ブログ

【BESPOKE】ショールカラーの優雅なタキシード登場!

2018年2月22日

タキシードという服は、基本的に男性が一着は持つべき午後の正礼装です。

 

本来は「燕尾服」という午後の第一礼装が存在しますが、現代ではあまりにも手間がかかり、少し大げさな服装なので、その位置は次第にタキシードに譲りつつあります。

ただし、王室同士の晩餐会では今も燕尾服が正礼装です。また、ノーベル賞の受賞式後のパーティーでも燕尾服を着用しなくてはなりません。

 

 

fr

※写真はスペイン国王夫妻を招いての晩餐会

最高の正装、燕尾服姿です。

 

 

 

しかし、現代では各国の宮中晩餐会などにおいて、礼装としてタキシード着用が一般的になっています。

タキシードの成り立ちは、18世紀末の英国の夕食時の正装である「ディナージャケット」が起源となります。ディナージャケットは19世紀の両大戦間にかけて、特にアメリカで流行しました。

ニューヨークのタキシードパークという名前のクラブで、ディナージャケットを着用してパーティーに参加していたメンバーのエレガントな装いが当時の社交界に広まり、いつしか英国生まれのディナージャケットは、一般的に「タキシード」という名前で呼ばれるようになったのです。

 

 

ob

※ アメリカのオバマ元大統領との晩餐会

タキシードを着用しています。

 

 

 

最近立て続けにタキシードのオーダーをいただく機会がありました。

今回仕上がったタキシードがこちらです。

 

 

IMG_4110

 

 

タキシードの特長はすばりその「襟」ですね。

大きく分けてこの写真のようなショールカラー(へちま襟)か、ピークトラペル(剣襟)になります。当店のオーダーの比率としては7対3位でショールカラーが多いです。

 

ショールカラーの生地はシルクを用います。服飾用語では「拝絹」と呼ばれます。今回はお客様のリクエストでこの拝絹をボディとは異なるネイヴィーにいたしました。

 

レンタル店や既製品では普通手に入らないのですが、フルオーダーメイドなら可能です。

 

 

 

 

 

IMG_4105

 

 

ショールカラーの曲線もブランドやテーラーのよって様々なのですが、当店では今回の様なやや下膨れ気味のエレガントな「へちま」を描くようにしています。

 

 

 

IMG_4107

 

 

 

一個ボタンのタイコ(付け合わせボタン)は共生地の「くるみボタン」です。袖もこのくるみボタンが付きます。

胸ポケットこそノーマルなハコポケットですが、コシポケットはフラップ無しの片玉ブチです。また背中はノーベントになります。

 

 

IMG_4108

 

 

基本的に室内で着用されるので、雨蓋であるフラップは必要無いし、乗馬するわけではないので、ベント(=馬乗り)も要らないので、ノーベントとなります。

 

 

IMG_4106

 

 

トラウザーは、側章と云う飾りがズボンの側面に付けられます。これは英国王室の式服の名残です。合わせる靴はこちらも外履きではないので、靴紐なしのスリッポンやパンプスです。

 

 

 

IMG_4335

 

 

タキシードは基本的にスリーピースです。

アメリカではカマーバンドという腰につける太めの襞帯をつけますが、今回は共生地でウェストコートをお仕立てしました。また、シルバー系のシルクのジャガード生地で、同じくウェストコートと蝶ネクタイ、ポケットチーフもご用意しました。

 

 

 

IMG_4103

 

 

 

ということで、お客様にご試着いただいたタキシードはとてもエレガントでお似合いでした。ご自身のご結婚式に着用されるとのことです。

 

心よりご結婚のお祝いを申し上げます!

 

 

sva6

 

 

 

タキシード上下・お仕立て上り基本プライス

 

BESPOKE(仮縫い付きフルオーダーメイド)・・・¥210,000から

ベスト・・・¥30,000から

カマーバンド・・¥15,000から

ウィングカラーシャツ・・¥12,000から

ほか、蝶ネクタイ、サスペンダー、チーフなど必要です。

 

【出張オーダー】東京でのBESPOKE(フルオーダー)も承ります!

2018年2月17日

Spring Starter Fair 2018

 

春のオーダーフェア 開催中です!

 

 

03 March - Paris in Spring Time

 

 

①フルオーダー(仮縫い付きハウスメイド)・・

 

オプション裏地または、

リンクルフリーオーダーシャツ(メンズ)無料

 

 

 

②パターンオーダーメイド・・

 

オプションボタンまたは、シロセットプレス無料

 

 フルオーダーは約一か月、パターンオーダーは5週間で仕上がります!

 

 

 

先日のバレンタインデーを挟み、東京へ出張して参りました。

鹿児島は雪、関東は日本晴れ。富士山もはっきり見えました。

対照的な気候ですが、意外にそんな日も多いのです。

 

 

 1

 

 

2

 

 

午後は東京在住のお客様の仮縫いをいたしました。

型紙のあるお客様でしたので、事前にサンプルで生地をお選び頂き、メールなどでデザインを打ち合わせました。

 

 

 4

 

 

3

 

 

 

現在は約一ヶ月に一度は東京に出張していますので、このようなオーダーも可能です。

メールまたはお電話でお打合せいたしますので、ご希望があればお気軽にご一報下さい。

 

 

6

 

 

 

お客様からのオーダーや仮縫いの合間に、縫製工場やシャツメーカーの新商品説明会などに出席して来ました。

今回は特にミユキ毛織の開発部門の方から、繊維と生地についての基本知識をレクチャーしてもりました。専門的ながらすぐに仕事でも生かせる情報はありがたいものです。

 

 

シャツメーカーの新商品説明会では、日本の夏をいかに快適に、そして粋に過ごすに為の素材、ガーメント、小物などを紹介してもらいました。大部分は当店でもオーダー可能になります。

 

 

 

8

 

 

三洲堂テーラーは英国以来の伝統的なスタイルと技術にさらに磨きをかけ・・・とうたっています。クオリティをさらに上げてお客様のスタイリングに寄与し、ご生活に潤いをもたらす「ファッション」をお届けする気持ちが、スタッフ一同とても高まっています。

 

 

5

 

今の時代に再び流行りだした「オーダーメイド」の真髄をお伝えできれば、と思います・・・。

 

【新作品】ロロ・ピアーナの美しいフランネル・スリーピース・スーツ

2018年2月12日

昨年コートをオーダーいただいたお客様から、お写真を頂きました。

 

厚手のカシミア生地で「着流し風」のラグランコートを作ってほしいとのことでした。出来上がりが気になっていましたが、とてもいい雰囲気で安心しました。

現在リトアニアをご旅行中で、ヨーロッパでもコートを褒められる事が多いですとのことでした。

 

 

coat

 

 

さて、いつまでも寒いこの冬を締めくくるのにふさわしい、ロロ・ピアーナのウール&カシミアフランネル生地で仕立てたスリーピースが完成しました。

 

 

14

 

 

ダークブラウンの細やかなハウンドトウースチェックは、極上のSuper130ウールにカシミアをブレンドした、温かみがあり、かつ艶もある美しい「作品」といっても過言でない生地です。

 

 

2

 

 

 

引きしまったお身体のお客様によると、特段身体を動かしてらっしゃる事もなく、スポーツマン体型を維持されてらっしゃいます。

ショルダーやバストにボリュームを入れ、立体的に構造的にお仕立ていたしました。

 

 

4

 

 

3

 

 

ちらりとのぞくウェストコートの雰囲気がいつもと違います・・・。

今回はダブルブレストのウェストコートにされました。

 

 

5

 

 

6個ボタン3個掛け。フロントは斜めにカットされたダブルブレストは、お身体をすっぽりと覆ってくれます。斜めに交差する左右身頃の打ち合わせも何故かエレガントですね。

 

 

6

 

7

 

 

 

ライニングはロロ・ピアーナのオフィシャルのゴールド。ロゴ入りですがそれほど目立たずシックです。このラインニングはジャケットの内側にも配されます。

 

 

10

 

 

袖はお客様のこだわりで本切羽にされました。

ボタンは本水牛の艶消しでシックに・・・。

 

 

9

 

 

ライニングが見えますね!

素敵な雰囲気になりました。

 

 

11

 

 

 

スリーピースを違う角度から・・・。

やはりダブルブレストのウェストコートが効いていて、豊かなイマジネーションになりますね。

 

 

8

 

 

お客様にご試着を頂きました。

お顔はNGとの事ですが、ご覧のようにぴったりと吸い付くように仕上がりました。

 

 

13

 

 

13-2

 

 

 

寒い冬はどこまで続くのでしょうか?

まだまだ温かく着心地の良い、ウール&カシミアのフランネルは重宝します。

皆さまにもぜひお袖を通していただきたいスリーピース・スーツです。

 

 

1

 

 

 

Loro Piana WOOL&CASHMERE FLANNELS 320g/m

 

スーツS上下お仕立て上がりプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー)・・・¥304,000

 

パターンオーダーメイド・・・・・・¥162,000

 

 

【恒例】ゼニア&ロロ・ピアーナ、早割のお知らせ!

2018年2月11日

エルメネジルド・ゼニア、ロロ・ピアーナ、2018年Spring&Summer生地バンチブックが入荷いたしました。

以下詳細をご紹介いたしますが、この2社につきましては恒例の「早割」がございます。

 

 

ゼニア&ロロ・ピアーナ 早割10%OFF!

 

2月28日・水曜日まで開催!

 

 

生地見本だけではなく各店舗で実際の生地を置いて、より広くお客様に自社生地をみてもらうという目的で、この2社はプレセールをいたしております。

ぜひ、この機会に上質で素晴らしいコレクションをご覧いただきたいと存じます!

 

それでは今シーズンの、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)からご紹介しましょう。

 

 

ant (2)

 

 

生地貼り+写真ボディ付きの見本ブック、「アンテプリマ(ANTEPRIMA)」は、紙質がマットな物になり、光を反射しにくくなってとても観やすくなりました。また、細部(ディテール)が把握できるカット構成も追加しています。

 

 

ant (3)

 

 

各コレクションラインの生地で仕立てられた実際のジャケットやスーツに、ゼニアらしいシャツやネクタイのコーディネートがされていて、装いの参考になります。

 

ant (1)

 

 

 

 

各バンチブックの中では、ゼニアの夏の主力商品をアップした、「SUMMER SUITS」に力が入っています。盛夏向けの「クール・エフェクト」生地に加えて、今年から新商品「STILL LIBERO」が登場しました。

 

 

 

st

 

 

 

「STILL LIBERO」、英語では「フリー・スタイル」とネームが付いた新素材は、ハイツイストと呼ばれる撚りを掛けた糸に、ストレッチ性のあるライクラを掛け合わせ、横伸縮が可能になりました。

ゼニアでは初の試みで、210g/mという夏向け生地は、高温多湿の日本のビジネスマンにとって、大変ありがたい存在です。

 

 

sl

 

 

 

 

オールシーズン、最近は10 Month(テン・マンス)と呼ばれる合服生地コレクションのトロフェオ(TROFEO)。Super150クラスの細番手のファインウールで織り上げた上質素材は、240g/mと春先から夏まで、夏の終わりから冬までの長い期間(※ゼニアがそう記載しています)使える生地です。

意欲的なトレンドの明るいネイヴィーからチェック、もちろん一番人気の上質無地までコレクションしてあります。豊かな気持ちになるバンチブックです。

 

 

 

tro

 

 

 

 

「I PREZIOSI」・・・従来はトロフェオブックの中にUPされていた、ゼニアのフラッグシップ生地、「15milmil15」「14miimil14」が一冊にまとめられました。Super170クラスのオールシーズン生地コレクション。すばらしい奥行き感、滑らかな手触り。まさにプレステージラインです。

 

 

mil

 

 

 

トラヴェラーは、サブタイトルに「4 SEASONS」が付きました。250g/mの本格的なオールシーズンビジネス生地です。きめ細やかで美しい表面感ながら、シワの回復性を実現しました。ゼニアによれば、「真冬以外に使っていただきたい」生地コレクションです。

 

 

trv

 

 

 

 

三洲堂テーラーで扱うゼニア生地コレクションのなかでも、非常に人気のあるバンチブックは、「コットン&リネン(COTTON&LINEN)」です。

 

特にリネン(麻)のスーツ生地は、私の先代から定番品として定着、いまでもお客様の数十年前のゼニアのリネンスーツがドッグ入りすることがあります。夏を何度も乗り越えた上質なリネンのスーツはクタクタでトロリとした生地感になります。これが人生を旅慣れた「大人の服」な印象になります。お客様もよく欧州の方から「エレガント!」と云われたようです。

 

 

cl

 

 

今年もネイヴィーや生成りのリネンスーツのオーダーが入る事でしょう。今まで5センチ程度の小さなブロック見本でしたが、ようやく正式なバンチブックになりました。かねがねリクエストしていたので、大きな色見本はとてもありがたいです!

 

 

 

 

j

 

 

ジャケットとそれに合わせるパンツ生地は、見開きの生地見本帳になりました。

そのものズバリの「ジャケッツ(JACKETS)」、合わせる無地コレクションの「スーツ&トラウザーズ(SUITS&TROUSERS)」は、ウール&シルク&リネンを組み合わせたクロス・プライ(CROSS-PLY)や、ピュアシルク、コットン&カシミアなど、様々ない素材をうまく組み合わせ、素敵な色彩と柄行きがラインナップされました。

 

 

 

 

jst

 

 

 

さて、今シーズンの正規エルメネジルド・ゼニア生地でのオーダーコレクションのプライスは以下の通りです。

 

 

9

 

 

 

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー/仮縫付・ハンドメイド)・・¥245,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥124,700~

 

 

 

ジャケット・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE(フルオーダー/仮縫付・ハンドメイド)・・・・¥169,000~

 

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・・・¥85,600~

 

 

各コレクションのバンチブックも揃いまして、

皆様のご来店をお待ちいたしております。

 

・・・・SPRING HAS COME・・・

 

春はもうそこまで来ています。

 

次回はロロピアーナを紹介いたします!