ブログ

【今日のアトリエ】師走のアトリエは、(裁断・裁縫)士走です!

2013年12月16日

三洲堂テーラーの福留です。

 

12月もついに中盤を過ぎました!

 

三洲堂テーラーのショップ&アトリエは「戦場!」とまではいきませんが、大変な現場になってきました。

 

4

 

接客の現場では、生地とデザインが決まり、型起こししたのに、イタリアから生地が届かない!シャツの伝票が廻ってない、採寸帳はどこいった。おい満留君どうなってる? 年内間に合うの? あれ、社長に伝えましたよね・・・・などなど?

 

5

 

裁断士のテーブルでは、ひたすら補正と型紙直しが繰り返され、かつ私や裁縫職人からの、個別のお客様のディテールに関する確認や、つっこみが繰り返され、

ねえ、川路さん(君)、この襟腰の高さどうなってる、型起こしのネックの高さが最近足りないんじゃない? いやいや社長の採寸があまかったんじゃないの・・・・などなど?

 

3

 

裁縫士の現場では、私や川路裁断士や、お客さまからの、仕様の確認や変更、釦の手配や裏地のカット、ネームはどうする?

比翼の中は裏地と同色?どうするの満留君、ちゃんと確認とったんかな? いや社長そんな厳しい納期はやれないよ・・・・などなど?

 

1

 

毎年恒例とはいえ、12月30日まで、こんな状態が続きます。

 

今日はそんな師走の日常の景色をお届けしました。