ブログ

【ダブル】SCABAL生地で英国的ダブルブレストスーツ

2018年4月27日

スキャバル(SCABAL)とは・・・

 

1938年オットー・ハーツの手で、ベルギー・ブリュッセルに設立された高級生地マーチャント(問屋)です。

 

マーチャントながら、ブランドイメージはヨーロッパを中心に非常に評価が高く、現在ではトータル高級ファッションブランドとして、ロンドンのサヴィル・ロウに旗艦店を構えています。

 

 

9

 

 

映画でも有名なテーラー「ハンツマン」の隣です。ヨーロッパのみならず世界中の主要都市で独自店舗も展開しています。

 

また、傘下にウェストヨークシャーの織物工場を複数抱えていて、高級感ある個性的な生地を生産しています。

 

 

 10

 

 

 

1970前半には、Super100’sのウールを使用した生地をこの世に初めて送り出し、その後1980年にはSuper150’sのウールを使用した生地を生産したことでも有名です。

 

 

1

 

 

このほどお客様がオーダーされたのは、2018年春夏シーズンのスキャバルを代表するコレクションバンチ、「ゴールデン・リボン(Golden Ribbon)」から、240g/m Super120`sWool、個性的なライトブラウンの生地です。

 

 

IMG_5251

 

 

 

ダブルブレスト、6個ボタン×2個掛け、チェンジポケット付き、サイドベンツ。

まさに正統派の英国調ダブルブレストです。

 

 

5

 

 

この生地の表情は、ベースとなるミドルグレー地に少し赤みがかったブラウンのこまやかな織りをバイアスの入れてある・・・という大変複雑なものです。

 

 

4

 

 

ダブルブレストのピークトラペルは、大柄なお客様に合わせて約11センチになりました。

 

 

3

 

 

生地の色合いからボタンは、スキャバルのロゴ入りワイン系の練ボタンにしました。

このボタン、実は大変人気があり、スキャバル以外の生地にもリクエストでお付けした事もございます。

 

 

7

 

 

ブラウンに明るいベージュでSCABALのロゴをいれたオフィシャルライニングも素敵です。

 

 

8

 

 

ついでに、本切羽にしたカフスにはお客様のご指定で工夫がしてあります。オリジナリティーがあって面白いですね。

 

 

6

 

 

スキャバルの生地コレクションは、このスーツのゴールデンリボンとともに、シルバー・ゴースト(SILVER GHOAST)という夏向けコレクションもございます。

 

 

IMG_5252

 

 

いかにもスキャバルらしい、ウィットの効いたお洒落なスーツやジャケットなら、ぜひ三洲堂テーラーにお越しください!

スキャバル創業以来の公式ディストリビュータとして、ベストなお洋服をご案内いたします!

 

 

2

 

 

SCABAL GOLDEN RIBBON 240g/m Super120`s Wool

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

パターンオーダーメイド・・・・¥130,000~

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・¥253,000~

【パターンオーダー】今夏はカノニコのジャケット+パンツで!

2018年4月20日

いよいよ毎シーズン恒例の人気イベント、

 

OPTION FAIR 2018 Spring&Summer

 

がスタートします!

 

 

①オーダーシャツなら有料オプション3個無料

 

②パターンオーダースーツは、有料オプション2個無料

 

③BESPOKEは、インポートライニングまたは高級ボタン無料

 

 

OPfairMay2014

 

 

正式には5月3日スタートなのですが、

 

当店は21日・土曜日より先行スタートいたします。

 

シャツに関しては、現在品薄状態の生地以外なら、フェア対象として5月3日起算でオーダーを受付けいたします!

 

 

IMG_0570

 

 

 

・・・・ということで、最近夏になると自分でもオーダーしてみたいと思えるジャケットが、こちらになります。

 

 

7

 

 

イタリアの大手高級生地メーカー、カノニコ(CANONICO)のウールメッシュ生地のジャケットです。

 

 

2

 

 

Pure WOOL 280g/mと、一見重そうなウェイトですが、メッシュ織りで通気性がいいし、シワになりにくいので重宝します。

 

 

4

 

 

仕立てはあくまでも柔らかく快適な着心地の、コンフォート仕立て。

一枚芯、ノーパッドで見た目も実際の着心地も、サマーニットの様な感覚です。

 

 

3

 

 

肩はいわゆるナポリスタイルのふらし袖。

袖側が身頃の内側に入ったシャツ袖で、いせ込みの分量がギャザーとなっています。

 

 

 

5

 

 

シングル2個ボタン、サイドベンツ。

ライニングは必要最小限に留めた、一枚仕立てになります。

 

ボタンは本水牛の光沢あるブラウンのマーブル調です。

 

 

6

 

 

カノニコではこのサマーウールメッシュ生地を、合計14種類ほど揃えています。

 

 

 

8

 

 

またセットアップするパンツは、写真の様にコットンやサマーウールを多数揃えています。皆様のお好きな色合いのジャケットと、それに似合うパンツを揃えてみてはいかがでしょうか?

 

 

9

 

 

 

カノニコ(CANONICO)、ウールメッシュ(280g/m)

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥54,200~

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥138,000~

 

パンツ(トラウザー)

パターンオーダーメイド・・・¥25,200~

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥50,000~

 

 

 

1

 

 

パターンオーダーなら、初めてのオーダーメイドもお気軽にご体験いただけます。

 

オプションフェアでは、本水牛ボタンや袖の本穴本開き、シロセットプレスなど有料オプションも、最大¥7,600無料になります。

 

今週末からは、ぜひお気軽に三洲堂テーラーへお越しください!

心よりお待ちいたしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

【パターンオーダー】シルク&ウール、春のスリーピース

2018年4月14日

オーダーシャツ&スーツが大変お買い得!

 

 

VIP INVITATION FAIR 16日・月曜日まで。

 

 

vip

 

 

内容はコチラから!

 

残すところわずか2日間です!

 

 

 

2

 

 

シルク&ウール(10%)、ダブルフェイス260g/mのオールシーズン生地を使ったスリーピース・スーツが完成しました。

 

 

 

 3

 

 

 

 

4

 

 

 

ジャケットは、シングル2個ボタン、チェンジポケット付きのセンターベント。

ウェストコート(ベスト)は、フロント6個ボタンです。

 

 

 6

 

 

 

このシルクウールは「ダブルフェイス」という、表裏違う色の生地を使っています。

グレートーンの表生地に、ブルー系のシルク糸を表裏織り上げ、裏面のブルーを表のグレー地にほんの少し混紡させて、個性的な表情を生み出しました。

 

 

 

8

 

 

 

このスーツの特長は、なんといってもイタリア製の練り釦「セリエ」です。

ブルー系の美しいイタリアのセリエ釦はシックなミドルグレー生地に、個性的なお洒落ポイントをもらたします。

 

 

5

 

 

9

 

 

 

ライニングもネイヴィーをお選びいただきました!

 

 

 

7

 

 

イタリア製 CARLO BARBERA ウール&シルク(10%) 250g/m

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・¥224,000

SARTORIA(パターンオーダーメイド) ・・・・¥103,600

 

 

1

 

 

みなさまのオーダーをお待ちしております!

 

 

 

【パターンオーダー】清涼感あるグレー、カノニコのウール&モヘア夏服

2018年4月9日

一見地味に見えますが、シックで上品なミドルグレーの春夏スーツが仕上がりました。

 

生地はイタリアのカノニコ(Canonico)、ウール&モヘア(16%) 230g/m。モヘア混で適度な通気性があり、しなやかで光沢のあるまさにこれからの春夏服として活用頂けます。

 

 

2
「グレー」という色には、ポジティブイメージとして、上品、落ち着き、穏やか、信頼などがあります。

 

一方、ネガティブイメージとしては、曖昧、無気力、地味という最近流行の言葉で言えば、「テンション低め」といった感じでしょうか。

私たちテーラーの世界では、グレーはお洒落で合わせやすいシックな色というイメージです。

特にミドルからライトの明るめなグレーは春夏に着ると清涼感もあり、おススメです。

 

 

3
日本人は江戸中期以降、グレーを「鼠」=「ねず」と呼び、日本の伝統色として、かつ着物のお洒落な色として流行させました。
微妙な色の違いを楽しむ独特の庶民文化から、「百種類の鼠色」と呼ばれるほどです。
銀鼠、利休鼠、深川鼠、鳩羽鼠、梅鼠、素鼠、小町鼠など灰色系統の和名がたくさん生まれています。

 

5

 
こちらのスーツの色は和名なら「銀鼠」でしょうか。
ちなみに利休鼠は抹茶のような緑がかったグレー。深川鼠は湊鼠ともいわれた藍色がかったグレーです。
色に対する日本人の表現感覚は言葉に現しても素敵です。この感覚は次世代に伝えていきたいですね。

 

 

1

 
2個ボタンシングルブレストの基本デザイン。ただしグレーの生地でサイドベンツにしているので、エレガントな英国調の雰囲気を漂わせます。

 

 

7
ボタンは光沢ある本水牛の茶色、ライニングは同系色をお選びいただきました。

 

 

8

 

 

6
季節は春。このシックで上品な「銀鼠」のスーツが活躍してくれるとありがたいですね!

 

 

10

 

 

カノニコ ウール&モヘア(16%)230g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税抜き)

パターンオーダー(SARTORIA)・・・・・・¥72,000

フルオーダー(仮縫い付きハンドメイド)・・¥178,000