ブログ

【新商品】TWIST & SHOUT できる・・・スーツ登場!

2016年4月27日

「撚糸(ねんし)」とは・・・

糸に撚り(より)をかけること、または撚りをかけた糸のことです。
「撚る(よる)」とはねじりあわせること。英語で「TWIST」=ツイスト。

 

 

余談ながら・・・Twistと言えば、

ビートルズの名曲「Twist&Shout(ツイストアンドシャウト)♪」ってのがあります。文字通り、「身をよじり叫ぶ」曲ですね。

 

このビートルズの大ヒット曲は多くのアーティストたちがカバーしています。私の体験ではアメリカのロック歌手、ブルース・スプリングスティーンが20数年前のジャパンツアーのクライマックスでも演奏し、会場の代々木オリンピックプールがオーディエンス全員の絶叫で震えていたことを思い出します・・・。

 

Beatles

 

 

“腕によりをかける”とか、“よりを戻す”という言葉があります。
撚り(縒りとも書きます)は日常会話の中で使われていますが、「糸の撚り」を語源として出てきた言葉なのですね。

皆さんは、糸に撚りがかかっていることをご存知でしたか?糸をねじりあわせると言われても、ピンとこないかも知れません。

 

n1

 

この写真のように、一本の糸は多数の原毛から成り立っていますが、そのままでは原糸がバラけてしまい、使用できません。なので下の写真のように糸を撚り合わせます。

 

n2

 

生地を織りあげている全ての糸は撚糸です。その撚り具合で光沢が出たり、強さが出たりします。

撚りを掛ける単位を、T/mと呼びます。Twisted/mètreすなわち、1メートルあたり何回撚りを掛けているかの単位です。一般的な糸は500~1000T/mです。

 

cn

 

 

写真はカノニコの強撚糸使いの生地です。

 

今回取り上げる「強撚糸」は、1000~2500T/mです。

それだけ強く撚りを掛けた糸で織られた生地は、シワになりにくく、シワからの回復性が早くなります。強撚糸をメッシュ状に織り上げると、通気性も良くなります。手触りはザラザラしてべとつかないので、夏生地に最適です。

 

 

re (2)

 

 

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのはイタリアの大手ミルREDA(レダ)の強撚糸使い生地で仕立てたスーツです。

 

 

re (4)

 

美しいブルーがかったグレーのベース生地に約2cmのピンクのストライプを配した、とても夏らしいお洒落感あふれる生地で仕立てていただきました。

 

 

re (5)

 

 

パターンメイドSARTORIAは、他のどのパターンオーダーよりも抜群にのフィット感が良いです。

 

 

re (3)

 

 

これは20年来数々のパターンオーダーやイージーオーダーを扱ってきた私が、確信を持って断言できます。

 

re (1)

 

 

夏らしく「背抜き」で仕立てました。ライニングは表生地と反対色ながらドレッシーにマッチしたブルーの美しいキュプラです。ボタンは本水牛の明るめを付けました。

 

re (6)

 

シワになりづらく通気性がありますから、長期間のご出張にも最適です。

 

これなら通勤電車でお身体がTWISTしてしまっても、すぐに回復できますね(笑)!

 

色違いで下の生地もご用意しております。

 

re

 

 

参考価格

REDA  Super100wool 240g/m High Twist

スーツS上下・お仕立て上りプライス

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥70,400(税別)から