ブログ

【クラシック!】アイリッシュリネンのネイヴィースーツ登場!

2017年8月31日

今日で8月も最終日です。九州では記憶に残るほどの猛暑が続いた月でした。

 

思えば今年もリネン(麻)に助けられました。

通気性が良く、放熱性も高い、何より生地としての雰囲気を持っているため、スーツ、ジャケット、パンツにシャツと、毎日リネンのお世話にならない日は無かったのでは?と思う程です。

 

 

JUN201706 (1)

 

 

リネン、特にアイルランドで紡がれる「アイリッシュ・リネン」は、リネン界の最高級生地と言われています。

しかし低速織機で丁寧に織り上げる事が特長のアイルランドのリネン工場群は、諸外国の普及品リネン製品に市場を抑えられ、20世紀後半には廃れてしましました。現在では本日ご紹介する工場を始め数社が生き残り、今も高品質なリネンを粘り強く生産しています。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

15

 

 

 

今も高品質のアイリッシュリネン生地を生産するのが、1880年創業のアルスターウィーバーズ(ULSTER WEAVERS)という織物企業です。

現在はアイリッシュリネンの英国王室御用達サプライヤーとなっています。

 

15

 

 

そのULSTER WEAVERS社は、スペンス・ブライソン(SPENCE BRYSON)社を傘下に抱えています。このSPENCE BRYSON社は元来、アイリッシュリネンのチーフを生産している企業ですが、現在はグループで生産したアイリッシュリネンのスーツ、ジャケット、シャツ生地を世界中に展開しています。

 

13

 

 

 

・・・・前置きが長くなりました。

「アイリッシュリネン」の特長は、まず優雅でしなやかで光沢のあり手触りが良いこと。

コットンの4倍の吸水性があり速乾性にも優れていますが、汗や湿気をすぐに吸収し放出させる力が強いのも特徴の一つです。

アイリッシュリネンでつくられた衣類は、いつでもサラッとした肌触りで着心地の良さも最高だと定評があります。

 

 

7

 

 

ということで、SPENCE BRYSONの320g/mピュアアイリッシュリネンのスーツが完成しました。

 

 

9

 

 

シングル2個ボタン、サイドベンツ、ポケットもフラップが付いたノーマルなデザインです。

 

 

2

 

 

色はネイヴィーです。しかしリネンのスーツですからネイヴィーのダークスーツでも、質感と見た目は楽しくなるほどの「ゆるさ」があります。

 

 

4

 

 

3

 

 

ノーパッド、一枚芯のコンフォートなジャケットはストレスフリーで着心地も抜群です。

 

 

8

 

 

ボタンはリネンに相性の良い黒蝶貝釦。

裏はライニングを極力使わない一枚仕立てです。

 

 

5

 

 

6

 

 

早速ご試着をいただきました。

お客様の感想は、「一見ネイヴィーのノーマルなスーツだけど、とてもリラックス感があり、上品なビジネスカジュアルだと思う」との事でした。

ジャケットとパンツを個別に組み合わせてご活用できるのも、リネンスーツの特長です。

 

 

10

 

 

 

6-2

 

 

スタイリッシュで使い勝手の良いアイリッシュリネンのスーツのご納品で、今盛夏シーズンも終わりを告げようとしているようです。

 

 

 

1

 

 

SPENCE BRYSON (スペンス・ブライソン) ピュアリネン320g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付ハンドメイド)・・¥198,000

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥86,800