ブログ

【今日は雨】ウォータープルーフ(撥水)のスーツはいかが?

2015年3月19日

今日は前線の通過に伴い朝から大雨でした。

 

私のトラウザーも足元はずぶ濡れ、センタープレスも消えました。

しかたないので、ズボン職人にプレスをしてもらわなきゃなりません(涙)。

 

IMG_3356

 

早春や秋、そして梅雨という、日本には「雨」がよく降る季節があります。

雨の日でもスーツは着なくちゃなりませんし、いつもズボン職人がいる訳じゃない(笑)。

ということで、写真のような撥水加工=ウォータープルーフ対応の生地で

スーツをお仕立てするのもいいかと思います。

 

 

IMG_3352

 

この生地は、撥水加工がしてあって、しかも盛夏向けの生地です。

ウール+14%ポリエステル 220g/m。このように水を弾きます。

 

スーツS上下お仕立て上がり

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥61,600

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥158,000

 

 

 

IMG_3351

 

この生地は、国内生地大手のミユキ毛織の、TOPICA

ウール+ポリ(25%)+モヘア(20%)  230g/m。

モヘアの光沢感とシャリ感を残しつつ、よく雨を弾きます。

当店でもスタンダードに人気があります。

 

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥78,000

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥178,000

 

 

 

IMG_3355

 

最後にイタリア、エルメネジルド・ゼニアが今シーズン発表した

SPHERE PROJECT (スフィア・プロジェクト)生地をご紹介します。

様々な気温やコンディションの下でも、気持ちよく着用できるために、

ウール&シルク(14%) 200g/m ジャケット生地でリリースしました。

もちろん撥水加工も施してありますし、クールエフェクトの様な温度調整も可能です。

 

zegna SPHERE PROJECT ジャケットお仕立て上がり・・・

SARTORIA(パターンメイド)・・・¥159,000

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥264,000

 

IMG_3353

 

皆様のワードローブに、春夏のウオータープルーフのお洋服、いかがでしょうか?