと違い、ストイックな数字の世界でバランスを取ります。

そして、シャツやネクタイ、チーフについてもベストな選択を考えなくてはなりません。

 

 

IMG_6501

 

 

しかし、伊勢丹で話した男性スタッフとの会話を思いだすと、ファッションの世界の「プロフェッショナル」と巡り合うことで、自分の世界も広がることを再認識しました。

 

さて・・・

明日は、パンツの丈について考えてみようと思います。