ブログ

【新商品】ロロ・ピアーナ、夏のコードレーンジャケット

2016年3月24日

イタリア、ロロ・ピアーナの今シーズン提案ジャケット生地コレクション、「PROPOSTE」。

 

多彩な表情と織りや柄の深さで定評のある,シーズンおすすめ生地から、ウール&シルク(20%)&リネン(13%)の260g/m三者混紡のコードレーン生地のネイヴィーをお選びいただきました。

 

 TK1 (6)

 

 

ロロ・ピアーナが付けた生地の名称は、トゥアレグ(TUAREG)。サハラ砂漠に住む遊牧民の名称です。彼らは原色に近い鮮やかな民族衣装をまとう事で有名です。

 

同じ織りの色違いが5種類リリースされています。

オーダーを頂いたネイヴィーはスタンダードで美しい色です。

 

 

 TK1

 

 

この生地は「夏のコールテン」のような雰囲気の立体的な織りが特徴です。

 

 

 TK1 (7)

 

 

こうしてアップで生地の表情を捉えると、織りの雰囲気が判ります。

 

 

 TK1 (1)

 

 

際から7mmのポイントにハンドステッチが入っています。

このステッチが入ることで、少しリラックスしたジャケットの雰囲気になります。

 

 

TK1 (3)

 

 

夏らしいシェルボタン(貝釦)をお付けしました。

ライニングはメリハリのあるレッド。パイピングもきれいですね!

 

 TK1 (4)

 

 

このジャケット、肩パッドを抜いて、一枚芯だけで仕立てています。

SARTORIA LEGGERO(サルトリア・レジェロ)という仕立てラインです。

レジェロはイタリア語で「軽く」という意味合いの音楽用語です。

 

 

 TK1 (2)

 

 

軽やかですが、このショルダーのラインはシャープでクラシックです。

 

 

 TK1 (5)

 

 

SARTORIAパターンメイドには、この「レジェロ」やナポリスタイルの「アリスト・クラティア」などの程よいリラックス感+クラシックなシルエットの仕立てラインがございます。

ご来店の際はご試着していただき、自分に合ったスーツをご検討いただけます。

 

 

参考価格

Loro Piana PRPOSTE GIACCHE

Wool&SILK&LINEN ‘TUAREG‘

ジャケット・お仕立て上り

SARTORIAパターンメイド・・・¥168,000