ブログ

【パターンメイド】英国生地で「シティ」のビジネススタイル!

2015年12月6日

英国ロンドン市のほぼ中心部に位置するシティ・オブ・ロンドン、通称「シティ」は英国のそして世界の金融センターとして有名な区画になります。イングランド銀行、ロイズ保険会社、証券取引所などが集結した、まさにビジネスセンターというべき存在です。

 

 

1 2

 

 

3

 

 

「シティ」は歴史的に大ロンドン市の中でも非常に自治性の高い街で、いわゆる「ロンドン市長(Mayor of London)」とは別個に、独自の「ロンドン市長(Lord Mayor of London)」が存在しています。

 

また、有名なスコットランドヤード(ロンドン警視庁)とは別個に ロンドン市警察(City of London Police)を持っていて、最近はテロに備えて「シティ」において特別警戒にあたっているそうです。

 

 

4 

 

 

6 

 

 

私達のような、英国由来のBESPOKE TAILORの末裔が持つ「シティ」のイメージは、「オールドバンカーズ・スタイル」すなわち、「ピンストライプのダークスーツのスリーピースを着て、ステッキを持ったビジネスマン達の総本山」というものです。

 

 

7

 

 

しかし、現在のシティは高層ビルも立ち並ぶモダンとクラシックが同居する街で、ビジネスマンも現代風のダークスーツの装いです。

 

 

8 

 

 

ということで、今回SARTORIAパターンメイドでお仕立ていただいたスリーピーススーツは、英国のJOHN FOSTERの290g/m ウールのピンストライプ柄です。まさにイメージはシティのバンカーズスタイルです。

 

ただし、シルエットはSARTORIAなので、生地は流行の英国製、デザインはイタリア風の「いいとこどりのスーツ」という感じでしょうか。

 

 

9 

 

 

10

 

 

ニューヨークの金融機関に赴任されていたお客様の話によると、ニューヨークのバンカーや金融関係者の中でも、米国人よりヨーロッパ系、特にイタリア系の男性は、着るものからコーディネートまで、まるっきり周囲の人間と違って格段にお洒落ですよ、とのことでした。

 

 

 9-2

 

 

当店のパターンメイドスーツの長所というべきポイントが、襟の吸い付き感と昇りの美しさです。よい背広は背中からご評価いただきたいものです。

 

 

11

 

 

ライニングはストイックなブラック。最近色鮮やかなライニングに慣れてきた目からすると、とても締まったシンプルな強さを感じさせます。これもまたアリなのでしょう。

 

 

12 

 

 

ともあれ、シティのビジネスマンの向こうを張った、この力強いストライプのスリーピースが、オーダーをされたお客様のお仕事のお役にたっていただけることと思います。

 

JOHN FOSTER made in England  pure wool 290g/m

 

スーツS三揃・SARTORIAパターンメイド

 

お仕立て上がり・・・・¥85,000