ブログ

【新作品】WINTER TASMANIAN 赤いストライプスーツ

2017年1月24日

イタリアを代表する生地メーカー、ロロ・ピアーナ(Loro Piana)の秋冬向けスーツコレクション「ウィンタータスマニアン(WINTER TASMANIAN)」。

 

Super150`s Wool 340g/mのロロ・ピアーナを代表するフラッグシップ生地コレクションです。

私がか家業であるテーラーに参加した20年前はSuper120`s Woolでした。当時としてはSper120 とういう原毛の細さは「最高級品」と言われ、その光沢感としなやかさは本物の高級生地とはこのようなものか、というイメージを持たれていました。

 

 

IMG_4643

 

 

その後規格がSuper130になり、さらにSuper150になりました。

さらに合服生地のSuper150 250g/m、春夏物としてSuper130+SILK600 210g/mという極細軽量ウールも現在ではラインナップされています。

 

今ではロロ・ピアーナに「WISH Super170」というさらに細番手の生地コレクションができました。しかしそのしなやかさや回復性から、実際のビジネスシーンで遠慮なく使える高級スーツ生地は、間違いなく「ウィンタータスマニアン」だと思います。

 

 

IMG_4642

 

 

そんあウィンタータスマニアン生地コレクションには、ダークネイヴィーやチャコールグレーなどの定番の1センチ間隔のピンストライプ生地が5種類掲載されています。

今日はそのうちの一つ、赤いピンストライプ生地で仕立てたスーツをご案内いたします。

 

IMG_4639

 

ストライプ柄の色は白が多いのですが、ロロピアーナのウィンタータスマニアンにはブルー、レッド、ベージュなどの色が同じピッチでコレクションされています。

 

IMG_4638

 

オーダーいただいたお客様は50歳の方で、いつもシックで大人しめな柄ゆきのスーツをオーダーされていました。今回はその方にしては少し「攻めた」感じのシャープなイメージで冒険してみたという感想です。

 

 

IMG_4640

 

 

ベースとなる生地はダークネイヴィー。写真でも判るように光沢があり、バストからウェストにかけてのドレープがとても美しく発生します。

生地のコシがつよくシワの回復性も良いので2、3日のご出張などで連続で着用しても重宝です。

 

 

IMG_4635

 

 

表生地の赤いストライプに合わせてライニングもエンジをお選びいただきました。

お袖を通される際にちょっと見えるライニングがオシャレ心をくすぐってくれると思います。

 

ロロ・ピアーナのフラッグシップ・スーツ、必ずご満足いただけます!

 

 

 

Loro Piana WINTER TASMANIAN Super150`s Wool 340g/m

 

スーツS上下お仕立て上りプライス(税抜き)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥350,000

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥193,000