ブログ

【新作品】シックでノーブル・・英国チェック生地のスーツ!

2018年1月24日

日本列島は全国的に強い寒波に覆われているようです。

 

現在体感気温0度。冷たい北風が吹いています。

窓外に位置する大正時代に建てられた県立博物館屋上に翻る日の丸も、寒風に激しくはためいています。

 

 

1

 

 

先週は日本を代表するモデリスト、柴山登光先生に技術指導をいただきました。

その成果を早速生かすべく、加治木が衿付けと肩入れ、袖付けをご指導通りに作業しました。

 

 

5

 

 

そして、シックでノーブルなスリーピース・スーツが完成しました。

 

 

3

 

 

英国の老舗ミル(織物工場)、テイラー&ロッジ(TAYLOR&LODGE)社のLUMB`S GOLDEN BALEウール、330g/mのしっかりと織り上げられた生地を使いました。

 

 

4

 

 

織柄チェックは、スーツを見る角度により際立ったり無地に見えたりする、とてもいい雰囲気です。単なるダークスーツ地ではない、奥深さを感じさせる生地です。

 

 

6

 

 

柴山先生の御指導により、衿がネックに寄り添い昇るように、そして衿そのものも構造上の改善を行いました。また、日本人に多い前肩体型に対応する為の肩の向きを補正する仕立て、立体尾的な袖の作りなど、このジャケットには新しいエッセンスが盛り込まれました。

 

 

5

 

 

男性らしい胸のボリュームを出しつつ、脇から裾にかけてすっきりとしたラインを作りました。背中からウェストにかけてのドレープは機能として必要なシワと考えました。

 

 

5-1

 

 

立体的な丸みを帯びた袖を、ソラマメ形状のアームホールに取り付けました。「肩にソフトに乗り包むような着心地」。BESPOKE(フルオーダー)ならではの立体的な仕上がりになっています。

 

 

7

 

 

 

ボタンは本水牛の艶のあるダークブラウンです。

 

 

8

 

 

 

9

 

 

 

ライニングは玉虫色の美しいキュプラです。

 

 

 

10

 

 

 

まだまだ寒い冬が続きます。

 

英国製のシックでノーブルな生地を使い、スリーピースで仕上がったシックなこのスーツは、着用するお客様に温かみと、信頼感を与えてくれると思います。

 

 

e6

 

 

TAYLOR & LODGE (英国)

 

LUMBS GOLDEN BALE WOOL 330g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・¥222,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥108,000~