ブログ

【新商品】ザ・ローリング・ストーンズのファッションとゼニア極上「トロフェオ」生地のストライプスーツその①

2017年7月9日

オーダーメイドを生業としていますと、たびたび訊かれる質問があります。「この今のスーツのデザインはどれほど持つのか?」、言い換えますと「今の着丈短めタイトなスーツスタイルは、お金かけてオーダーしても流行はすぐ変わらないよね」という了解を求められます。

 

そんな時はスーツスタイルは約10年~15年周期で変動するので大丈夫!とお答えしています。

 

細やかな変遷は一度調べてみる予定です。

 

・・・そんな事を考えてふと自分が生まれた頃、1964年頃のスーツスタイルはどうだったんだろうと思い、ネットで当時の写真を探してみました。

 

 

 st1

 

 

おお・・・ありました! 今なお現役のロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)が1962年にデビューして間もないころのプロモーション写真です。ストーンズのメンバーは制服のように同じ服を着て演奏したり、写真を撮られたりする事が嫌いでした。なので貴重な一枚だと思います。

 

 

 st3

 

 

こちらの写真の方がストーンズらしいですね。良く観るとジャケット丈はほぼ標準的な長さで、3つボタンが多い。右端のビルワイマンのダブルブレストは当店のスポーティーなダブルのデザインにそっくりです。ミックを見れば判るように、パンツはノータックで丈は短く裾巾も細くなっています。ほぼ全員ブーツをはいているようです。

 

 

st4

 

 

ストーンズのスーツ姿の写真は70年代に入ると急激に減ります。フラワーチルドレンやヒッピーブームもあって、服はより装飾的に中性的に変化し、派手目のメイクもするようになりました。

 

上の写真ではバンド設立時のリーダー、ブライアン・ジョーンズが姿を消し、凄腕のギタリスト、ミック・テイラーが加入しています。音楽的な充実度は1970年代初期のこの写真の頃が高く、私も当店でBGMに流したりしています。

 

 

st5

 

 

最後の写真はストーンズ1972年のものです。

 

ミックとキースの服はよりワイルドになっています。このころの彼らの姿は動画や写真で多数観る事ができますが、少し近づきにくいカリスマ性と凄みが感じられます。

 

 

 st6

 

 

そういえば、ミック・ジャガーのこのスーツはロンドン、サヴィル・ロウで当時大人気だった「トミー・ナッタ―」というテーラーで仕立てたものです。

 

 

tomi

 

 

トミー・ナッタ―は年代に1970年代に大活躍したテーラーですが、80年代とともにそフェードアウト、80年代はアルマーニやベルサーチなどのイタリア勢がスーツスタイルを席巻する時代となりました・・・。

 

 

ztrf (6)

 

 

・・・ということで、本日は「ゼニアのトロフェオの美しいストライプスーツ」に入る前に力尽きましたので、一枚だけ写真を載せまして、残りは明日以降UPさせていただきます。

 

 

st7

 

 

ちなみにこの鹿児島で「ストーンズが好きな方」とお会いしたことはほとんどありません。例外的に見た目も趣味もロックしているY様というお客様がいらっしゃる位です。

 

もしブログをお読みの方でお好きな方がいらっしゃいましたら、ぜひお声をおかけ下さいませ(笑)!