ブログ

【パターンメイド】ロロピアーナ、ZELANDER DREAMでシャープなスーツ!

2018年7月19日

合夏服でもスリーピースをオーダーするお客様が増えてきました。

 

温度管理で言えば、夏期は上下で過ごし、早春や晩秋はウェストコートを付けると過ごし易くなります。

 

 

 IMG_6384

 

 

 

装いの格式でいえば、大切な場面ではスリーピース姿が信頼感と自信に繋がります。

 

 

2

 

 

ライトネイヴィーにブルーのストライプが入ったシャープなイメージの生地は、ロロピアーナの「ジランダードリーム(Zelander Dream)」。

 

 

 

3

 

 

 

4

 

 

 

240g/mのニュージーランド産ファインウールを強撚糸にして、しっかり織り上げたシワになりづらいスリーシーズン素材です。

 

 

 

5

 

 

 

ご要望でチェンジポケットをお付けしました。

  

ベントもサイドに切り、クラシックな英国的雰囲気を保持しています。

 

 

7

 

 

 

ボタンはイタリア製の「ステルス」。プラスティックの練りボタンですが、ブラウン主体の複雑でアートな雰囲気です。

 

 

8

 

 

 

ボタンと同様、ライニングもライトブラウンです。

ロロピアーナのオフィシャルロゴ入りです。

 

 

 

6

 

 

 

ジランダードリームは着用時のクラシック感とシワになりづらい実用性を兼ね備えたスーツになります。

 

 

1

 

 

 

Loro Piana Zelander Dream 240g/m pure New Zealand wool

 

スーツS上下お仕立て上りプライス(税抜き)

 

パターンオーダーメイド   ¥99800

 

Bespoke (仮縫付ハンドメイド). ¥208000

【夏服】ストレッチの効いたグレーの夏用ビジネス・スーツ!

2018年7月8日

昨日からSummer SALEを開始いたしました。

 

今回は特別に、エルメネジルド・ゼニアの最高峰生地、

「15Milmil15 」を、スペシャル・プライスでご提供いたします!

 

詳しくはコチラのページをご覧ください!

 

 

IMG_6538

 

 

 

7/29日まで、4色限定、期間限定で開催しております!

 

上質な合服無地をお探しなら、ぜひこの機会をご利用下さい!

 

 

 

西日本の各地を襲った集中豪雨。

被災された皆さまを心よりお見舞い申し上げます。

 

明日からは梅雨前線が押し上げられ、一週間は晴天が続くようです。

梅雨明けからは、一転真夏の青空が登場する事でしょう。

私もかつてそうでしたが、外回りの営業職にとって、「盛夏」ほどきついものはありませんでした。

そんな真夏の太陽の下、ダークスーツは大変です。

せめて自分は涼しくなくても、接するお客様には「暑苦しい印象」を与えてはなりません。

 

 

2

 

 

今回ご紹介する、トラバルド・トーニャのスーツは、夏服らしいライトグレーの杢調をベースに、うっすらとピンクとグレーのストライプが交互に入った生地を使いました。

 

 

3

 

 

 

涼しげなライトグレーの生地、実はナチュラルストレッチで伸縮がとても効きます。

今シーズン、スーツ業界でとてもブレイクしたストレッチ素材、タイトフィットなデザインのスーツでも、伸縮が効くと着ていてもとても楽に感じます。

 

 

 

4

 

 

ハンドステッチをエッジから7mmに入れました。少しカジュアル感を出して 表情を和らげました。

 

ボタンはイタリア製練り釦「Torino(トリノ)」のグレーをお付けしました。

表情が豊かなライトグレーのボタンが、表生地とよくマッチしています。

 

 

5

 

 

 

6

 

 

 

薄いピンクのストライプに合わせて、ライニングもライトピンクをお選びいただきました。

 

 

7

 

 

 

この夏は猛暑になりそうだとか・・・

 

しかしスーツを着なくてはならないビジネスマンの皆さま、ライトグレーで清涼感あるスーツスタイルをおすすめいたします!

 

 

 

1

 

 

 

TRABALDO TOGNA (トラバルド・トーニャ) 230g/m Stretch wool

 

 

 

9

 

 

10

 

 

 

12

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス

パターンオーダーメイド・・・・・・¥75.800~

フルオーダーメイド(仮縫付・ハンドメイド)・・¥178,000~

 

 

 

 

【台風】決戦はピークトラペルのダークスーツで【W杯】

2018年7月4日

台風7号が九州の真横を通過し、北東に向かっています。

ここ鹿児島でも昨日はかなりの雨風でした。

 

通過していく台風に合わせて、南東からの強烈な風が上空を通りすぎていきます。鹿児島の中心に位置する桜島は最近活動が非常に活発で、今日も(性懲りもなく)噴煙を上げています…。

 

 10

 

 

先日はワールドカップ決勝トーナメント一回戦「日本対ベルギー」の試合がありました。結果は残念ながらいい試合でした。

ベルギーは桜島の上空から下りてくる黒い噴煙のような迫力で攻め寄せてきましたね〜。

強力なベルギーと渡り合った日本代表の奮戦に心より感謝します!

 

 

 9

 

 

 

写真は1920年頃、母国イングランドでサッカーに興じる当時のプリンス・オブ・ウェールズ、すなわち「王冠を懸けた恋」で有名なエドワード8世、後のウィンザー公です。

グレーの3つボタンスーツに中折れ帽子のプリンスは、憎めない性格から英国民の人気はとても高かったようです。

 

 W杯、英国はコロンビアをPKで破り、ベスト8に残りました。サッカーの母国が残っているのも楽しみです。

 

 

 1

 

 

個性的なシングルブレストのスーツが仕上がりました。

ピークトラペル(剣襟)とスラントポケット(斜めポケット)、サイドベンツというデザインです。

 

 

 3

 

 

生地はイタリアのエルメネジルド・ゼニアのクールエフェクト、ネイヴィーにシャドウストライプが入ったシックなダークスーツです。

 

 

 2

 

 

ピークトラペルはダブルブレストスーツではスタンダード。

しかしシングルブレストになると、礼服では使われるますが仕事の背広では少数派です。従って、とてもドレッシーな雰囲気になります。

 

 

4

 

 

腰ポケットもスラントポケットにして、しかもチェンジポケット付き。

全体の雰囲気がとてもシャープなイメージになっていて、なんとなく「勝負服」の様な位置付のスーツという気がします。

 

 

5

 

 

ボタンとライニングはゼニアのオフィシャルを使いました。

いつも思うのですが、ゼニアの本水牛ボタンはそのまま他の生地のスーツにも使いたいくらいのいい雰囲気です。

 

 

8

 

 

 

7

 

 

 

W杯は7月16日の決勝戦まで続きます。

今年は番狂わせも多く、優勝がどのチームになるか判りません。

個人的にはフランスかなと思いますが、高級生地マーチャント、スキャバルの本社がある宿敵ベルギーも有望です。どちらにしろしばらくは各チームの監督が着ているスーツも目が離せません。

 

 

6

 

 

Ermenegildo Zegna COOLEFFECT 220g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税抜き)

BESPOKE(フルオーダー)・・・¥240000~

SARTORIA(パターンオーダー)・・¥119500~ 

 

【パターンオーダー】グレーのスーツを着て「北北西に進路を取れ!」

2018年6月21日

皆様はグレーのスーツのイメージを、どのようにお持ちでしょうか?

 

私の幼少期の頃は、グレーのスーツ姿のサラリーマンを「どぶねずみルック」と揶揄する風潮がありました。私はテーラーの倅として、いやな言葉だなぁ、と思っていました。

 

 

4

 

 

私にとってグレーのスーツは、たびたびTV映画の中でお目にかかった、俳優ケーリー・グラントがのイメージが最も記憶に残っています。

 

映画「北北西に進路を取れ」(原題:North by NorthWest )は、1959年公開のアメリカ映画です。監督はアルフレッド・ヒッチコック、主演は「英国出身の」ケーリー・グラントです。

 

 

11

 

 

映画はこれまで何度もTV放映されているので、観た事のある方も多いと思います。下の写真は、有名な平原で複葉機に襲われるシーンです。

 

 

 

9

 

 

主演のケーリー・グラントが着ているグレーのスーツは、ロンドンのサヴィル・ロウのビスポークテーラー、「スタンバレー(現在はキルガーという店名に変更)」で仕立てたものです。

 

映画用にスタンバレーで同じスーツを5着仕立てたグラントは、シャツやネクタイ、靴まですべて自分で選び、コーディネートしています。スタイリストが出始めた時代でしたが、グラントは映画の中で「ニューヨークの広告代理店の重役」というイメージを演技と服装でとても上手く演じています。

 

 

10

 

 

 

今回仕上がったグレーのスーツは、エルメネジルド・ゼニアの夏服「クール・エフェクト(COOL EFFECT)」生地を使いました。

 

 

2

 

3

 

 

デザインは非常にシンプルな、シングルブレスト2個ボタン、センターベントになります。

夏服らしく背中は裏地を抜いて「背抜き」にしました。

 

 

7

 

 

ゼニアのクールエフェクトは、夏服と言えどもウェイトが220g/mとしっかりとした打ち込みであり、生地自体もそれほどシワにならず、型崩れしないのでとても使いやすいスーツが仕上がります。

 

 

5

 

 

ボタンとライニングもゼニアのオフィシャルを使っています。

 

 

6

 

 

 

8

 

 

グレーにはネイヴィーやブルーが相性の良い色になります。

写真のランバンのネクタイのような、ネイヴィーにドット柄などとてもいい雰囲気になります。

また、グレーのスーツにはぜひ茶色の靴を合わせていただきたいですね。夏らしいいい雰囲気になること請け合いです!

 

 

1

 

 

かつての高度成長期のモーレツサラリーマンは、バブルと昭和の終わりとともに消えていき、今は「ゆとり世代」が若者の中心となりました。

 

せっかくゆとりが出来たのなら、ネイヴィーやブラックだけではなく、ぜひ風合い豊かなグレーのスーツにトライしてみてはいかがかな?と思います。

 

 

Ermenegildo Zegna COOL EFFECT 220g/m SuperfineWool

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥108,400~

フルオーダーメイド(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥219,000~