ブログ

【新作品】ストレッチウールでタイトシルエットなスーツを!

2018年3月28日

いよいよ高級メンズスーツの世界にも、ストレッチ生地のスーツが浸透し始めたようです。

 

ただしストレッチ生地といっても、昔から量販店でも見かける様な、ウールにポリウレタンを大量に混紡させただけの安価な素材ではありません。

Super120クラスのウールにシルクやモヘアをブレンドさせ、微量なライクラを混紡したり、ナチュラルストレッチの織りにしたりという、高級感のあるストレッチ素材がトレンドとなっています。

 

 

 8

 

 

今日ご紹介するロロ・ピアーナ(Loro Piana)の「トラヴェルライン(TRAVEL LINE)」は、220~260g/m、ウール+5%シルク+2%ライクラの混紡が中心です。とてもエレガントな生地コレクションになります。TRAVEL LINEのコレクションにはリネン(麻)混生地もあり、多種多彩なバンチブックとして提供されています。

 

 

 IMG_9709

 

 

一方、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の「スティーレ・リベロ(STILE LIBERO)」は、210g/mという軽量ウールに1%のライクラを混紡させています。ビジネスユースを最優先に考えたコレクションで、「SUMMER SUITS」というバンチブックに盛夏用生地とともにコレクションされています。

 

 

sl

 

 

 

北イタリアのミルブランド、トラバルド・トーニャ(TRABALDO TOGNA)のエストラート(Estrato)はライクラやポリウレタンをミックスせずに、糸そのものに加工を施して20%以上のストレッチ性を持たせています。ピュアウールとモヘア混紡の2種類をコレクションしています。

 

 

nst

 

 

同じくミルブランドのトレーニョ(TOLLEGNO)も「3D WOOL」という商品を開発、こちらはポリウレタンを1%だけ混紡しています。

 

 

nst2

 

 

これらのストレッチ生地で仕立てたスーツの一番大きな特長は、身体にジャストフィットまたはタイトにフィットさせてお仕立てした場合でも、長時間の着用にストレスを感じさせないという点です。

 

 

nst (6)

 

 

今回仕上がったロロ・ピアーナのTRAVEL LINE生地のスーツは、お客様のご要望により今までのスーツより、さらにジャストフィットにタイトにお仕立てしました。

 

 

nst (4)

 

 

以前、一度このTRAVEL LINEでスーツを作られたお客様は、お身体が完全にお洋服に御馴染んでいます。モデルにしたイタリアブランドのスーツは、ポリウレタン80%の生地を使っていました。

 

 

nst (7)

 

 

 

 

伸び縮みは素晴らしいのですが、見た目と着用感はロロ・ピアーナに敵いません。

最終的にはTRAVEL LINEで3着のスーツをお仕立てしました。

 

 

 nst (11)

 

 

生地に張りがあり、立体的で着心地の良いスーツが仕上がります。

パンツはワタリ幅30cm、ヒザ巾20cm、裾幅が17cmですから、かなりタイトフィットですが、ラインが細く美しくなります。

 

 

nst (10)

 

 

ボタンは本水牛、ライニングはロロピアーナのオフィシャルなロゴ入りキュプラをお選びいただきました。

 

 

nst (9)

 

 

 

nst (2)

 

 

最近の旬なストレッチ生地でのタイトフィットスーツ。

皆様もお試しされては如何でしょうか?

 

 

参考までに・・・

ストレッチ生地を使ったスーツS上下・お仕立て上りプライス

パターンオーダーメイド・・・¥68,200~(TOLLEGNO)

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・¥178,000(TOLLEGNO)