ブログ

【オーダーベルト】フランス極上のカーフDU PUY(デュ・プイ)社のベルト、期間限定受注開始!

2019年6月26日

1948年フランスで創業したDU PUY(デュ・プイ)社は、世界最高水準のタンナーです。

 

「キング・オブ・タンナー」と呼ばれるその製品は、フランスを中心に厳選された最高品質の原革のみ使用し、独自のなめし製法と染色技術で他社を引き離しています。

 

 

tdp

 

 

ファクトリーでは、エルメスを筆頭に、有名ビッグブランドのバッグなどの革も作られています。

 

 

hdp

 

 

 

このDU PUY社の革で、ベルトをオーダーメイドでお仕立いたします。

世界最高峰のしなやかで繊細なキメの細やかな表情、すばらしい発色の革で作るオーダーメイドのベルトをぜひご検討ください!

 

 

 

dl_img_belt4

 

 

 

手元にDU PUYのベルトがやって来ました。

 

CHATEAUBRIAND(シャトーブリアン)と呼ばれる独自のクローム鞣しにセルリアン仕上げされたソフトで繊細な表情があります。

 

 

IMG_3458

 

 

DU PUY社によると経年変化で深みを増す、極上の素材ということです。

ベルト背面にはDU PUY社のロゴと品質が刻印されています。

 

 

IMG_3459

 

 

今回のコレクションは全部で10色。

 

 

 

dl_img_belt2

 

 

上記CHATEAUBRIAND(シャトーブリアン)が5色。

 

 

 

dl_belt_chateaubriand_black

 

 

dl_belt_chateaubriand_brown

 

 

 

 

SPORTLUX(スポーツラックス)

 

独自のクローム鞣しに加え、その名前の通り、スポーティーな表情の加工が施されています。

 

dl_belt_sportslux_black

 

 

dl_belt_sportslux_navy

 

 

 

MAROCALF(マロカーフ)

 

水シボ模様のエンボス加工をほどこし、上品な艶に仕上げました。

弾力感がありコシのある硬さが特徴です。

 

 

dl_belt_marocalf_black

 

 

 

バックル、ステッチ、長さなどをお選びいただき、そこから国内の革工場で一本ずつ仕立てます。

 

基本オーダー代金は、一本¥18000(税別)になります。

 

 

特別受注期間が設定されています。

 

① 7月1日~14日 の受注分は8月30日お渡しいたします

 

② 7月15日~31日 の受注分は9月13日に納品になります。

 

 

dl_img_belt3

 

 

 

この機会に、希少なDU PUY社の世界最高品質の極上カーフベルトをオーダーしてみては如何でしょう?

 

皆様のご来店をお待ちしております!!

 

 

三洲堂テーラー

鹿児島市東千石町18-8BIGIビル2F

099-224-6255

ご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ!

 

WEBサイト

http://sansyudo.co.jp/booking-visit/

 

FACEBOOK

https://www.facebook.com/sansyudo/

 

INSTAGRAM

https://www.instagram.com/sansyudo1930/?hl=ja

 

【実践講座】華麗なポケットチーフ・・「フラワー」の作り方

2018年9月17日

このWEBサイトでも人気のある投稿記事が、こちらのポケットチーフ「フラワー」の作り方をご案内するページです。

 

追加参考リンクも最後尾に張りましたので、ぜひご覧ください!

 

 

 

ポケットチーフの差し方、魅せ方の中で、

最もエレガントなスタイルは、通称「フラワー」です。
このカタチは、いわゆる「パフ」の類ですが、

無造作にポケットに入れ込む「パフ」より、

カタチがきれいに整うので、私も一番好きなスタイルです。

 

 

 

チーフ差し方の実践講座は・・・・コチラ!

 

 

 

まず、①左手のひら(利き手が左なら右手)を広げます。

 

 

c0168223_18414672

 

 

 

②次に、広げたポケットチーフを手のひらに乗せます。

 

c0168223_18423834

 

 

 

③左手の指の間に、チーフの上から右手を広げて乗せます。

 

c0168223_18441662

 

 

 

④右手をそっと外し、左手で差し込まれたチーフの襞をまとめます。右手で襞を整えます。

 

c0168223_18463274

 

 

⑤左手の襞をまとめます。この時点で、上から見ると花びらのようなカタチになります。
ここでうまくいかない場合、最初からやり直します。

 

 

 

c0168223_1848132

 

 

⑥胸ポケットに、お花の様なカタチを整えつつ挿しいれます。これで完成です。
胸に美しい花を咲かせて、スーツをよりエレガントに見せてください!

 

 

 

__ 2

 

 

 

 

※余談ですが・・・・

 

ポケットチーフは、普通のサラリーマンのスーツスタイルには少々派手に思える事でしょう。

 

私は昔大手精密機器メーカーで営業をしていました。営業は基本的にダークスーツ、という社風の堅い企業でした。30歳の頃、大手証券会社の担当営業の方と同行する機会がありました。私が担当していた企業は中堅企業が多かったので、日本を代表する大企業を担当する営業の人はどのようなものなのか、関心がありました。

 

その方は年齢40代後半、かなりのベテランです。見た目はどこにでもいそうな、ダークスーツを着た少々小太りの柔和なおじさまでした。ただし、1点だけ目を引くポイントがありました。胸ポケットに赤いチーフを目立たぬようにそっと差していたことです。

 

その赤いチーフが胸にあることで、小太りのおじさまの存在はとてもエレガントで洗練されたイメージになりました。不思議なことに全ての振る舞いも洗練された感じがしてきました。

・・・ああ、この方はこうしてこの会社から信頼されているんだな、と感じました。

 

一枚の赤いチーフ、それも胸ポケットから頭がちょっと覗いている位・・それがいつまでも記憶に残っているポケットチーフの原風景です。

 

 

 

 

 

追記 : ポケットチーフ関連は以下もご参考ください

 

 

①ポケットチーフの華麗な差し方、「ピーク」

 

②【クールビズ考】大判ポケットチーフ入荷中です!

 

③大島紬ポケットチーフ「FIX PON Amami」入荷しました!

 

 

 

 

 

【インスタ】ネクタイについて・・・

2018年6月3日

当店スタッフ、福留理恵子のインスタグラムをご紹介いたします。

 

よろしければのぞいて見て下さい!

 

 

アカウント名:

 

rieko_bespoke_tailor

 

 

 

IMG_8084

 

 

中学生の頃、父が紫色のネクタイの付いている からし色のシャツを買ってくれて、締める 練習をしました。

 

そんなシャツを、子供の頃は気恥ずかしく思っていました。でも父は私に似合うと思って 買ってくれたのかな・・・。それが今は嬉しいことです。.

 

 

IMG_8014

 

 

最近オーダーした、台襟の高いシャツを着たら ネクタイが締めてみたくなりました。

 

 

IMG_8074

 

 

その昔 クロアチア兵が首に巻いていたスカーフが起源のクラバット=ネクタイ。ルイ14世を守る戦場で士気を高める赤いクラバットを見てみたい・・・。

 

今に至るまでネクタイは、男性のシックな服のトーンに 唯一色柄の遊びの出来るポイントです。

 

 

 

IMG_8013

 

 

私的には、クールビズは ちと つまらない。

 

今週は新しい夏のネクタイが入荷します!

SCABAL&FAIRFAX、どちらも素敵です。

 

暑い夏、シャツにネクタイを締めている男性の姿・・・。

 

ネクタイは男性美の一つだと思いませんか?

 

 

【本格革靴】珍しい専門店、LOOPさんのご紹介

2018年5月5日

GWの中休み、今日は鹿児島では珍しい本格革靴ショップをご紹介します。

 

 

LOOP(ループ)

鹿児島市東千石町15‐13

 

099 248 9008

http://www.loop-kagoshima.com/

 

 

3D555A09-C9AE-4546-BEDC-B8B7A3331992

 

 

 

LOOPさんの特徴は・・

インドネシアの本格革靴ブランド、JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)、

日本人が企画したイタリア製靴ブランド、RGB(ロイヤルゴージブリッジ)、

こちらもイタリアの革バッグブランド、BUTTERO(ブッテロ)

などを扱っているところです。

 

 

 

669E18B2-4A3D-4F3D-9CBE-725656FE6773

 

 

 

 

8CCAA0B8-B467-4892-8147-10B98B57C46C

 

 

 

 

特に、1919年にテデ・チャンドラによってインドネシアで創業した

靴工場JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)は、日本でも有名になって来ました。

 

 

E720CF69-1184-48C3-889C-EAD87DA076FB

 

 

戦前、インドネシアはオランダの植民地であったことから外国人向けのミリタリーブーツを生産していました。

 

大東亜戦争後に独立したインドネシアにおいて、2代目経営者の「これからは平和の時代だ」という想いから、靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンで修行を積み、フランスでは皮革の生産を学び「ハンドソーンウェルテッド製法」での靴作りを可能にしました。

 

ハンドソーンウェルトは、有名なグッドイヤーウェルトの元祖となる製法です。ハンドメイド技術を駆使した、堅牢かつ履きやすい靴が作り出されます。

 

驚くべきはそのプライスです。

一足¥30,240からという、クオリティに対比して信じられない程のリーズナブルプライスです。

 

 

 

6A78A4F8-5A71-4DDA-81FC-68897AEEB560

 

 

現在、LOOPさんにおいて

「JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)」POP UP EVENTS

を、5月6日・日曜日まで開催中です。

 

 

JALAN SRIWIJAYAを代表するクラシックな本格革靴が、

スタイルごとに豊富な色とサイズを用意しています。

 

 

映画「キングスマン」でも有名になった、オックスフォード(=内羽根式ストレートチップ)、プレーントウ、ブローグ、モンクストラップ、Uチップ、チャッカーブーツなどなど。

私の様なサイズ6という小さいサイズまで用意されているのがうれしいフェアです。

 

 

E33AC994-1A92-43D9-A744-7EF20923AA03

 

 

 

ちなみに私は黒のダブルモンクストラップを購入しました。

 

本当はダークブラウンのプレーントウも欲しいのですが、茶系の靴ばかり買ってばかりで、黒をどうしても揃える必要がありました。

 

 

0794D44B-66C5-4509-9DB7-E82A178C4173

 

 

LOOPさんではイベント期間中、靴を購入したお客様にJALAN SRIWIJAYAのシューホーンまたはピッグヘアの靴ブラシをプレゼントしています。

 

 

 

C4E3982F-5172-4D9F-9567-0BA2F993DCFB

 

 

しかし、私はもう一足気になる靴を見つけてしまいました。

 

RGB(ロイヤルゴージブリッジ)のブラックのスリッポーンです。いい感じにカジュアルで、ステッチの入ったスーツやリネンやコットンのパンツに、インナーソックスで履いたらいい感じになりそうです。

来月、まだ売れていなかったら買おうと思います。

 

 

ちなみに、、、LOOPさんは、靴の修理も引き受けていますので、大切な革靴の補修などもご相談されてはいかがでしょうか?

 

ということで、このGWは色々と欲しいものが沢山出てきた、困った一週間となりました。さあどうしよう、、、?