ブログ

【イベント】年末まで・・・OVERCOAT FAIR 開催中!

2016年12月15日

一口に「コート」といっても、私たちテーラーがよく手掛けるウールやカシミア生地を使ったチェスターフィールドやラグランのような「オーバーコート」から、トレンチコート、ピー・コート、ダッフルコートなど様々なデザインが存在します。

 

下の写真はスタンダードなチェスターフィールドのオーバーコート。生地はテイラー&ロッジのウールフランネルです。

 

 

 IMG_4487

 

 

当店をはじめBESPOKE TAILORのアトリエの古参職人は皆、「コート」という表現ではな、く「オーバー」という単語を使います。「次の仕事は何?オーバー?カシミア?」なんていう無駄の無い(笑)会話が飛び交います。

 

 

 IMG_4486

 

 

ちなみにジャケットは「うわぎ(「上衣」と書きます。「上着」ではありません)」、ウェストコート(ベスト)は当然ながら「チョッキ」です。ディテールでいうと、パッチポケットにプリーツが入っているものは「観音」、背中のサイドにあるアクションプリーツは「ノーフォーク」、本切羽は手作業が少々面倒なので「本アキ?」、ハンドステッチは単に「ハンド」という感じです。

 

 

 ches2

 

 

上の写真は先日もご紹介したチェスターコートです。ニットやシャツの上に直接着るように仕立てました。

 

 

4

 

 

話が脱線しました。先日もご紹介しましたが英国から素敵なウール&カシミアが二色入荷しました。そこで、この冬の寒さを乗り切る為にイベントを催します。

 

 

BESPOKE COAT FAIR

 

今年内中にご注文いただければ、10%OFFになります!

 

 5

 

 

例えば先日入荷してきた英国サヴィル・クリフォード(Savile Clifford)のウール&カシミア生地でオーバーコートをお仕立てしますと、お仕立て上り¥190,000(税別)ですが、こちらが¥171,000になります。

 

 

 coats (6)

 

 

バルカラーのオーバーコートは、チェスターほどかしこまらず、クラシックながら気軽な雰囲気です。スーツの上にから羽織ってもいいし、ニットの上に直接着てもいい感じです。

 

 

coats (8)

 

 

FullSizeRender

 

 

オーバーコートの究極のスタイルは、このスコットランド生まれの「インヴァネス・コート」にたどり着きますでしょうか・・・。その構造から和服にも洋服にも羽織る事が出来るマント付きのコートは、戦前の日本でも大流行しました。

 

 

5

 

 

1

 

 

三洲堂テーラーでは、かように様々な「オーバー」をお仕立ていたします。

冷たい風が吹き付ける季節ならではの、旬なご注文をお待ちしております!