ブログ

【お直し】大切なお洋服のお直しなら、三洲堂テーラーに!

2015年3月15日

「お洋服のお直し」という言葉から連想される内容は、

「最近身体が太ってきたので、ウェスト周りを大きくして欲しい・・・」

というものだと思います。

 

 

意外に思われるかもしれませんが、お直しでご依頼される内容の7割は

「大きな服を、小さくして欲しい」 というご相談です。

 

c0168223_1371017

 

皆様、思い出のあるスーツやジャケットを大切に保管されてらっしゃいます。

 

ところが、いざ着て出かけようとすると、今の時代に合わず、着丈が長かったり、ぶかぶかだったり。

 

レディスですと、すごい肩パットが入っていて驚いたり。

 

当時ご購入されたお洋服のデザインが、「今」に合わなくなっている訳です。

 

 

 

今回お持ちいただいたお洋服は、ドルチェ&ガッパーナのスーツです。

 

具体的には写真の通り、ジャケットの着丈に対して、釦位置が低くなっていて、着用した時のVゾーンがあまりにも下過ぎて似合わなくなった、ということでした。

 

 1

 

最初は着丈の調節も考えましたが、釦ホールとポケットの位置から、あまり着丈をカットするとバランスが悪くなります。お客様のご要望では着丈5cmカットでしたが、3cmが限界でした。

 

そこで、思い切って2個ボタンのジャケットにすることを提案しまして、一週間後に仮縫いをしました。

 

 3

 

もともと肩幅も広く、袖丈も長かったので、調整しました。さらに、第一ボタンを追加し、フロントカットをややカッタウェイに逃がしました。ポケットフラップが外に出ていると、寸詰まりに見えますので、フラップは外して両玉縁にしました。

 

 2

 

最終的には、このようなジャケットに生まれ変わりました。

これでようやく活用できると、お喜びいただけました。

 

 4

 

この作業でかかった費用は、

 

着丈カット代金・・・・¥5,500

釦穴作りと、フロント返り線調整・・・・¥3,000

肩幅調整・・・・¥6,000

袖丈調整・・・¥3,500

 

計¥18,000 です。仮縫い代金も含んでいます。

 

 

皆様も、思い入れのあるお洋服をお持ちのことと思います。

ふたたび着て楽しみたい・・・・というお洋服が甦ります。

 

お捨てになる前に・・・・ぜひ、三洲堂テーラーにご相談ください!

 

丁寧にお見積りさせていただいてから、お直しいたします。