ブログ

【エッセイ】遅くなりましたが、伊勢志摩サミットに見る各国首脳のスーツ姿は・・

2016年6月12日

5月26、27日の両日にわたって開催されたG7・伊勢志摩サミット。

初日は各国首脳が伊勢神宮に参拝したことも印象的でした。

オバマ大統領の広島訪問まで含め記憶に残る2日間になりました。

 

 

1

 

 

こちらは伊勢神宮での記念写真です。

 

 

3-1

 

 

4

 

 

首脳たちが伊勢神宮の参道を歩いていく姿とともにUPします。

 

各国首脳のスーツスタイルはほぼ予想通りでした。

基本的にダークスーツ。白シャツにブルーかエンジ系のネクタイを締めています。

 

靴は全員黒?と思いきや・・・・違う色の方がお一人。

詳細は後半で述べておきます。

 

 

 

 5

 

 

 

まず、我らが安部首相はライトネイヴィーといいますか、青いスーツが印象的でした。ネクタイは国旗のイメージを少し取り入れた明るいエンジです。

 

開催国の議長らしくクールに振舞おうという意思を感じます。同時に会議の中心人物ですから少し目立たなくてはなりません。そこまで考えての明るいネイヴィーとエンジのネクタイの組み合わせだったと思います。

 

 

 

 5-2

 

 

サミットの中心と云えば、米国のオバマ大統領。任期満了に近いせいか、開放的で明るい表情です。

190センチの高身長を生かした、第一ボタンが比較的下に付いている、スマートなシングル2個釦のスーツを着ています。

 

濃いグレーやブラックのスーツを好むオバマ大統領、サミット初日は定番のチャコールグレーのスーツ、レギュラーカラーのシャツに薄いブルーのネクタイというシンプルかつ信頼性を漂わせるコーディネートでした。

 

 

 

 

5-3

 

※ちなみにオバマ大統領が好んで仕立てるスキャバルのスーツ生地、

EATON Super130`s Wool 280g/mは、とても雰囲気の良い合服生地です。

実際にオバマ大統領がご着用している生地も入手可能です。

 

 

 

7 

 

 

英国のキャメロン首相は、ことのほかシックで控えめな印象のスタイルです。

パナマ文書問題で揺れるキャメロン首相ですが、英国人らしいネイヴィースーツにブルーのネクタイという伝統的な保守党スタイルでした。写真は25日の到着時の首相ですが、翌日のサミット初日も同じ組み合わせのコーディネートでした。

 

 

 

6

 

 

パリのテロ事件以来、厳戒態勢下のフランスのオランド大統領は、ダークネイヴィーにやはり暗めなネイヴィーのシックなネクタイの組み合わせです。

サミット期間中も同じスタイルであまり笑顔を見せませんでした。

気持ちがスーツ姿に表れているかのようでした。

 

 

 

 9

 

 

今回最も注目していたイタリアのレンツィ首相です。

 

26日朝セントレア空港到着時は濃紺のダークスーツに白いワイドスプレッドのシャツ、グレーのモード風細身のネクタイでした。

ところがお昼の伊勢神宮参拝時にはタブカラーのシャツに着替えて登場しました。

翌26日にはやはりタブカラーシャツに、エンジの細身のネクタイを付けていました。身体にフィットした動きやすそうなイタリアらしい仕立てのスーツです。

 

12 

 

 

 

この写真・・・よく見て下さい。

サミット出席者の首脳の中でただ一人、写真右端のレンツィ首相の靴の色は、ピカピカに磨き込まれたダークブラウンでした。

ポーランド出身のトゥスクEU理事会議長と何やら談笑するレンツイ首相

・・・さすがイタリア人です。

 

 

 

2 

 

 

 

27日のサミット宣言発表後の記念写真です。

相変わらず青いスーツの安部首相が目立っていますね。

 

メルケル首相の服装は基本的に毎回同じなので、感想は割愛させていただきますが、噂では26日のワーキングランチから相当ワインを飲んで良い調子だったらしいです。

安部首相の財政出動に根強い反対をおしだしてきたメルケル首相ですが、顔で笑って本当の態度は厳しく当たる・・・これが「外交」なのでしょう。

 

 

 

8

 

 

 

 

イケメンのカナダのトルドー首相のスタイル講評は今回はございません・・・。(イケメンは何を着ても似合うので・・・)

 

 

10

 

 

 

サミット後に忘れがたい出来事がありました。オバマ大統領の広島訪問です。

 

この時はネイヴィーのスーツにシックなブルーグレーの無地のネクタイ姿です。安部首相も例の青いスーツから濃紺のスーツに着替えていました。

 

 

 

11

 

 

 

世代を、国境を超えて伝わる自然な感動が広がりました。

 

被爆者の肩をそっと抱き締めるオバマ大統領。

何かと賛否両論の米国大統領ですが、人間としてのオバマさんを感じます。

 

 

13

 

 

ということで、各国首脳のスーツスタイルと表情を観察し、比較したり論評が出来るのも「ネットの時代」だからこそ。

 

そんな時代だから、なおさら現実の服装や振る舞いの一つ一つに、意味と意思を込めなくてはならない、と感じる今回のサミットでした。