ブログ

【新作品】英国の伝統柄「バーズアイ」生地のスリーピース

2015年3月14日

Birdseye・・・・「バーズアイ」

 

直訳すると、「鳥の目」という、少々個性的な名前のついた柄は、英国ウール生地の古典的な柄行きの一つです。

 

ベースの色と同系色の「アイ」であったり、「アイ」の部分だけ色濃く織りあげたり・・・と、バーズアイにも様々な色調が存在します。

 

1

 

プレーンな色無地と比較すると、起伏感もあり柔らかく表情豊かです。スーツでお仕立てした場合、ジャケットだけ単体でもお使いいただけます。

 

今回は、英国の老舗ミル(織物メーカー)、Savile Clifford(サヴィル・クリフォード)のバーズアイ生地でスリーピース(三つ揃い)をお仕立ていたしました。

 

 2

 

お客さまからのご要望で、ベストのVゾーンがやや高めの三つボタンスリーピースにしました。

 

 3

 

また、英国スタイルにチェンジポケットは欠かせないものです。スタイルの良いお客様のフォルムにお似合いです。

 

 4

 

ボタンは本水牛、ライニングはベージュで軽やかさを演出しています。

 

 3-2

 

冷たさと暖かさが交互に訪れるこの季節、英国製ウール生地のスリーピースはとても役に立ちます。

 

皆様もぜひこの「バーズアイ生地」で「スリーピーススーツ」をお仕立てしてはいかがでしょうか?

 

6

 

Savile Clifford (England) Super110 wool

 

シングル三つ揃いスーツ  お仕立て上がり

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥214,000