ブログ

【新入荷】眺めているだけで旅行気分!ホーランド&シェリーの新バンチブック

2015年1月26日

・・・・かつて七つの海を制覇した大英帝国。

 

英国の勢力版図は、地中海、北アメリカ、アフリカ主要部、インド、極東・・・と世界中に広がりました。それとともに、彼らのライフスタイル、特に服装そのものが世界中の文明圏に拡散していきました。

 

 map

 

主要植民地が温暖な地域にあったため、そこで着用される英国人の服装も、現地の気候や風土に合わせて変化しています。彼らの好きなツイードをシンガポールで着用するわけにはいきません。赤道直下で耐えられる服装が求められます。

 

P1040433

 

 

 

 

 

上質なリネン(麻)、コットン(綿)、モヘア(アンゴラ山羊の毛)などは、そんな変化に合わせるための素材です。それぞれの素材には様々な特徴があります。

 

 article-2110742-120A40B2000005DC-682_634x847

 

 

そして、現代の英国大手生地問屋(マーチャント)が扱う夏生地は、ほとんどが大英帝国時代からの伝統的な「天然素材」です。天然素材だからこそ表現できる生地デザインの完成度、清涼感ある機能性は、今に受け継がれ、私たちの夏のスタイルにうまく取り入れられています。

 

 P1040438

 

 

大手高級生地マーチャント、Holland and Sherry(ホーランドアンドシェリー)の新バンチブックには、そんな彼らの夏の服飾の歴史が感じられます。扉絵から見ているだけで楽しく、生地コレクションに至っては、その服をまとった自分が、マドラスの城壁を歩いたり、ケープタウンで郊外をピクニックしたり、シンガポールのラッフルズホテルでスリングをちびちび飲ったり・・・・という想像が無限大に湧いてきます(少なくとも私は)。

 

 

H&S

 

おお、生地のご紹介をせずに、妄想に入ってしましました。

 

 

Luxury Mohair

 

2種類の文字通り「豪華な」モヘア混紡のスーツ生地です。ざっくりしていて、カリッとしたモヘア生地は、高温多湿な日本の夏にも最適です。310g/mの30%モヘア地は、皺にならず弾力性もあって、最高の春の合服となるでしょう。

 

 H&S (1)

 

 

South Pacific Linens

 

これは上質な麻の生地見本です。これぞコロニアルなお洋服が出来上がります。

今年の夏こそは「麻」を!というお客様に、一度は見てほしいバンチブックです。

全てが美しい色合いのコレクションは、日本にいながら世界クラスのデザインを体感出来ます。

 

 H&S (3)

 

Snowy River Lightweight

 

225g/mの軽量なSuper120ウーステッドの強撚糸で織り上げた、皺になりにくく、軽くて涼しい盛夏用の生地コレクションです。ホーランド&シェリーらしい美しい色遣いの生地の数々にちょっとため息が出てきます・・・。

 

 H&S (2)

 

 

・・・・ということで、書いて表現するのにはつくづく限界を感じます。ぜひ、お手に取って触れていただきたいものです。皆様も今年の春夏は、リネンやモヘア、ハイツイスト素材で、豪華な夏のスーツ・ジャケットスタイルを送ってみませんか・・・?