ブログ

【春コート】3月になったら、デニムのスプリングコートがおススメ!

2019年3月8日

2019年・春夏東京トランクショー 始まります!

 

会場:ホテルニューオータニ東京

 


展示会の詳細は、以下のページをご覧ください。

http://sansyudo.co.jp/?p=24265

 

 

本日3月8日・金曜日17時PM~

 

3月9日・土曜日(終日OKです)

 

3月10日・日曜日(終日OKです)

 

 

tokyoTS TEX

 

ご予約お待ちしております!

TEL 090-1977-5160(福留) 、099-224-6255(店舗)

 

または、コチラからどうぞ!

http://sansyudo.co.jp/booking-visit/

 

 

 

 

3月になりました。日も長くなり、日中の明るさも増してきて、いよいよ春らしい雰囲気になって来ました。今日は気温15度まで上がりましたが、冷たい北風が吹き付けています。

 

 

 

11

 

 

今日ご紹介するスプリングコートは、3月になったら着る服です。

気分的にカシミアやダウンではないが、コートは肌寒いので必要・・・

 

そんな時の選択肢の一つが、デニムのスプリングコートです。

 

 

1

 

 

デニムはカジュアルなイメージの生地ですが、パンツとして使うほかにも、意外に様々な使い方があります。

 

 

12

 

 

生地は英国の大手マーチャントブランド、「ホーランド&シェリー」社のピュアコットンのデニム地です。420g/mとウィンターコットンの部類に入りますが、保温性はそれほど無いので、合服生地として考えると面白いです。

 

 

3

 

 

明るい水色のデニム地は、当然ながらダメージ加工などもしていないプレーンな素材です。ただし、一般的に考えるデニムより少しベルベットに近い滑らかな手触りです。

 

 

 

2

 

 

デザインは6個ボタン×2個掛けのダブルブレストにしました。

このような上質なデニムで少しでも多めに身体を覆いたいと思ったのです。

 

一番のポイントは、襟をアルスターカラーにしたことです。

ダブルブレストのお洋服ならではのピークトラペルでは、少し強すぎるイメージです。しかしアルスターカラーは柔らかい印象になります。

 

 

7

 

 

スタッフの伊達が試着してみました。

コート丈はあまり長すぎず、かといってショートコートまではいかない、やや短めのトレンドな着丈です。

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛の艶消しの明るめのモノをチョイスしました。

 

 

5

 

 

 

ライニングはこだわりました。少し面白い日本国産、山梨県産「甲州裏地」の青海波模様です。キュプラ100%の玉虫色が珍しい裏地です。

 

 

 

4

 

 

 

前ボタンを留めずに着ても、いい雰囲気になりますね!

 

 

 

10

 

 

 

HOLLAND & SHERRY Pure Cotton denim 420g/m

コートお仕立て上りプライス(税別)

 

パターンオーダーメイド・・・¥120000

プレ・ビスポーク(仮縫い付きマシンメイド)・・¥160000

BESPOKE(仮縫い付きハンドメイド)・・・¥198000

 

【FOX BROTHERS】チャーチルも愛した CLASSIC FLANNEL【1772】

2019年3月1日

以前、あるお客様からこう聞かれました。

「大人の男性なら一着は持っておきたいスーツ、どんなもの?」

いつもなら「濃紺のダークスーツです」と言うのですが、お客様はお洋服好きで沢山スーツもお持ちです。

 

 

Mayfair-Churchill-Karsh-2018-699x980

 

 

ちょうどその頃第二次世界大戦下の英国の本を読んでいた私は、度々登場するチャーチル首相の姿が脳裏に浮かびました。

 

 

10

 

 

季節が冬だったこともあり、「フランネル生地のスリーピース、色はチャコールグレーで、出来ればチョークストライプが入ってると良いですね」なんてお話になりました。

 

 

1

 

 

 
チョークストライプのフランネルスーツはまさに紳士の服装だと思います。

ちなみに、ベース色のおすすめはチャコールグレー、ダークネイヴィーの順です。

 

 

2

 
このスーツを着ると体型が締まって見えるし、チョークストライプが主張し過ず、抑えたエレガンス(優雅さ)を生み出しています。

 

 

9

 

 

今回オーダーいただいたスーツは、まさにこのクラシックな「チャコールグレーのフランネルにチョークストライプが刻まれた」スリーピースです。

 

 

 

4

 

 

生地はフォックス・ブラザーズ(FOX BROTHERS)社のクラシックフランネルです。この会社は1772年(和暦では明和9年)英国西部のサマセット州、ウェリントンで創業された老舗のミル(織物工場)です。

 

 

3

 

 

 

ここのミルで織られた、390g/m 100%Super Fine Merino。ややへヴィーウェイトの温かいフランネルです。

 

 

 12

 

 

ウィンストン・チャーチル首相が愛用していた、フランネルのスリーピースもフォックス・ブラザーズの生地を使い、サヴィルロウの高級テーラー、ヘンリー・プール(HENRY POOL)で仕立てていました。

 

 

11

 

 

※下の本は「Savile Row and America」という英国のテーラー、ハンツマン社が出版した写真集の1ページです。

チャーチルを特集した一小節に、このスーツがヘンリープールにより2007年にレプリカとしてリメイクされた事、その際にFOX BROTHERSに生地を織らせたことなどが記載されています。

 

 

 

IMG_0955

 

 

「チャーチル首相」&「SAVILLE RWO AND AMERICA」関連記事はコチラ

 

 

①【映画】ウィンストン・チャーチル(DARKEST HOUR)

 

 

②【SAVILE ROW】紳士服の聖地で購入した「サヴィル・ロウ」の本

 

 

 

 

 

ジャケットのデザインは3つボタン。チェンジポケット付き、サイドベンツ。

まさにチャーチル流の英国的雰囲気が溢れています。

パンツは今風に少し細身で裾はターンナップ。丈も短めに上げています。

 

 

3

 

 

 

 

5

 

 

ウェストコート(ベスト)は6個ボタン。

3つボタンのジャケットとバランスを考えて製図しました。

 

 

 

6

 

 

 

 

ライニングはこちらもメタリックなシルバーがまぶしい、英国LBD社から取り寄せました。

ボタンは本水牛のブラウンベースの艶消しです。

 

 

 

8

 

 

7

 

 

 

完成したスリーピースをご試着いただきました。

 

お客様はTPOに合わせて、BESPOKEやパターンオーダーを使い分けてオーダーをされています。今回は昨夏にお仕立された、英国ウィリアム・ハルステッド社のモヘアウールのスリーピースの型紙を使って「プレ・ビスポーク」でお仕立いただきました。

 

 

 

10

 

 

ご会合やご出張に、このスリーピースを着ると気分も上がると思います。

皆様もワードローブの中にこの手のスーツを一着揃えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

13

 

 

FOX BROTHERS 100%Super Fine Merino 390g/m 

 

スリーピーススーツ・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー・仮縫い付きハンドメイド)・・¥283000

プレ・ビスポーク(仮縫い付き・マシンメイド)・・¥204460

パターンオーダーメイド・・・¥144600

 

 

【エッセイ】週末は BESPOKE TAILOR で楽しい時間を!【Pre BESPOKE】

2019年2月17日

 

IMG_2872

 

 

 

土曜日の午後は、お客様との打合せ ご家族や友人の方もお会いできる 楽しい時間です。.

 

 

 

IMG_2869

 

IMG_2871

※Pre Bespoke での仮縫。初体験の方も多いです。
お仕事の研修で鹿児島に住んでいる お2人と大阪からの ご友人。一緒に仮縫に来店して下さいました。

 

 

 

IMG_2873
.
研究者のY様は 春のジャケットをフェルラ(生地メーカー)にするのか迷って、たくさんの生地の中から ハルステッドに決まりそうです。

 

 

IMG_2875
.
いつの間にか 自分の子供の年頃のお客様との出会いも多くなっています。ネットの時代にわざわざ遠方からここに(鹿児島)お運び頂けるのも 数年前には想像してなかったこと。

 

 

IMG_2874

 

 

 

 

 

東京から帰省され 来店して下さった H君。.
長身のスマートな御体型に、生地はカノニコのブラック・ダブルプレストと!…デザインは さらっとパリッと決まっていきました。.

 

 

 

IMG_2904

 

 

 

 

Bespokeは楽しいと言ってくれる若者たち ありがとうございます。

 

There are a lot of meetings with customers on Saturday and Sunday , it’s fun time!!

 

 

 

 

当店の新オーダーシステム「Pre BESPOKE(プレ・ビスポーク)」が人気です。

 

①着るシチュエーションから生地やデザインを打ち合わせし、

 

②細やかな採寸をした上で、当店の裁断士が型起こしして、

 

③仮縫いフィッティングし、補正をした上で、

 

④提携ファクトリーで縫製する。

 

④の工程以外は基本的に当テーラーのBESPOKE(ハンドメイド縫製)と同じ手間をかけてオーダーメイド服を作ります。

 

 

それまでは、当店も取り入れていた、パターンオーダー工場が請け負う「仮縫い」とフィッティングは、簡略的な補正しか出来ませんでした。

 

 

 

IMG_0678

 

 

もともと工場のCADで組み立てられたモデルで仮縫い作るので、「型紙」すら存在せず、補正項目も着丈や肩幅、袖丈をより正確にチェックする程度の「仮縫い」です。

 

 

IMG_0594

 

 

三洲堂テーラーの「Pre BESPOKE」は、89年の歴史を通して続けているハウスメイドの「型起こし」と経験を基にした「フィッティング」と補正技術により、深くご満足いただけるオーダースーツを手に入れる事が可能です。

 

 

2

 

 

 

フルオーダーのBESPOKEよりプライス面ではご負担がかかりません。

 

ぜひオーダーメイドをご検討の皆様にも、一度ご体験いただきたいと思っております!

 

 

 

人気急上昇! Pre BESPOKE に関しては下記リンクをご覧ください。

 

①Pre BESPOKEについて

 

②【Pre BESPOKE】ホワイト・スリーピース・スーツ!

 

③【Pre Bespoke】イタリアの極上ツイードで「サヴィルロウ・スタイル」のジャケットを

【Pre Bespoke】イタリアの極上ツイードで「サヴィルロウ・スタイル」のジャケットを!

2018年12月24日

イタリアならではの極上ソフトツイード、フェルラ(FERLA)社のベビーアルパカを使ったジャケットが仕上がりました。

 

お客様のご希望で、当店でお客様の型紙を起こし仮縫い補正をした上で、提携ファクトリーにてマシンメイドで縫製する「プレ・ビスポーク(Pre Bespoke)」でお仕立ていたしました。

 

 

8

 

 

【FERLA】

 

最近人気のフェルラ(FERLA)は、北イタリアのビエラ地区の小さな街、トリヴェロにて一世紀以上にわたり、ウールにアルパカやシルクを高度な技術で混紡させた生地を生産しているイタリアのミル(織物メーカー)です。

 

 

ferla-logo

 

f2

 

 

 

その生地は風合いがよくタッチ(手触り)も極上です。特にベビーアルパカ使いのツイード系のジャケット生地は大変人気です。

ここ数年は日本のセレクトショップも、フェルラ生地のジャケットをサプライしています。紳士服地はもちろん、メジャーブランドのレディスウェアに品質の良い生地を供給しています。

 

 

 1

 

 

【お客様】

 

20代の博士課程の研究者の方です。おじい様が当店でオーダーをされていたとのことで、ご縁がありました。若くスマートなお客様はお洋服がお好きな方です。当店ではパターンオーダーで学会発表用のスーツをお仕立ていただいた事がきっかけで、ジャケットのオーダーもいただきました。

 

 

 

9-2

 

 

【ご要望】

 

セレクトショップにフェルラ社の生地を使った魅力的なジャケットがあり、どうせならオーダーでご自身にに合った雰囲気に仕立てたいとの事でした。

 

しかも、イタリア生地をそのまま流行りのクラシコ・イタリア系のデザインで仕上げるのではなく、ご自身が気に入ってらっしゃる英国サヴィルロウのスタイルで作りたい、とのご希望でした。

 

 

【生地】

 

FERLA   46%Wool,37%Alpaca,20%Nylon 480g/m

ということで、イタリアのフェルラ生地の中から、ブラウンのヘリンボーンをお選びいただきました。お客様は以前にもフェルラのチェックのジャケットをお仕立いただいていますので、フェルラならではのモダンツイードな雰囲気と、軽く包まれるように温かい着心地を十分ご存知です。

 

 

9-1

 

 

 

【デザイン&オーダー方法の選択】

 

シングルブレスト2個釦、サイドベンツ、チェンジポケット付きという英国カントリージャケットの王道をいくデザインです。

ただし、前述した「サヴィルロウ・スタイル」なら当店のアトリエで型起こしをして、仮縫い補正をしてデザインを考えようということになりました。そこで、「プレ・ビスポーク(Pre Bespoke)」をお選びいただきました。

 

 

 

⇒プレ・ビスポーク(Pre BESPOKE) の詳細はコチラからどうそ!

 

 

 

 

10

 

 

 

11

 

 

【ライニングとボタン】

 

表生地がシックなブラウンなので、ライニングは少し明るめのライトブラウンをチョイスされました。ボタンは本水牛のダークブラウンの艶有です。

 

 

14

 

BABY ALPACA をモチーフにしたフェルラの生地ネームがカワイイですね!

 

 

 

12

 

 

【当店で心がけたポイント】

 

サヴィルロウ・スタイルの基本である、ジャケット丈とフロントカットをお客様のご希望に沿って型起こししました。すなわち今風に短いヒップが見える丈ではなく、ヒップを覆うくらいの着丈にして背中からサイドベンツを美しく魅せるようにしました。

フロントカットも今風イタリアンカッタウェイではなく、小さめなラウンドに抑え、ウェストラインから裾までは長めに見せるようにいたしました。

 

 

 

7

 

 

 

2

 

 

 

【お客様のご感想】

 

当店でのプレ・ビスポーク(Pre BESPOKE)は二着目となりましたが、着用した時のイメージや着心地にご満足をいただきました。

 

普段着としてカジュアルシャツやニットと組み合わせると、シックでお洒落感のあるコーディネートになります。シャツにニットネクタイなどを合わせて着ていただくと、お打合せやちょっとした学会などにご出席されても、信頼感ある雰囲気になります。

 

 

 

3

 

 

 

【当店から】

 

ご希望のイメージを詳しくお伝えになられたので、より具体的なデザイン起しができました。オーダーメイドの基本は「お打合せ」すなわちBespokeの時間であることを、再認識いたしました。

 

 

最後に裁断士の伊達と記念写真をいただきました。

これからもこのジャケットをご愛用いただけますと、ありがたく存じます!

 

 

 

5

 

 

6

 

 

 

【プライスについて】

 

FERLA / ITALY  WOOL&ALPACA&NYLON 480g/m

 

フェルラ、シングルジャケットお仕立て上りプライス(税別)

 

 

 

IMG_9755

 

 

 

プレ・ビスポーク(仮縫い付きマシンメイド)・¥119,200~

 

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・・¥179,000~ 

 

パターンオーダーメイド・・・¥89,200~