ブログ

【新作品】ストライプの正統派英国スーツ

2016年4月17日

日本ほど四季がはっきりしている国はないのでは?と思われる写真がありますのでUPいたします。

 

当店の眼の前に鎮座されている照国神社です。幕末の名君、島津斉彬公を御祭している鹿児島市内でも最も大きな神社です。

 

 

01

 

1月25日の大雪の日、気温がマイナス4度になりました。

 

02

 

こちらは今朝の写真です。今日の最高気温は23度とのことです。

鹿児島は昨夜の雨で大気の埃が流れ落ち、樟の新緑がまぶしくなりました。

 

 

p1

 

 

素敵な英国生地スーツが仕上がりました!

オーダーをいただいたT様にご試着していただきました。

 

 

 1

 

 

約一か月前にオーダーをいただいていた、ダークスーツが仕上がって参りました。

生地は英国ミル(織物工場)、サヴィル・クリフォード(Savile Clifford)の240g/m Woolです。

 

 

 3

 

 

やや明るめのネイヴィーに1.2cm間隔のストライプが入っています。

シンプルなシングル2個釦、センターベントのデザインです。

 

 

6

 

 

ご体格がいいお客様は胸幅も大きく、補正も前身頃をいかにボディにフィットさせるかが焦点になりました。ここが決まらないとジャケットのフロントが持ち上がり、おかしな服が出来てしまいます。

 

 

2

 

きめ細やかな「ハ刺し」を施すことで、ラペルのきれいなロールが出来上がります。

 

 

4

 

ボタンは本水牛、ライニングは同系色の濃紺をお入れしました。

 

5

 

 

普段はワークウェアをお召しのお客様ですが、大切なご会合やご結婚式、パーティーなどにご着用いただくご予定です。夏を中心のスリーシーズン生地としても使いやすく、ストレッチも入っておりますので、長時間の着用も楽だと思います。

 

 

p2

 

 

これからも、ぜひご活用いただきたいと存じます!

 

 

参考価格

Savile Clifford 240g/m purewool

スーツS上下・お仕立て上りプライス

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥180,000(税別)