ブログ

【今日のスタイル】 「Harris Tweedのだいじなコート」をお直ししました

2014年1月23日

三洲堂テーラーの 福留 です!

 

大寒を過ぎましたが、相変わらず寒いですね。・・・・ここ鹿児島も今朝は-3℃。快晴ですが、北風も冷たくて、厚手のオーバーコートが欠かせません。

 

私の愛用のハリスツイードのコートはかれこれ10年以上愛用しています。これは作冬、旧ブログにアップした写真です。この時も雪が降って、ハリスを引っ張り出した記憶があります。

 

c0168223_17273235

 

しかし、このコートも10年を超えますと、付き合いも長くなり、ちょっとマンネリ気味になります。

素材もハリスツイードだし、少しリフォームしようと考えまして、手を入れてみました。

 

P1020965

 

まず、釦をもう一つ追加しました。写真のように釦を留めるときは、襟を立てて着用します。

 

着丈は10cmカットしました。軽やかなハーフ丈になりました。

 

肩幅を詰めました。片方から1.5cmづつ詰めました。

 

c0168223_17275151P1020967

 

BESPOKEで仕立てたお洋服は、もともと「持ちがいい」上に、痛んだり飽きがきても、手直ししながら永く付き合えるのが特徴です。

 

 

そんなコートの直しに夢中になっていたら、タイミングよくこんな絵本が、新聞でも紹介されていました。

51AZKDZFFTL__SS500_

シムズ・タバック著  「ヨセフのだいじなコート」 (ほんやくえほん)

 

内容は・・・・・・

ジョセフのオーバーコートが古びてきたので、その生地でジャケットを作った。

ジャケットも古くなったので、今度はベストを作り、スカーフ……と元の布地が小さくなり、しまいには小さなひとつのボタンになる。

ボタンを無くして次に作るものがなくなったジョセフは、「では、このお話を本にしよう!」と言う。

いつでも「無」からなにかを作り出すことができるのだ、と教えてくれる絵本。

 

この本、ちょっと感動しました!

私たちテーラーの仕事とは何だろう? という事も考えさせてくれる、楽しい絵本です。

 

 

思い出深い大切なお洋服の「お直し」は、経験を積んだ 三洲堂テーラー へご相談ください!