ブログ

【英国製】グレンチェックのフランネルジャケット

2017年12月24日

※グレンチェック(glen check)・・・

 

・・・グレナカート・チェックの略称。数種の小さな格子の四角形を交互に配することで、大きな格子を描き出している。スーツのほかにハンティングキャップやコートでも比較的よく見かける柄。伝統的でおしゃれ感の高いチェック柄で、定番の柄で男女を問わず人気がある・・・

(英国服飾辞典)

 

 

7

 

 

英国の伝統的な柄のひとつで、スコットランドのアーカートという地の渓谷で織られたところからついた名称。「グレン」はスコットランドやアイルランド地方で「渓谷」を意味します。

正式な地名の「glen Urquhart(グレン・アーカート)」が「グレナカート」という呼称になり、今では通称「グレンチェック」と呼ばれています。

 

 

 gu2

 

 

スコットランドのアーカートは、「ネッシー」で有名なネス湖の周辺に位置しています。アーカート城址はその昔の対イングランド戦争の舞台になりました。

 

gu

 

 

ちなみに、ネス湖の河口にある街が「インヴァネス」市です。「インヴァ」はスコットランド古語で「河口」を意味します。

 

 ec

 

 

英国発祥の服飾用語であるグレン(グレナカート)チェック、インヴァネスコート、アルスターカラー、ドニゴールツイードなどには、スコットランドやアイルランドの様々な地名が由来となっています。まだ見ぬこうした土地に、いつかは旅してみたいと思います。

 

 

 2

 

 

そんな英国の伝統あるミル(織物工場)ブランド、テイラー&ロッジ(Taylor & Lodge)製、グレンチェック柄フランネルのジャケットが仕上がりました。

 

 

3

 

 

大柄なお客様は普段ネイヴィーのスーツスタイルが多く、ネイヴィーのブレザーよりもソフトな印象のジャケットが欲しいとのご相談でした。そこでおすすめしたのがこのグレンチェックの生地です。

 

 

5

 

 

このテイラー&ロッジのフランネル生地は、ラムズ・ゴールデン・ベール(LUMB`S GOLDEN BALE )という高品質の糸を使い、350g/mというウェイトに織り上げています。そのタッチ(手触り)はソフトながら、とてもしっかりとした打ち込みです。

 

 

4

 

 

このしなやかかつ張りのある生地で、ショルダー、バスト、ウェストにかけて美しいドレープを出す事ができました。

 

 

6

 

 

ボタンはグレーの練り釦、ライニングはネイヴィーでメリハリを付けています。

 

 

8

 

 

はるかスコットランドのネス湖に近いハイランド地方。その小さな谷間で生まれた伝統的なグレンチェック柄は、世界中に愛されるパターンとなりました。そして極東の日本の最南端でお客様のジャケットになるとは、ロマンがありますね!

 

1

 

 

 

Taylor & Lodge LUMB`S GOLDEN BALE 350g/m

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥159,000

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・¥78,000