ブログ

【新作品】ダークグレーのシックなストライプ・スーツ!

2017年3月24日

日本には欧州から様々なルートを経て生地が届きます。

 

「ロロ・ピアーナジャパン」や「ゼニア・ジャパン」「ドーメル・ジャポン」など、日本国内に法人を設立して、生地のサプライを含むブランドのマネージメント全般を行っている企業のルートが「オフィシャル・ルート」です。

 

 

IMG_9722

 

 

IMG_9704

 

 

一方、日本国内の有力な生地商社が海外のミルブランド企業から直接生地を買い付けサプライしているケースもあります。いわば「並行ルート」というわけです。

 

生地の値段だけで比較すると、前者のオフィシャルルート生地は、定価が基本ですから生地の値段も高くなりがちです。国内に在庫を持っておらずオーバーシーズで一点づつ輸入しているコストも上乗せされます。

それに比べて並行ルートは輸入する生地問屋がリスクを持って数反の買い付けをしており、国内にストックを持っています。したがって問屋としても「完売」が目標ですからメーカー推薦の定価にこだわらず値付けしています。

 

問屋としてはメーカーの機嫌をあからさまに損ねられないので、オフィシャル生地バンチに掲載されていない色や柄を中心にストックしています。それでも私のような「職業的生地バンチウォッチャー」の目は逃すことができない生地が見つかります(笑)。

 

そんなオフィシャルに近い、もしくはオフィシャルそのもののハイ・クオリティな生地を、「並行ルート」の比較的リーズナブルなプライスでお客様にお勧めするのもやりがいの一つです。

 

 

TKLoro (2)

 

 

10

 

 

今シーズンもこのバンチブック「European fabrics」掲載のロロ・ピアーナ生地には、ノーマルな上質ウール生地の中にさりげに掘り出し物がUPされています。ちょっとだけご覧いだだきます。

 

 

11

 

 

ということで、昨シーズンはこの「並行ルート」を代表する生地問屋「H」の取り扱うロロ・ピアーナ生地バンチに何気に掲載されていた「宝物」のような生地を、最初にお客様にお勧めさせていただきました。

 

 

1

 

 

このほど、そのバンチに掲載されながら見落としていたロロ。ピアーナのシックなダークグレーのSuper150`sウールを使ったスーツが完成しました。

 

 

3

 

 

上質なベースとなるシックなダークグレーのSuper150ウール生地に、シャープながら控えめなピンストライプが約2センチ間隔で走ります。生地ウェイトを表記する目付きの数値がはっきりと付いていませんが、経験でいえば約250g/mほどの厚さです。

 

 

4

 

 

ぺらぺらの腰のない細番手生地ではないので、仕上がりが立体的で着用すると「包まれる感覚」があります。いい仕上がりです。

 

 

5

 

 

9

 

 

ボタンはノーマルな本ナット釦。ライニングは明るめのグレーをお選びいただいています。

 

 

7

 

 

9

 

 

ここまでお読みいただくと、「並行ルート」生地がとてもいいように思えてくるでしょう。しかし、この並行生地には曲者も多くアップされています。腰があまり強くなくすぐ皴になってしまう生地、毛羽がたってどうしようもない生地・・・。リスクもあるので、私たちテーラーが生地をよく見てお勧めするようにいたします。

 

 

2

 

 

ということで、現在三洲堂テーラーでは、

 

SPRING & VIP INVITATION FAIR 開催中です!

 

BESPOKE(フルオーダー)でスーツとジャケットを仕立てますと、

新作リンクルフリー・コットン生地のオーダーシャツをプレゼントいたします。

 

SARTORIAパターンメイドのスーツでは一着、▲3000OFF。

 

インポート&カリビアンコットンのオーダーシャツも、一枚▲3000OFF

 

 

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております!