ブログ

【新作品】マオカラースーツあるいはネルージャケット

2017年9月15日

スタンドカラー(立襟)の付いた背広や上衣の事を、「マオカラージャケット」または「ネルージャケット」と呼びます。

 

 

10

 

 

「マオ」は中華人民共和国の初代首席「毛沢東」の事であり、

 

「ネルー」はインド共和国の初代首相「ジャワハルラール・ネルー」の事です。

 

 

12

 

 

ただし、マオカラーと言う割には、毛沢東は普段シャツカラーのジャケット、いわゆる人民服を着用していました。マオカラーの写真が残っているのは青年時代のみです。

 

 

11

 

 

インドのネルー首相の方が、スタンドカラーのジャケットを常日頃着用していましたから、英国では「ネルージャケット」の呼び名が一般的です。

 

 

1

 

 

ということで、新しいマオカラースーツが完成しました。

 

お客様との間では「マオカラー」スーツと呼んでいましたので、この名称を使います。

 

 

1-2

 

 

大きめのラペルとカラーが付いたノーマルなジャケットに比べ、マオカラーは隠れた場所にダーツを取る事が出来ません。

 

したがって、胸幅の大きなご体格の立派なお客様には、既製品やパターンオーダーのマオカラースーツではうまく着こなす事が出来ないのです。

 

 

 

8

 

 

したがって胸幅が大きい逆三角形のご体格のお客様は、身体をすっぽりと包み込むマオカラースーツにはなかなか巡り合えない、とのことでした。

 

 

 3

 

 

BESPOKE TAILORとしては、ダーツを入れるべきポイントを製図上で展開させて、バストの高さと幅を出しました。その結果無理なくバランスの良いジャケットが出来ました。

 

 

2

 

 

 

「マオカラー」という呼称のスタンドカラー(立襟)。

すっきりとした凛々しい印象です。

 

 

4

 

 

4個ボタン、サイドベンツ、スラントポケットのシンプルなマオカラージャケット。

生地は明るいブルーのゼニア、トラヴェラー(250g/m)です。

 

 

5

 

 

ボタンは本水牛の革付白釦です。

雰囲気がある立体的な釦になります。

 

 

6 

 

 

総裏のライニングはシルバーの柄物です。

表のブルー対照的なはっきりとした色合いが美しく映えています。

 

 

7

 

 

お客様は、このスーツをご結婚式にご着用されるとのことです。

 

 

 

9

 

 

 

美しい光沢とバランスのよいマオカラースーツが、ご結婚式にまたひとつ華を添えることでしょう・・・。

 

 

マオカラースーツ・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000~

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・・¥78,000~