ブログ

【新商品】大柄なウィンドウ・ペン、完成イメージは?

2017年2月24日

大柄なチェックやウィンドウ・ペンを生地バンチブックから選び、スーツやジャケットを作ることは少し思い切りが必要です。

 

バンチブックの標準サイズは、タテ約20センチ×ヨコ12~14センチ程のものが多く、写真のネイヴィーのウィンドウペンでさえ、タテ5センチ×ヨコ4センチですから、見た目大きなウィンドウが2個しか入らないわけです。

 

 

03

 

 

上記バンチを実際のウィンドウペン生地のジャケットと並べてみました。

サンプルジャケットのウィンドウは5センチ×5センチの正方形です。

 

 

01

 

 

これは3年前のサッカーW杯ブラジル大会の選手のブレザー、通称「勝負服」と同じサイズのウィンドウです。この柄は当時W杯が始まる直前まで人気が出て、とてもよくオーダーを頂きましたが、代表の予選リーグ成績が振わなくなると、オーダー途中のキャンセルの依頼も出たりして、この「勝負服」も急に人気がなくなりました。

 

 

04

 

 

そんなウィンドウペン柄スーツのオーダーをいただきました。

生地は英国の老舗名門テイラー&ロッジ(TAYLOR & LODGE)のフランネル320g/m。「ラムズ・ゴールデン・ベール」という品質管理が厳しい上質ウールを使った、とても手触りがよく弾力性もある素材です。しかし、6センチ×8センチの大柄ウィンドウに百戦錬磨のお客様方も皆尻ごみするばかりでした。そりゃそうでしょう・・・バンチブックにまたも2個しかチェック入っておりません!

 

 

02

 

 

ということで今シーズンの通称「ロッジ」のウィンドウペン、オーダーは最後まで無いかな・・・と思っていた矢先、今年に入ってついに若いお客様からこの生地でのスーツのオーダーが入ったのです。

 

2

 

 

お客様のファースト・インプレッションは「なかなかお洒落な感じですね!」でした。

そして「とても軽くて肌さわりがいい!」とのご評価です。

 

 

1

 

 

もう少し派手目になるかと思ったのですが、意外にシックな雰囲気で良かったとのことで、一安心しました。ベースのグレーもとても良い色合いでペンにマッチしています。

 

 

3

 

 

ジャケットだけ着ても良いし、スーツとしても活用が出来る・・・。

英国生地らしいエッジも効かせつつ、大変シックな感じで楽しみいただけるかと思います。

 

 

4

 

 

背中姿も一枚お撮りしました。

お客様は数年前にイタリアの名門生地メーカー「カルロ・バルベラ」でもネイヴィースーツをお仕立ていただきました。着用感もそれとは全く違う雰囲気があります。

 

 

6

 

 

ライニングは目の覚めるようなエンジ色、ボタンはブラックの本ナットです。

それにしても、テイラー&ロッジの生地マークが美しいです。

大判なので目立ちますね~!

 

 

7

 

 

まだまだ寒いここ九州最南端の鹿児島、

この素敵な英国製フランネルのウィンドウ・ペンのスーツをすぐにでもご着用していただきたいと思います。

 

 

8

 

 

TAYLOR & LODGE  WOOL FLANNEL 320g/m

(LUMBS GOLDEN BALE)

 

スーツS上下・お仕立て上り(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥222,000

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥107,800