ブログ

【新商品】着まわし良い・・カノニコのダークスーツ

2017年6月7日

いよいよ6月、梅雨入り宣言となりました。今日は朝からバケツをひっくり返したような大雨でした。ここ鹿児島は国内第一位、南北に600kmという長さがあります。南半分の奄美群島以南は梅雨明けが待たれるところです。写真は雨のガクアジサイ。綺麗な花を咲かせています。

 

 

aji2 aji

 

 

 

とても着回しの良いダークスーツが完成しました。

お客様は普段営業職で毎日スーツを着なくてはなりません。しかしビジネスでもプライベートでもカッコよくスーツを活用できたら言う事ありません!

 

 

 

cdark (1)

 

 

ということで、イタリアのカノニコ(CANONICO)定番のトロピカルウール、230g/mのシックな消し縞の生地を使ったスーツが完成しました。

 

cdark (8)

 

 

ベースはとてもダークなネイヴィーです。光の当たり具合でストライプが見え隠れして魅力的です。

 

 

cdark (10)

 

 

cdark (9)

 

 

生地に粘りがあり、肩や胸も立体感が出ています。

 

 

cdark (11)

 

 

ボタンはナット釦で4個釦をボタン間ノーマルで付けています。体格が良いお客様なので重ね付けはお選びになりませんでした。

 

 

cdark (2)

 

 

cdark (3)

 

 

ライニングはエンジです。

表生地と対照的な刺激的なライニングの色がまぶしいですね!

 

 

cdark (4)

 

 

お客様にモデルになっていただきました。

常にお身体を鍛えていらっしゃるので、補正もかなり大幅にさせていただきました。

 

 

cdark (6)

 

 

cdark (5)

 

 

 

黒のインナーに着用してもいい感じです。

ビジネスのみならず、プライベートでも様々なシーンでご活用いただけるとありがたいですね!

 

 

cdark (7)

 

 

 

CANONICO Super110`s WOOL 230g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000

 

SARTORIA(パターンオーダー)・・・¥71,600

 

 

 

【新商品】Bulmer&Rumb、AIR WOOL 真夏のスリーピース!

2017年6月4日

「AIR」が冠詞に付けられた生地コレクションは、英国生地に多く、ドーメルの「FRESH AIR」、「AIR WAY」などありますが、中でも今日ご紹介するバルマー(ブルマー)・アンド・ラム社(Bulmer & Rumb)の「AIR WOOL」は最もメジャーな生地です。

 

 

 9

 

 

もともと「AIR WOOL」は通気性が非常に良いメッシュ(フレスコ)織り、270g/mのピュアウールです。バルマー&ラム社傘下のグループ企業「エドウィン・ウッドハウス」が手掛けていたコレクションで,ウッドハウスはこの盛夏用生地が当たり有名になりました。現在「AIR WOOL」は親会社のバルマー&ラムが引き続き販売しています。

 

 

 11

 

 

ちなみにバルマー&ラムは、もともと1920年に染色工場としてスタートした企業ですが、英国を襲った数々の不況を切り抜け、現在は傘下に「エドウィン・ウッドハウス」や「テイラー&ロッジ」などを有する英国でも有力な繊維総合企業となっています。

 

 

12

 

英国を代表するバルマー&ラムの織物工場には、英国紳士服飾の守護者でもあるチャールズ皇太子も視察に訪れました。高級紳士服地を始め、軍服や制服生地、ホームファブリックまで幅広く手掛けています。

 

HPはこちらです

 

 

1

 

 

そのAIR WOOLで仕立てた、スリーピーススーツが仕上がって参りました。

 

 

8

 

 

えっ?夏なのにスリーピース?となりますが、お客様は高級輸入車を販売される営業職をされています。スリーピースを着用して店頭で接客したりお客様先に訪問すると、受けがとても良く、印象に残るとのことで、猛暑以外は基本的に「三揃」スタイルです。

 

 

3 

 

 

といっても日本の夏は厳しいものがあります。そこにフレスコ織りの通気性の良い「AIR WOOL」は強い味方になってくれるわけです。

 

 

 4

 

 

英国調のシックな1.2センチ幅ペンシルストライプがダークネイヴィーのベースに刻まれたクラシックな生地をお選びいただきました。

 

 

5 

 

 

シンプルなシングル2個釦、センターベント。ジャケットは背抜きで、ウェストコートが入ります。

 

 

2

 

 

英国のフレスコ織りの生地は手触りがカリッとしたドライタッチです。メッシュで甘く織っていてはヒザも出てきますから、あくまでもしっかりとした打ち込みで織り上げられています。肩や胸のボリュームや立体感も出ています。

 

 

6 

 

 

ボタンは本水牛の艶有黒です。英国調を貫きカフスのボタンは4個のノーマル配置です。

 

ライニングは気分的にも暑苦しくないよう明るめのグレーをチョイスされました。

 

 

7

 

 

英国生まれの長い歴史を持つ夏用生地「AIR WOOL」のスリーピースを着用されたお客様。そのお仕事のお役に立ってもらえますとこれ以上のことはありません!

 

 

 10

 

 

 

Bulmer&Rumb AIR WOOL 270g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥189,000

 

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥84,400

【新商品】ライトグレーのスーツにピンクのライニング!

2017年6月1日

店内の一角、ボディに掛けておくだけで初夏らしい明るい気持ちになるお洋服があります。存在感溢れるライトグレーのジャケットは、夏服としてお客様がオーダーされたカノニコのハイツイスト(強撚糸)サマーウールでお仕立てしました。

 

 

1

 

 

このハイツイストシリーズは毎春夏カノニコが夏服の定番としてリリースしています。グレーやネイヴィーの濃淡プレーンのコレクションが揃っていて、スーツやパンツの生地とに重宝しています。シワになりづらく、扱いやすいので春夏のビジネスウェアにはもってこいです。

 

 

2

 

 

今回はシンプルなシングルブレスト2個釦、センターベントでお仕立ていたしました。

 

 

3

 

 

ただし、ハンドステッチを端から7mmに打ちましたので、ちょっとカジュアルな雰囲気が感じられます。

 

 

10

 

 

ハリのあるハイツイスト生地ならではの立体感が出ますので、着用するのも楽です。シワも取れやすいので数日間の出張にも持って来いですね。

 

 

5

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛の艶消しです。体格のいいお客様のリクエストで、最近流行の重ね付けでは無く、正統派の4個釦、「ボタン間無し」にしました。

 

 

7

 

 

ライニングは明るいピンクをお選びいただきました。ライトグレーにピンクがとても夏らしい配色で、気分も上がりますね~!

 

 

8

 

 

夏の背抜き仕立てでさわやかに・・・

美しいコントラストとなりました!

 

 

9

 

 

 

 

CANONICO High Twist wool 240g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥178,000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥70,400

 

パンツ・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥52,000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥28,000

 

 

【新商品】テイラー&ロッジ、シャドウ・ウィンドウペン!

2017年5月31日

とてもスタイリッシュな印象の生地で、スーツをお仕立ていただきました。

使った生地は英国の名門ミル(織物工場)、テイラー&ロッジ(TAYLOR &’ LODGE)のウール&モヘア生地です。

 

 

iwa

 

 

シャドウ・ウィンドウペンと表記しましたが、ベースはウール(LUMBS GOLDEN BALE)&モヘア(30%)、240g/mの光沢ある上質な生地です。そこにタテ4.5センチ、ヨコ3.5センチほどのやや長方形のウィンドウペンが織りで入っています。

 

 

iwa (7)

 

 

 

一件派手に見えるシャドウのウィンドウペンですが、角度により全くの無地に見えたり、光線の角度でくっきりと浮き上がったり、とても表情豊かでスタイリッシュです。

 

 

iwa (10)

 

 

テイラー&ロッジのこのクラスの生地になると、しっかりとした打ち込みで仕立て映えします。肩や胸からウェストにかけてのドレープも英国製高級生地ならではの深みある陰影が出ています。

 

 

iwa (9)

 

iwa (8)

 

 

ボタンは最近ラインナップされた練り釦(プラスチック製)を使いましたが、これが立体的で面白いデザインです。プラスチックだからと馬鹿には出来ません。職人の手作りで製作している練り釦は価値があると思います。

 

 

iwa (2)

 

 

ライニングは明るめのネイヴィー。

表生地のダークネイヴィーよりも少し明るいネイヴィーは、サイドベンツを背抜きで仕立てると美しいものですね!

 

 

iwa (5)

 

 

 

iwa (3)

 

 

 

この夏の高級スーツの定番生地になりそうな予感です。

 

 

 

iwa (6)

 

 

 

TAILOR &LODGE WOOL(Lumbs Golden Bale)&MOHAIR(30%)

 

スーツS上下・お仕立て上り(税別)

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥229,000.

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥113,200.

 

 

 

 

2個釦