ブログ

【新商品】ゼニアのダブルフェイス・一枚仕立のジャケット

2014年11月21日

冬に向かっていくこの季節は、私たちテーラーにとって服作りの楽しい季節でもあります。

カシミア、ツイード、フランネルなどは、ややリラックスしたカジュアルな場面で着用されることもあり、色や柄も多彩です。生地が織られた英国、スコットランド、イタリアの地域性も加味されています。
P1030068
生地が店に届き、シュリンクラップを開封すると、新鮮なウールの匂いと共にヨーロッパのそれぞれの風土の薫りも感じられます。
P1030074
最近ブームになっているダブルフェイス。一枚の生地の両面にそれぞれ違う色合いや柄を組み合わせて織り上げます。無地とチェック、濃淡の組み合わせで、いかに魅力的に魅せるのか、織物工場(「ミル」と言います)の腕の見せどころです。
P1030071
今日ご紹介するのは、エルメネジルド・ゼニアのダブルフェイス生地でお仕立した、一枚仕立のジャケットです。
P1030079
生地はご覧の通り、グレーの大きめのチェックとダークグレーにパープルのオルタネイト風織ストライプという、とても素敵な組み合わせです。ゼニアにしてはかなり大胆なダブルフェイス、仕入れたのは数年前です。
現物の生地を見て、気に入って仕入れましたが、しばらくこの良さを私たちもお客様にご提案できず、ストックされたままでした。
P1030069
実際に仕立てると、とても雰囲気のあるジャケットになりました。
イメージとしては、冬に向かいつつあるこの晩秋に、北イタリアのアルプスの麓の小さな町の郊外を、峰々に降り積もった新雪を見上げながら、落ち葉をさくさく踏んで散歩する情景・・・そんなところでしょうか。
P1030070
このような魅力的なダブルフェイスのジャケット生地が、当店には沢山ストックされています。
ドーメル社のグリーンのコールテンのダブルフェイス、ロロピアーナのデニムのダブルフェイス・・・などなど。
LoroPiana (4)
IMG_2711
ぜひ、みなさまにもお手にとってご覧いただきたく、ご案内いたします。
ダブルフェイス生地使用、一枚仕立てジャケット お仕立て上がり
BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥160,000から
SARTORIA(パターンメイド)・・・・・¥84,000から