ブログ

【コート】今シーズン一番の冷え込みにはコートが必要!

2016年11月26日

ついに来ました。季節を先取りした大型寒波。

東京では54年ぶりに11月に雪が降り積もりました。

 

鹿児島でも最低気温が10度ほど、最高気温14度ですから、

毎年声を大にして言っておりますが、「鹿児島でもコートが必要」ですね!

 

 

01

 

 

11月24日、たまたま東京に出張していた私は、「54年ぶりの雪」に出くわしました。しかし、コートを持ってきていたので、何とか寒さを防ぐ事ができました。

 

 

1

 

 

さて、そんなコートをご検討中のお客様にご案内いたします。

 

イタリア、カノニコ製、ウールフランネルのチェスターコートです。

 

シングルブレスト、3個釦のシンプルなチェスターコートは、

着丈をお客様のひざ上と股下の丁度半分+3センチ位という、

BESPOKEだからこそ可能な微妙なチューニングで着丈を設定しました。

 

 

3

 

 

すべてオーダーされたお客様が、実際にご着用しての画像になります。

 

 

2

 

 

もともとジャケットやスーツの上から着用するのではなく、シャツやニットの上に

直に着てしまうコート、というオーダーをいただきました。

 

 

4

 

 

 

従って、ボディにピッタリ目に羽織れるサイズでお仕立てしました。

襟を立ててご着用されるので、襟の裏は共生地を付けてあります。

 

 

6

 

 

生地はイタリア、カノニコ(CANONICO)社のウールフランネル、360g/mですが、

重さを感じさせない、しかししっかりと打ち込まれた生地です。

美しい光沢のある、深いブルーの生地は外光により色合いが変化します。

 

 

5

 

 

随所にお客様なりのこだわりがあります。

袖の本切羽と一番下の釦ホールのエンジ色は、そんなこだわりの一つです。

 

 

7

 

 

24日の東京もそうでしたが、雪交じりの寒い冬の日は残念ながら皆一様にダークグレーや黒といった服装ばかり・・・。

 

そんな中、このような深いブルーのチェスターコートを着用して街を歩けば、一陣のさわやかな風が街を吹き抜けていくような、そんなコートになりました。

 

 

8

 

 

 

また、当店では下の写真のようなバルカラーのコートも雰囲気よくお仕立ていたします。こちらはウール&カシミアで、真冬の東京の大型店舗内でも寒くならずに済みました!

 

 

9

 

 

 

CANONICO(ITALY) Wool Flannel 360g/m

 

チェスターコート・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫付・ハンドメイド)・・¥140,000

 

 

今冬のコート、今オーダーいただければ、年内お仕立て可能です。

 

皆さまからのご注文を心よりお待ち申し上げております!