ブログ

【新商品】パターンメイド・SARTORIA、一挙ご紹介!

2016年2月6日

クラシックテイストをモダンなイタリアタッチでお仕立てする

三洲堂テーラー のパターンメイドライン「SARTORIA(サルトリア)」。

 

 

12

 

 

定評あるこのパターンメイドの新作が仕上がって参りました。

 

そのいくつかをご紹介させていただきます。

 

 

 1

 

 

まず、アルフレッド・ダンヒル Wool Super120`s 270g/m で仕立てた

ブラックスーツをご紹介いたします。

 

 

3 

 

 

 

非常にオーソドックスな「シングル1個ボタン・ピークトラペル」のデザイン。

 

ノーベントで、冠婚葬祭からフォーマルに近いお仕事まで、幅広く使えます。

 

 

 

 4

 

 

スリムながら肩幅が広いお客様のご体格を無理なく包み込み、さらなる魅力を引き出してくれるブラックスーツになると思います。

 

5

 

詳細はこちらのページをご覧ください 

 

 

ダンヒルも生地の供給はこの秋冬シーンで最終となりました。

 

最後に素敵なブラックスーツが仕上がって良かった・・・・。

 

 

 

02

 

 

こちらのハリスツイードのネイヴィーは、480g/mというハリス的にはライト級、一般的には肉厚の存在感あるジャケットが仕上がりました。

 

 

IMG_5892

 

 

ツイードのジャケットらしくステッチをミシンで効かせました。肩線や背中央は片倒しという仕上げにしてあり、微妙なカジュアル感を演出しています。

 

 

03

 

 

フラップ付のアウトポケットがさらにスポーティーな印象を出しています。

 

 

04

 

 

伝統あるハリスツイードは生地自体の厚さと強靭さがあります。この特性をそのまま、柔らかくしなやかな一枚芯で仕上げると、着心地の良い少し艶のあるジャケットになります。

 

ライニングは伝統的に表生地と反対の明るいホワイトやシルバーを入れています。

今回も表生地のネイヴィーと対照的なライニングを配置しました。

 

 

05

 

 

 

お客様は普段から管理職でさまざまな気苦労があるとのことで、

それをリフレッシュするためにお洋服のオーダーをしている、との事でした。

 

 

ストレス解消の一助になれば・・・・ありがたいことですね。

 

 

 

1

 

 

最後に美しいライトネイヴィーのLANVIN生地のスーツです。

 

260g/mのライトウェイトながらフランネル織で温かい一着になりました。

 

 

 

3

 

フラノといえども、Super110`sの細番手ウールです。高級感と光沢がありますね。

 

お客様は常にウェイトトレーニングを心掛けてらっしゃる方です。

胸幅は結構大きいのですが、ウェストは締まってらっしゃいます。

 

ウェストから胸にかけてのドレープが美しく出ています。

 

 

2

 

 

ライニングも綺麗なブルーをお選びになりました。

 

あまり固くなりすぎない、印象の柔らかなスーツになりました。

 

 

4

 

 

パターンメイドSARTORIAは、今春夏シーズンのオーダーの出足も好調です。

 

 

みなさまも、ぜひ今シーズン「SARTORIA」で一着いかがでしょうか?

 

 

パターンメイド・SARTORIA (サルトリア)

 

スーツS上下・お仕立て上り・・・・¥58,000(税別)より