ブログ

【新作品】ダークネイヴィーのピュアリネンスーツ登場!

2015年8月8日

イタリア、アンジェリコ(ANGELICO)社のピュアリネン、と言えば春夏麻素材のスタンダード生地です。

毎年、ブラック、ネイヴィー、グレーや生成りなど、無地系の270g/mという「ほどほどな」厚さのピュアリネンを定番的にサプライしてくれるので、お客さまによっては、パンツやベストを買い足しすることもあります。

 

bunch

 

今回アンジェリコのピュアリネンスーツを、BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)でお仕立てしたお客様は、これまでSARTORIAパターンメイドでスーツをお仕立てされていました。

今回は、ピュアリネンということもあり、せっかくならフルオーダーメイドのBESPOKEにて、「一枚仕立て」スーツを作ってみたいとのことでした。

 

1

 

一枚仕立てジャケットを大迫、パンツを宮原という若手職人の合作でお仕立ていたしました。

特に一枚仕立ては、この写真(注・・・別の麻のお洋服です)のように、主だったポイントにライニングを使わず、同じ麻の共生地で、全体を仕上げていく仕様です。

 

ura

 

 

単純に裏を貼ったり、背抜きにするよりも、生地の端(つなぎ目)を裏地でくるむ、「パイピング」」という仕様にしてあります。ここら辺が職人の腕の見せ所です。

 

2

 

 

写真では判りづらいのですが、ジャケットにはまさに大迫の「手」で、「ハンドステッチ」が施されています。

 

3

 

 

宮原が仕立てたパンツも、十分に癖取り(くせとり)がされていて、とても履きやすく、しかもエレガントです。

 

ura2

 

 

お仕立てされたお客様のご感想は、「とっても楽しいです!」とのことでした。

 

パターンメイドと異質の、立体感ある、着心ちが良いクラシックスーツこそ、BESPOKE(フルオーダーメイド)の魅力だと思います。

 

4

 

 

ダークネイヴィーですので、ピュアリネンといえど、10月初旬まではご着用できます。

 

ぜひこれからも、お客様のお役にたてるスーツとして、ご愛用いただけますと、うれしく存じます。