ブログ

【新作品】春色のウール&カシミア ジャケット

2016年2月12日

今日は小雨ながら気温が18度まで上がりました。

 

南に向かって開いている錦江湾の入り口から、鹿児島市街にまで温かい潮風がほのかに流れ込み、大気に柔らかい海の気配を感じ取れました。もう春はそこまで来ています。

 

 

7

 

 

今日は当店にTV番組の取材が入りました。主に仕立て職人の仕事ぶりを紹介していただける取材です。タレントさんも来店され、長時間の撮影になりました。

 

3月上旬に全国ネットで放映される予定のこの番組の詳細は、後日アップさせていただきます。

 

 

 1

 

 

ということで。「春色のジャケット」が仕上がりました。

 

生地はLoro Piana(ロロ・ピアーナ)、WOOL&CASHMERE(10%)300g/mですからAW仕様ですが、色合いがとても明るく、気温は冷たいが陽光はまぶしい「光の春」には最適ですね。

 

 

2

 

 

水色ベースの生地に、少し濃い水色のウィンドウペンが丁度いい存在感で入っています。

 

 

3 

 

 

ウィンドペンはじめチェック系の生地は、柄あわせを考えてカットし、仕立てなくてはなりません。

裁断士と仕立て職人にプレッシャーがかかります。また、肩下がりが大幅に違っていて左右の身頃に段差などある場合、裁断・縫製ともに、仕立てがとても難しくなります。

 

 

4

 

 

 

釦は本水牛の明るめの艶消しを選びました。

テカテカのボタンがどうにも似合いません。天然ものの水牛釦は上質な素材に合わせやすいですね。

 

 

5

 

 

ライニングはネイヴィーでアクセントを付けました。

メリハリがあって、いい感じになりました。

 

 

6

 

 

ご体格のいいお客様はご会合の出張などが多く、ジャケットも多用されているようです。

このお洋服もきっと5月初旬までご愛用頂ける事と思います。