ブログ

【エッセイ】極彩色のEW&F 「SEPTEMBER」!

2016年9月5日

9月に入り、名実ともに「秋」がやって参りました。

 

9月の英単語は、セプテンバー(September)です。

 

 

9月TOP画

 

 

語源は面白い事に、ラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しています。

 

しかし、「第7」がなぜ「第9」になってしまったかというと、ローマ共和国時代の紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていたのを、この年より1月を年の始めとすると改めたにもかかわらず、月の名称だけは変えなかったためということです。

 

 

 

sept1

 

 

 

個人的に「セプテンバー」というワードを耳で聴くと、アメリカのソウルバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイヤー(Earth, Wind & Fire・・・・以下EW&F)」の1978年の大ヒット曲「セプテンバー」を思い出します。

 

 

 

sept

 

↑ YOUTUBEにアップされています

 

 

ちょうど私が高校に入ってまもなく、私の家にアメリカから交換留学生のパメラという女子学生が3か月ホームステイすることになりました。

 

私も高校一年の男子でしたから、当然ですがホームステイにやってくるアメリカの女の子にとても興味がありました。

 

パム(パメラの愛称)がホームステイに来た時に私は驚きました。ブロンドで碧い眼、チャーミングな笑顔。何より驚いたのは身長が自分より10cmほど高いことと、横幅が私の二倍ほどあったことです。私の妄想していた(笑)思いはフェードアウトしていきました・・・。

 

それはともかく、陽気なパムは我が家の一員として3か月間ホームステイし、日本にも家族にもなじみ、楽しく過ごしていました。

 

 

ewf

 

 

そのパムが毎日のように我が家のステレオで聞いていたのが、EW&Fの「セプテンバー」でした。

 

軽快なリズムとコーラスに乗って流れていくファンキーなビート・・・・アメリカのニューヨーク州からはるか何千キロも離れた鹿児島でパムは何を思っていつも「セプテンバー」を聴いてたのでしょうか?

 

ある日、この曲の歌詞の意味を教えてくれと訊いてみましたが、パムは自分で調べろと相手してくれませんでした。後から調べてみると、12月に9月の楽しかった愛の思い出を語っているようなセンチメンタルな歌詞でした。

 

鹿児島からアメリカへ帰る時、パムは立派な鹿児島弁をしゃべっていました。ちょっと歌手の「AI」さんのような感じです。35年以上過ぎて(!)パムは今はどうしていることやら。

 

しかしパムの事を思い出すと必ず「セプテンバー」のリズムが脳裏に溢れてきます。

 

 

sept3

 

 

三洲堂テーラーには極彩色の生地サンプルも沢山ございます。

この南イタリアのカチョポリのコート生地ブックには、まるでEW&Fでも着ていそうなオレンジからブルーまで揃っています。

 

私も今年はちょっと派手な色合いのスーツやジャケットに挑戦する予定です。