ブログ

【技術講習】日本を代表するモデリスト・柴山登光先生の講習がありました!

2018年1月18日

モデリスト・・・聞き慣れない単語ですが、意味は以下のようです。

 

・・・・モデリスト(イタリアにおけるチーフ・モデリスト)とは、デザイナーと相対しながら、原型パターン作成から応用-試作サンプル-最終サンプル-工業パターン作成の全てに関与し、生産現場への指示・説明を行い、最終製品に対して品質・技術面で責任を負う立場にある人を言います。・・・(日本モデリスト協会HPより)

 

※写真はイタリア、サルトリアのNo1モデリスト、チェザーレ・アットリーニ。

 

 

9

 

 

 

日本のメンズウェア業界でモデリストと呼ばれる人はほんのわずかしかいません。

柴山登光先生は、その中でも知識と経験そして理論面でも最も優れたモデリストです。紳士服はもちろんシャツ、カジュアルウェアに至るまでご自身がデザインし、製図と型起しをし。補正と本縫製まで全てをマスターされています。そんな人を他に私は知りません。先生の著書「服づくり大全」は当店の「バイブル」です。

 

 

10

 

 

3年前に柴山先生主宰のメンズ物づくり塾で、製図を学ばせて頂いたご縁もあって、2日間にわたって当店にお越しいただき、集中的に技術指導をしていただきました。

 

 

8

 

 

まず三洲堂テーラーの物づくりの進め方、各スタッフの役割分担の確認を分析していただきました。よく「ガラパゴス的進化」などといわれますが、本当に自分たちは進化しているのか? 把握できぬままガラパゴス化してはいないか、今回も眼から鱗が落ちるようなご指摘をいただきました。

 

 

2

 

 

デザインと製図分野では、裁断士の伊達、レディス分野担当の福留理恵子を中心に、型紙をチェック、細部にわたり指導いただきました。

普段から柴山流で製図しているのですが、やはり補正と展開の仕方は先生のご指導により、見違えるような効果が出る事がわかります。

 

 

3

 

 

4

 

 

縫製は加治木、水迫の若手に加えベテランの黒木や薄窪まで身を乗り出し、一つ一つの縫製技術の改善と実技指導を受けました。服作りはほんのわずかに手を加えるだけでも、出来上がりが左右されます。

 

 

 

5

 

 

芯地や付属品の特製や使い方も、工夫とやり方で劇的に変化します。まさに生きている勉強です。

 

 

7

 

 

一つの疑問から次の疑問点が生まれ、技術の力で解決されていく。「技術には技術を持って当たる」当たり前ですが、先生の経験と理論から生まれる技術力は眼の前で成果が生まれるので、宝物のような時間になりました。

 

 

6

 

 

服づくりに携わる人について柴山先生は・・・

 

「・・・まずポケットや細部が出来上がるとうれしくなる、次にそのポケットやボタンホールの付いた大きなパーツが完成するともっと楽しくなる、襟が付き袖が付いて洋服のカタチが見えてくるとさらに気分が高揚する。最後にきちんとプレスした洋服が仕上がると、本当に嬉しくなる。この気持ちをいつも持って仕事をしている人。そんな人が服づくりの好きな人で、私もそうなのです。」

 

アトリエの若手職人が聞いていて眼が潤んでいました。

 

 

 

1

 

 

 

さあ、明日からこの2日間の貴重な経験を生かして仕事をすすめよう!

 

さっそくブラッシュアップした型紙で仮縫いです!