ブログ

【今日のスタイル】早春の東京、オーバーコートも今年最後?

2014年2月26日

 

先週末は、パターンの勉強で、恵比寿のESMOD JAPONにいました。

東京もかなり陽光がまぶしくなり、路傍の残雪も少なくなりました。

 

1395873_224655594367878_73579623_n

 

当店の基本パターンはいわば英国クラシックなのですが、そこに様々なエッセンスを入れてブラッシュアップしています。

 

しかし、現代のライフスタイルにマッチした、「クラシックかつ艶のある」服を目指すために、半年間にわたってジャケットのパターンメイキングの講習を受けて参りました。

 

先日の最終回では、終了証が渡されました。写真は指導の柴山先生と私です。(ちょっと頭の形がおかしくなっています・・・)

 

__ 1

 

柴山先生はイタリアのセコリ式のパターンメイキングも熟知している、

今、日本で最もすぐれた指導者です。

 

今回も深く学ばせていただきました。

 

 

服づくりコースも同時併設していました。

講師の西山先生のご指導のもと、生徒による手作りのジャケットが披露されました。

パターンとハンドの技術がマッチして、とても素敵な服が仕上がっていました。

 

__ 3__ 2

 

 

新しいパターンで仕立てたジャケットは、仮縫いと型紙補正が終わり、

 

これから仕立てに入ります。

 

出来上がりましたら、またこの場で披露させていただきます。

 

 

 __ 5

 

翌日は表参道あたりを散策しました。

 

風は冷たかったのですが、街のディスプレイには早春の気配が漂っていました。

 

__ 4

 

子供からもらった誕生日プレゼントのGiraffのツインタイを付けて、歩いていました。

 

ここではPoter&HardingのThorn Proofのツイードスーツに合わせましたが、

 

ネクタイ自体は春夏ものです。

麻やコットンのジャケットやスーツに、このネクタイ締めて過ごしてみたいです。

手前みそですが、センスいいプレゼントでした(笑)。

 

 

6__

 

 

森美術館の「アンディ・ウォーホル展」。

 

シルクスクリーンのポップアートはもちろん、ブレークする前の

商業デザイナー時代の作品は、見る人の心を魅了する温かみと描写が驚きです。

 

 

ああ、しかしオーバーコートの季節もおしまいですね・・・。

 

 

来週からはスプリングコートに切り替える予定です。