ブログ

【新商品】Bulmer&Rumb、AIR WOOL 真夏のスリーピース!

2017年6月4日

「AIR」が冠詞に付けられた生地コレクションは、英国生地に多く、ドーメルの「FRESH AIR」、「AIR WAY」などありますが、中でも今日ご紹介するバルマー(ブルマー)・アンド・ラム社(Bulmer & Rumb)の「AIR WOOL」は最もメジャーな生地です。

 

 

 9

 

 

もともと「AIR WOOL」は通気性が非常に良いメッシュ(フレスコ)織り、270g/mのピュアウールです。バルマー&ラム社傘下のグループ企業「エドウィン・ウッドハウス」が手掛けていたコレクションで,ウッドハウスはこの盛夏用生地が当たり有名になりました。現在「AIR WOOL」は親会社のバルマー&ラムが引き続き販売しています。

 

 

 11

 

 

ちなみにバルマー&ラムは、もともと1920年に染色工場としてスタートした企業ですが、英国を襲った数々の不況を切り抜け、現在は傘下に「エドウィン・ウッドハウス」や「テイラー&ロッジ」などを有する英国でも有力な繊維総合企業となっています。

 

 

12

 

英国を代表するバルマー&ラムの織物工場には、英国紳士服飾の守護者でもあるチャールズ皇太子も視察に訪れました。高級紳士服地を始め、軍服や制服生地、ホームファブリックまで幅広く手掛けています。

 

HPはこちらです

 

 

1

 

 

そのAIR WOOLで仕立てた、スリーピーススーツが仕上がって参りました。

 

 

8

 

 

えっ?夏なのにスリーピース?となりますが、お客様は高級輸入車を販売される営業職をされています。スリーピースを着用して店頭で接客したりお客様先に訪問すると、受けがとても良く、印象に残るとのことで、猛暑以外は基本的に「三揃」スタイルです。

 

 

3 

 

 

といっても日本の夏は厳しいものがあります。そこにフレスコ織りの通気性の良い「AIR WOOL」は強い味方になってくれるわけです。

 

 

 4

 

 

英国調のシックな1.2センチ幅ペンシルストライプがダークネイヴィーのベースに刻まれたクラシックな生地をお選びいただきました。

 

 

5 

 

 

シンプルなシングル2個釦、センターベント。ジャケットは背抜きで、ウェストコートが入ります。

 

 

2

 

 

英国のフレスコ織りの生地は手触りがカリッとしたドライタッチです。メッシュで甘く織っていてはヒザも出てきますから、あくまでもしっかりとした打ち込みで織り上げられています。肩や胸のボリュームや立体感も出ています。

 

 

6 

 

 

ボタンは本水牛の艶有黒です。英国調を貫きカフスのボタンは4個のノーマル配置です。

 

ライニングは気分的にも暑苦しくないよう明るめのグレーをチョイスされました。

 

 

7

 

 

英国生まれの長い歴史を持つ夏用生地「AIR WOOL」のスリーピースを着用されたお客様。そのお仕事のお役に立ってもらえますとこれ以上のことはありません!

 

 

 10

 

 

 

Bulmer&Rumb AIR WOOL 270g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥189,000

 

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥84,400