ブログ

【映画】TINKER TAILOR SOLDIER SPY (邦題「裏切りのサーカス」)のスーツ

2014年4月13日

写真は使い古された文庫本。この面白い本と映画についてお話しいたします。

 

 英国を代表するスパイ小説家、ジョン・ル・カレの名著「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」を、私は大学生の頃に初めて読みました。

 

英国諜報部(通称「サーカス」)の中枢で活動する二重スパイ(もぐら)を、主人公が丹念に追い詰めていくという物語です。この物語の重厚さ、諜報部に勤務する英国人たちのリアルな描写、様々なパズルが最後に一つの方向に向かっていく「巻き込まれ感」、謎解きが収斂していくカタルシス、エンディングの「癒され感」・・・。

 

 c0168223_18382242

 

最初に読んだときは、ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」ほどではないですが、読んでいる途中、何度も考え、思い出しながら進まないと本筋が見えなくなる、そんな重厚な作品です。

 

現在私は48歳ですが、この作品をこれまで2回再読しました。再読するたびに、新しい発見に驚きます。自分が歳を重ねていくたびに、登場人物たちの人生の楽しみと哀しみを、身にしみて感じます。

 

 c0168223_18384838

 

 

この小説が映画化されました。邦題は「裏切りのサーカス」。この邦題の良し悪しはさておき、映画そのものはとても良質で見ごたえがありました。

 

諜報部の元指揮官が裏切り者を高官5人にまで絞り込み、各人に付けた「あだ名」が、ティンカー、テーラー、ソルジャー、プアマン、ベガマンでした。

直訳すれば「鋳掛屋、仕立屋、兵士、貧乏人、乞食」です。英単語なので各単語に語源からくる複数の意味があり、Tinker[ティンカー]には、「下手な職人」「騒ぐ人」、「テイラー」にはラテン語の「適合させる」「切る」という意味もあります。そんなことを思いながら読むのも楽しいものです。

 

 c0168223_18392338

 

映画は、70年代の英国を忠実に再現しています。スーツはフランネルやサキソニー系の英国らしいグレーやネイヴィー、茶色の基本スリーピース。

 

コートはキャメルのチェスターだったり、正統派トレンチコートやダブルのPコートだったり。

いつも雨が降っていて傘をさしたり、濡れ鼠だったり。

今風のSuper120的艶やかな服はまだ登場していません。

 

車は何とシトロエンDS。おお、現役で元気にふわふわと走っているではないですか!音楽はシャンソン、お酒は美味しくなさそうなシェリー酒。

 

c0168223_18395939

 

主人公「ベガマン」ジョージ・スマイリーには、名優ゲイリー・オールドマン。

 

最近は良心的な役がついていますが、ちょっと前までは「レオン」の極悪麻薬捜査官、フィフス・エレメントの狂った武器商人と、彼の出る映画すべてが彼のクレイジーな魅力で面白い、という人です。

 

初老で引退し、妻を寝取られたさえない中年スパイにぴったりの彼が、次第に「モグラ」をいぶりだしていく過程が静かで力強いタッチで描かれていました。

 

 c0168223_18402581

 

「英国王のスピーチ」で主役を演じたコリン・ファースは、「テイラー」とあだ名を付けられています。

 

その名のごとく洒落者で魅力的、そして有能ながら、その正反対の欲深かつ不道徳な一面を時折ギラリと見せる。物語後半の圧倒的な存在感が見ものです。

 

他にも名優が出演しています。

 

「シャーロック・ホームズ」で一躍有名になった、デイヴィッド・カンバーバッチは、特に重要な役で、味わい深い演技をしています。この人のスーツスタイルも観てほしいです。

 

主人公のコスチュームデザインは、ポール・スミスが手掛けています。3つ釦のクラシックなスリーピースは、そのくたびれ感といい、映画のリアリティを深めます。

 

 c0168223_1841496

 

映画を鑑賞しつ、スーツ、音楽、車、タバコと酒、人生をじっくり味わえるサスペンス作品を、皆様にもぜひ観てほしいものです。

 

ただし、007シリーズのようなアクション物ではありませんので、ご注意を。劇場の人物相関図を事前に頭に入れておくと、より判り易く楽しめる・・・はずです。

 

 【旧BLOG アーカイブ】 2012年8月

※旧三洲堂テーラーBLOGから、皆さまのリクエストで再度このHPに記事をUPいたします。