ブログ

【新作品】和洋レディスケープコートが仕上がりました

2015年9月15日

ケープやマントが流行った時期があります。

 

1900年~1930年頃まで、日本の庶民の服装は、ほぼ和洋折衷でした。

袖が大きく、背中の帯も膨らむ和服に、そして流行してきた洋服にも着用でき、しかも雰囲気が良いコートは、必然的にマントタイプの、身体をふわりと包むフォルムになりました。

 

 CAPEDCOAT (2)

 

今回仕上がった、レディスケープコート(CAPED COAT)は、基本的なボディの袖繰りが大きく開いたコートに、同じ丈のマントが身体をすっぽり覆うタイプです。

 

IMG_4499 

 

 

素材はピュアカシミア。420g/mのちょうどいい重さです。

起毛がかかった、とても肌さわりのいいカシミアです。

しかもこのライトベージュが、寒い曇り空の下でも、気持ちを明るくさせてくれます。

 

 ②ケープコート

 

フロントの裾から、手を自由に出し入れできますので、

ケープコートですが、「さばき」が楽です。

 

IMG_4502 

 

襟ぐりが少し広めにとってあります。

和服のお襟を外側からすっぽりと包みます。

 

 

着物をお楽しみになりたい方でも、

お洋服の上にキュートなコートをお召しになりたい方でも、

この暖かくキュートなケープコートは、お役に立てることと思います!

 

 

IMG_4500

 

 

レディスケープコート(CAPEDCOAT)

ピュアカシミア素材使い

BESPOKEお仕立て上がり・・・・・¥240,000から