ブログ

【映画】「鑑定士と顔のない依頼人」、ヴァージルのスーツ

2014年2月20日

ミステリアスな映画「鑑定士と顔のない依頼人」。

 

衣装協力はジョルジオ・アルマーニ。

主人公を演じる俳優、ジェフリー・ラッシュの難しいいかり肩体型に、実に上手にジャケットをフィットさせています。

 

 BestOffer-Key-Art

 

姿を現わさなない依頼人から美術品の鑑定依頼を受けた美術品鑑定士、ヴァージル・オールドマン。

 

内容は映画をご覧になって欲しいのですが、ミスタ・オールドマンは、「孤高」「有能」「富裕」「冷徹」といった性格を見事に演じています。

その表現力には、「服装」が大きな要素を占めています。

 

 the-best-offer10

 

冒頭、レストランで独り夕食のコースをとるオールドマンは、ダブルブレストのダークスーツに、高級だが地味目のネクタイ、革の手袋をつけています。

 

ペアや友人同士のテーブルが多い中、独りでコースとワインを頼み、にこりともせず食事。しかも、お店の用意した誕生日の記念ケーキを「誕生日は明日だから」と断る。周囲と壁を築き、傲岸な雰囲気を漂わせつつ、つまらぬ感情に左右されたくない・・・そんな感情がダブルブレストのダークスーツから漂っています。

 

 kanteisi-550

 

ヴァージルには人に言えない秘密の楽しみがあります。

 

スペアの手袋がずらりと並んだ棚のスイッチを押すと、そこには電子ロックのかかった部屋があります。中に入ると・・そこは、ヴァージルが自ら落札した世界中の美人画が壁いっぱい飾られています。

 

映画に真実味をもたらすために、このシーンは何と正真正銘本物の絵を美術館から借り受けて撮影したということです。・・・なんと7割が、本物の作品です。

 

the-best-offer04

 

・・・スクリーンいっぱいに映るこの部屋のシーンは本物の力があります。

 

ヴァージルは独り、にこりともせず絵の中の女性たちを眺め愉しんでいます。表情は変わらないものの、ダブルのジャケットのの前ボタンは外れている・・・この表現だけで、ヴァージルがこの世界だけを愛していることが判るシーンです。

 

 best-offer-2

 

 

中盤の盛り上がり、顔のない依頼人がついに登場します。依頼人は外出恐怖症の若い美人、クリス。仕事上の事もあり、また不思議な構造をもつメカの断片の謎ときもあり、次第にクレアに関心を持つようになるヴァージル。

 

best-offer-1

 

鎧のようなダブルのダークスーツは、シングルになったり、グレーのフランネルやグレンチェックになっていきます。

服の柄と素材で表情の硬い主人公の心境の変化を描いていきます。

 

NewImage21

 

物語が進むにつれ、観客は初老のヴァージルの恋の行方を応援したい気持ちと、映画に流れるエンニオ・モリコーネの不安感を醸し出す音楽に、何かとんでもないことが起きつつあることを予感するようになります。

 

 

・・ここからはネタばれですのでもう止めましょう。

 

 imagesCAWHAIC1

 

映画の最後、ヴァージルの表情には不思議な希望が漂っています。

 

プラハのカフェのヴァージルのスーツは威圧感も無くなっています。

残念ながらこのシーンの写真はどこにもありませんでした。

 

 

・・・・ということで、ぜひ映画をご覧になってください。美と大人の恋心とミステリーを堪能できること間違いなしです。

 

鹿児島では、近くの天文館シネマパラダイスで公開予定です。

http://tenpara.com/index.html