ブログ

【ご報告】ドレメ・サマーセミナーに参加してきました!

2018年7月26日

7月24日・杉野服飾学園、ドレスメーカー学院において開催された、「ドレメ サマーセミナー」に参加しました。

 

1970年代の杉野芳子博物館所蔵のドレスを対象に、オートクチュールの技法やデザインを解説。

 

70年代のファッションが若者たちに流行している今、タイムリーな演題となり大変勉強になりました。

 

現代の素材に新しい技法を置き換えながら、新たに先生方が製作されたドレスは、どれも力強く美しかった!!です。

 

 

 

 

IMG_8873

 

プリーツのひだ奥と山に1mmのコバステッチがかかっていました!

何百本あるのかしら。

 

 

 

 

 

IMG_8874

 

 

 

 

 

 

IMG_8875

生地はポリエステル100%

 

 

 

 

 

IMG_8927

峯岸先生の作品。尾洲のコットン&ナイロン。シャネルが使いそうな素材です。

切り替え無しでタックだけでシルエットを表現しています。

 

 

 

 

 

IMG_8928

 

 

 

 

 

 

IMG_8929

背中ファスナー。綺麗なドレープ。

 

 

 

 

 

IMG_8925

渡邉先生のシャツワンピースとジレ。

オーガンジーの背中のシャーリングをミシンで印、手作業で。

 

 

 

 

 

IMG_8924

透ける素材の縫代の始末が模様になって見えます。

 

 

 

 

 

IMG_8922

 

須澤先生のBIGトレンチ。ワイドパンツとインナーは箔プリントを

あしらっています。

 

 

 

 

 

IMG_8921

一枚仕立てのトレンチコート。

2枚になっているのは、台襟とポケットの一部だけです。

ポリエステルシャンタンの生地の分量が多いけど、大変軽い仕立てです。

 

 

 

 

 

IMG_8923

モデルさんに蛍光オレンジが良く似合っていました。

 

 

 

 

 

IMG_8930

75年のドレスのモチーフを水玉模様にプリント。

 

 

 

 

 

IMG_8932

曲り斜文織で織った布で、リボンをノッキング。

ポリエステルオーガンジーで表地を裏打ちしています。

 

 

 

 

IMG_8934

メッセージ書も、店でのレディースオーダーの参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8935

75年のドレスはモチーフだけのシンプルAライン。

Illustratorでモチーフの水玉模様に切り替えワンピースのパターンに。

 

 

 

 

 

 

IMG_8896

須澤先生(向かって左)と渡邉先生。

私は大島紬のスーツ。

 

 

 

 

IMG_8894

峯岸先生(右隣)は私が養成科野の時の担任をされていました。

左は、mannequins japon デザイナーの阪口英明さん。

 

 

 

 

 

IMG_7438

中央の担任教授はその頃の私には別世界の方のようでした。

若い同級生と 懐かしい一枚。

 

 

20数年前 卒業した私を、当時 教えて下さった先生方(皆様 偉い先生方になっていらっしゃる)にお会い出来 感激でした。

 

多分同世代?の先生方に巡り会えて 写真をパチリ。

ありがとうございました。。。

 

紳士服に+α が活きるように、綺麗なレディースがプロデュース出来るようになります。

 

 

by  Rieko Fukudome