ブログ

【新作品】ダークスーツばかりでは物足りない方へ

2016年3月7日

世の中ダークスーツが大流行り・・・といいますか、消費税も上り公共投資もままならない世の中(-.-)ですから、濃紺や黒などのダークスーツが無難なのはよくわかります。

 

しかし、いよいよ本格的な春を迎えて、「ダーク」ばっかりでいいのでしょうか?

たまには、「色」でお洒落をしてみたいものです。

 

・・・ということでイタリアのエルメネジルド・ゼニアのいい雰囲気の色合いのスーツが完成しましたのでご紹介いたします。

 

 

1

 

 

 

生地はゼニアの春夏シーズン向けウール生地のトロピカル(TROPICAL )240g/m。

合夏服というカテゴリーに入る厚さですね。

 

 

2

 

 

表情が面白く、ベージュにブルーのストライプがやや広めに入っていますが、よく見るとヘリンボーン状の織り柄も施されている凝った奥行きある色柄です。

 

 

3

 

 

お客様は毎日スーツを着用する方ではありません。ご会合やご出張などで着用されるほか、趣味のギターを生かしたバンド活動でもご着用されます。

 

スーツを着用してビートルズを演奏されるお姿を以前にも拝見しましたが、とてもカッコ良かったです!

 

 

7

 

 

仕立てた加治木は「柔らかい生地なので、ゆっくりとアイロンを効かせながら肩を作っていきました。」と述べています。確かにゼニアのTROPICALは、春スーツ生地の中では特に柔らかく感じさせます。

 

柔らかく良い着心地を保ちつつ、見た目のクラシック感を損なわずに仕立ててくれました。

先日のTVの取材時は緊張しつつ対応していましたが、なにか一皮剥けたようです!

 

 

5

 

ボタンとライニングは対照的な色遣いになりました。

 

ボタンはゼニアのオフィシャルのナット釦。ライニングはこれもゼニアのオフィシャルなネイヴィーです。

ボタンは生地の全体的な表情から、ライニングは反対色かつストライプの色と合わせています。

 

 

6

 

 

クラシックでボリュームのあるスーツが完成しました。

末永くご愛用いただけますと、テーラー冥利に尽きますね!

 

 

参考価格

Ermenegildo Zegna TROPICAL Wool 220g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・・¥245,000

SARTORIA(パターンメイド)・・・・¥127,300