ブログ

【ダブルフェイス】ロロピアーナの「DENIM FLOWER」ジャケット

2015年1月30日

イタリア屈指の高級生地メーカー、ロロ・ピアーナ(Loro Piana) が、2014秋冬からリリース開始した、ダブルフェイスのデニム生地「DENIM FLOWER」。

このHPでも既にご紹介いたしましたが、デニム裏側のキレイな色合いが、織りを通じて表面にも微妙に表現される、というとても美しい仕上がりの、まさに「デニムの華」です。これはロロ・ピアーナのモノ作りの高い技術力によるものだと思います。

 

 7

 

そんなダブルフェイスのデニム生地を当店も数点仕入れました。このほど、ジャケットが仕立て上がりましたので、ご紹介いたします。デニムの表面は渋めのブルー、裏面はイエローの「DENIM FLOWER」です。

質感があるデニムを、テーラードで立体的にしたてましたが、とても存在感溢れるジャケットになりました。

 

 2

 

 

生地がダブルフェイス、しかもデニム・・・となれば、アトリエの職人の「手縫いの技」も随所に発揮されることになります。職人の本物の手入れによるハンドステッチは、機械によるものとは違い、「手」ならではの温かみが感じられます。

 

 5-1

 

一枚仕立ての技術は、裏を見ると判ります。ライニングを全てのヘリにかぶせてゆく「パイピング」という仕様が基本なのですが、デニムらしさを出すために、あえて生地で縫い込んでいます。

 

 9

 

ボタンは生地の雰囲気に合った本水牛。背裏だけはLoro Pianaの純正のキュプラを使いました。

カフはもちろん本切羽で、開けてあります。

ちなみにハンドステッチも、ボタンホールもすべて「手」作業です。そもそもボタンホールを入れるミシンを置いてない(!)から、当たり前なのですが・・・。

 

 6

 

冬から春にかけて、この3つ釦のデニムジャケットが、お仕事やプライベートで活躍していただけますと、テーラー冥利に尽きます!

 

4

 

 3

 

Loro Piana 「DENIM FLOWER」生地使用

一枚仕立てジャケット・お仕立て上がり

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・・¥230,000