ブログ

【充実】今シーズンの三洲堂テーラーはリネン(麻)がすごい・・

2018年3月7日

今シーズンは久々に麻(LINEN)の生地サンプルが多数揃いました。

 

スーツやジャケットでは、定番のゼニアを筆頭に、アンジェリコ(ANGELICO)、カチョポリ(Caccioppoli)、スペンス・ブライソン(SPENCE BRAYSON)、ミツボシ毛織等。

 

 

cl

 

 

シャツでも、スペンス・ブライソン、ハードマンズ・リネン(Herdmans Linen),

カンクリーニ(CANCLINI)、アルビニ(Arbini)などなど。

 

 

6

 

 

特に本場アイルランド製のアイリッシュ・リネンで評価の高い、スペンス・ブライソンのスーツ&ジャケット、シャツ生地はコレクションの色柄の豊富さに驚きます。

 

 

4

※アイリッシュリネン スーツ地

 

 

1

※アイリッシュリネン シャツ地

 

 

 

アイリッシュリネン、定番のオフホワイトで仕立てたスーツはこのような感じです・・・。

 

 

linen-jkt

 

 

 

300g/mというしっかりとしたウエイトですから、仕立て上りもしっかりとしたフォルムになります。ハンドステッチ、一枚仕立て・・・ピュアリネンならではのクラシック感が漂います。

 

 

linennjkt

 

 

 

こちらはイタリアのリネンメーカー、アンジェリコのコレクションです。全18色柄です。少し薄手の270g/mのウェイトは、夏に着用しても楽しめます。

 

 

5

 

 

 

アンジェリコのピュアリネンで仕立てたネイヴィースーツです。

ニットタイを付けてもいい感じですし、リネンのシャツを合わせるとさらにイイ雰囲気です。

 

 

linesuit

 

 

こちらはイタリアの高級シャツメーカー、アルビニのピュアリネンシャツを水洗いした写真です。ぴっちりとアイロンを効かせるのもいいですが、このように洗ってそのままでも力の抜けたカジュアルな雰囲気になります。

 

 

1.ロンドンストライプ

 

 

リネンシャツはこの写真のように、ネクタイを締めてビジネスカジュアルで着用すると、周囲と一歩差が付く上質感が漂います。

 

 

linen1

 

 

オープンなイタリアンカラーにすると、デニムやリネンのパンツの上に一枚で着てもカッコいいです。

 

 

line (2)

 

 

 

もちろんレディスシャツもオーダーが出来ます。今日ご紹介したシャツ生地は全てレディース仕立てが可能です。

 

 

linen2

 

 

ということで、

リネンシャツ&スーツの仕立て上りのプライス(税別)は以下のとおりです。

 

 

ura

 

 

ピュアリネンシャツ・・・¥15,000から

※納期約20日間位

 

 

ピュアリネンスーツ・・・

 

フルオーダー(一枚仕立て)¥208,000から

※納期約一カ月

 

パターンオーダー・・・¥73,4000から

※納期約35日

 

 

 

今シーズン、素敵なピュアリネンのシャツやスーツをオーダーしてみてはいかがでしょうか?

 

【ランバン】個性的なチェックのスリーピース登場!

2018年3月2日

春のスターターフェア 好評開催中です!

 

フルオーダーでは・・・

オーダーシャツまたはインポートライニングをサービス

 

 

パターンオーダーでは・・・・

オプションボタンまたはシロセットプレス無料です!

 

 

IMG_4300 IMG_4301

 

 

 

 

 

フランスブランドのランバン(LANVIN)は、設立直後からメンズウェア部門に力を入れています。
ハイクオリティな紳士服やネクタイに使われる「ランバンブルー」と呼ばれる美しいブルーはランバンを表現するカラーです。

 

 

11

 

 

そのランバンブルーを取り入れた美しいチェックのスリーピーススーツが仕上がりました。

 

 

1

 

 

ベースはネイヴィーですが、その上に交互に重なるチェックは、起伏感あるブルーのスラブ糸を使い、浮彫の様な立体感を出しています。

 

 

8

 

 

表面のスラブ糸の背景には、ネイヴィーの濃淡で大きめのウィンドウチェックを配置しています。

 

 

3

 

 

そんな複雑な織りのこのランバン生地のスーツ、随所にお洒落ポイントが隠されています。

一つ目のポイントは、カフスの薩摩釦です。

 

 

5

 

 

薩摩釦は最近でこそ知られるようになりましたが、元来幕末明治初頭の薩摩の特産品として欧米に輸出された美術品です。

 

現存する往時の薩摩釦は骨董品として価値があります。最近は陶芸作家の方や薩摩焼の窯元も薩摩釦に取り組んでいます。

 

 

12

 

 

この薩摩釦は美山の沈寿官窯の作品です。

 

当代の沈寿官自らデザインしたモダンなゴールドのスカルは、「魔除け」的な存在としてカフスの先端でキラリと光っています。

ボタンホールの糸色もゴールドにしました。

 

 

4

 

 

隠れた2つ目のポイントは、ライニングです。

 

写真では正確に色を表現できず申し訳ないのですが、ピンクの美しいドット柄です。英国LBD社のコレクションから取り寄せました。

 

 

6

 

 

当然ながらウェストコート(ベスト=チョッキのことです)の背中もこのドットです。脱ぎ着する際にチラリと目立つ、数々のインディーズファッションを生み出してきた英国らしいファンキーな柄です。

 

 

7

 

 

最後にオーダーをいただいたお客様にご試着をしてもらいました。

 

大柄なお客様にピッタリなイメージになりました。写真で着用されているシャツもオーダー頂きました。トーマスメイソンのブラックコットンに、グレーのサテン生地でクレリックにされた達人のカスタムメイドシャツです。

 

 

t2

 

 

上質で個性的なインポートの生地やライニング、それにゴールドスカルの薩摩釦というクールなデザインのスリーピース。きっと楽しい事が待ち受けている・・・そんな予感を感じさせる服ですね!

 

 

t1

 

 

ランバン生地は、この春夏も充実したコレクションを展開中です。

ぜひフランスのエスプリ「LANVIN」をいい雰囲気でオーダーしてみませんか?

 

 

5

 

 

LANVIN COLLECTION  Super120Wool , WOOL&MOHAIR

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

パターンオーダーメイド・・・・・・・・・・¥104,800~

 

フルオーダー(仮縫付・ハンドメイド)・・・¥218,000~

 

 

 

 

 

 

 

 

【新商品】柔らかな春の訪れとドーメルのスリーピース

2018年2月26日

SPRING STARTER FAIR 開催中!

 

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

このようなオーダー特典がございます!

 

 

この冬は鹿児島でさえ非常に厳しい冷え込みが続きました。体感温度は時にマイナス3度ほどになり、南九州に住む私たちには例えようの無い寒さでした・・・。

 

しかしこの数日、太平洋に南向きに開いた錦江湾にもようやく温かな風が入り込みはじめています。

 

鹿児島は本日気温が16度まで上り、天候も良く柔らかな春の日差しが降り注いでいます。郊外の田園では梅が咲き誇り、芳香を漂わせています。

 

 

 

1

 

 

ということで、本格的な春の到来は間近です。

みなさまの春の装いの準備はいかがでしょうか?

 

 

2

 

 

スーツやシャツ、ジャケットなど春物、合夏物などの現物生地や生地見本帳(バンチブック)も多数入荷しています。ぜひご覧くださいませ!

 

 

2

 

 

さて、この柔らかな春の陽光の下で着るのに最適な、英国の高級生地マーチャント、「ドーメル(Dormeuil)」の生地で仕立てたスリーピース・スーツが完成しました。

 

ドーメル=Dormeuil はその語感の如く、フランス人のドーメル家が運営英している「生地マーチャント」企業です。

 

 

dm3

 

 

「マーチャント」とは欧州に特有の企業で、直訳すると「生地問屋」です。

 

日本の生地問屋と違い、英国のドーメルやスキャバル(SCABAL)、ホーランドアンドシェリー(Holland & Sherry)や、イタリアのカチョポリ(Caccioppoli)、ドラッパーズ(Drappers)等の大手マーチャントになると、傘下に織物工場を抱えていたり、大手生地メーカーのカノニコ等を縦横に使ってオリジナルのコレクションを展開したりと、「力」のある企業が存在しています。

 

 

dm1

 

 

ドーメルは出自がフランス人経営者ですが、その扱う生地はほとんどが「Made in England」、すなわちお英国製です。今日ご紹介するオパール(OPAL)コレクションも英国製、260g/mの合服に近い英国生地です。

 

 

3

 

 

ドーメル生地の特長は、見た目と手触りの柔らかさにあると思います。

この生地もダークネイヴィー地に、ブルーとベージュで構成されるグレンチェックが織り込まれた豊かさを感じさせるタッチです。

 

 

4

 

 

ジャケットはオーソドックスなシングル2個ボタン、センターベント。ウェストコート(ベスト=チョッキの事)は、ストレートなフロント5つボタンです。

 

 

5

 

 

7

 

 

ボタンは本水牛の艶消し。ライニングはキュプラの明るめのネイヴィーです。私は個人的にこのキュプラのネイヴィーが好きです。パターンオーダーの協力工場のストック分で見かけて以来、当店でも取り寄せて自分のジャケットにも使いました。

 

 

6

 

 

8

 

クラシックな英国生地を、フランス的感性でアレンジし展開するドーメル。

 

今シーズンもベストセラー「アマデウス(AMADEUS)」を中心に展開いたします。アマデウスは230g/mのSuper100`sウール。そのタッチはとても柔らかく、着心地の良いスーツになります。

 

 

10

 

 

色柄もベーシックなダークスーツを全て揃えつつ、独自のフランス的コレクションを展開しています。気になる今シーズンのプライスは・・・

 

Dormeuil AMADEUS Super100`s 230g/mウール

 

スーツS上下お仕立て上りプライス(税別)

 

パターンオーダー・・・・¥111,000

 

フルオーダー(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥227,000

 

 

 

9

 

 

・・・ドーメル生地でのオーダーをお待ちしております!

 

 

【恒例】ゼニア&ロロ・ピアーナ、早割のお知らせ!

2018年2月11日

エルメネジルド・ゼニア、ロロ・ピアーナ、2018年Spring&Summer生地バンチブックが入荷いたしました。

以下詳細をご紹介いたしますが、この2社につきましては恒例の「早割」がございます。

 

 

ゼニア&ロロ・ピアーナ 早割10%OFF!

 

2月28日・水曜日まで開催!

 

 

生地見本だけではなく各店舗で実際の生地を置いて、より広くお客様に自社生地をみてもらうという目的で、この2社はプレセールをいたしております。

ぜひ、この機会に上質で素晴らしいコレクションをご覧いただきたいと存じます!

 

それでは今シーズンの、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)からご紹介しましょう。

 

 

ant (2)

 

 

生地貼り+写真ボディ付きの見本ブック、「アンテプリマ(ANTEPRIMA)」は、紙質がマットな物になり、光を反射しにくくなってとても観やすくなりました。また、細部(ディテール)が把握できるカット構成も追加しています。

 

 

ant (3)

 

 

各コレクションラインの生地で仕立てられた実際のジャケットやスーツに、ゼニアらしいシャツやネクタイのコーディネートがされていて、装いの参考になります。

 

ant (1)

 

 

 

 

各バンチブックの中では、ゼニアの夏の主力商品をアップした、「SUMMER SUITS」に力が入っています。盛夏向けの「クール・エフェクト」生地に加えて、今年から新商品「STILL LIBERO」が登場しました。

 

 

 

st

 

 

 

「STILL LIBERO」、英語では「フリー・スタイル」とネームが付いた新素材は、ハイツイストと呼ばれる撚りを掛けた糸に、ストレッチ性のあるライクラを掛け合わせ、横伸縮が可能になりました。

ゼニアでは初の試みで、210g/mという夏向け生地は、高温多湿の日本のビジネスマンにとって、大変ありがたい存在です。

 

 

sl

 

 

 

 

オールシーズン、最近は10 Month(テン・マンス)と呼ばれる合服生地コレクションのトロフェオ(TROFEO)。Super150クラスの細番手のファインウールで織り上げた上質素材は、240g/mと春先から夏まで、夏の終わりから冬までの長い期間(※ゼニアがそう記載しています)使える生地です。

意欲的なトレンドの明るいネイヴィーからチェック、もちろん一番人気の上質無地までコレクションしてあります。豊かな気持ちになるバンチブックです。

 

 

 

tro

 

 

 

 

「I PREZIOSI」・・・従来はトロフェオブックの中にUPされていた、ゼニアのフラッグシップ生地、「15milmil15」「14miimil14」が一冊にまとめられました。Super170クラスのオールシーズン生地コレクション。すばらしい奥行き感、滑らかな手触り。まさにプレステージラインです。

 

 

mil

 

 

 

トラヴェラーは、サブタイトルに「4 SEASONS」が付きました。250g/mの本格的なオールシーズンビジネス生地です。きめ細やかで美しい表面感ながら、シワの回復性を実現しました。ゼニアによれば、「真冬以外に使っていただきたい」生地コレクションです。

 

 

trv

 

 

 

 

三洲堂テーラーで扱うゼニア生地コレクションのなかでも、非常に人気のあるバンチブックは、「コットン&リネン(COTTON&LINEN)」です。

 

特にリネン(麻)のスーツ生地は、私の先代から定番品として定着、いまでもお客様の数十年前のゼニアのリネンスーツがドッグ入りすることがあります。夏を何度も乗り越えた上質なリネンのスーツはクタクタでトロリとした生地感になります。これが人生を旅慣れた「大人の服」な印象になります。お客様もよく欧州の方から「エレガント!」と云われたようです。

 

 

cl

 

 

今年もネイヴィーや生成りのリネンスーツのオーダーが入る事でしょう。今まで5センチ程度の小さなブロック見本でしたが、ようやく正式なバンチブックになりました。かねがねリクエストしていたので、大きな色見本はとてもありがたいです!

 

 

 

 

j

 

 

ジャケットとそれに合わせるパンツ生地は、見開きの生地見本帳になりました。

そのものズバリの「ジャケッツ(JACKETS)」、合わせる無地コレクションの「スーツ&トラウザーズ(SUITS&TROUSERS)」は、ウール&シルク&リネンを組み合わせたクロス・プライ(CROSS-PLY)や、ピュアシルク、コットン&カシミアなど、様々ない素材をうまく組み合わせ、素敵な色彩と柄行きがラインナップされました。

 

 

 

 

jst

 

 

 

さて、今シーズンの正規エルメネジルド・ゼニア生地でのオーダーコレクションのプライスは以下の通りです。

 

 

9

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー/仮縫付・ハンドメイド)・・¥245,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥124,700~

 

 

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー/仮縫付・ハンドメイド)・・・・¥169,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・・・¥85,600~

 

 

各コレクションのバンチブックも揃いまして、

皆様のご来店をお待ちいたしております。

 

・・・・SPRING HAS COME・・・

 

春はもうそこまで来ています。

 

次回はロロピアーナを紹介いたします!