ブログ

【新作品】ゼニア「トロフェオ」、ツヤ感ある極上グレースーツ

2018年5月28日

いよいよ梅雨に入った模様です。先週末から雨が降ったり止んだりの日々です。

 

そんな梅雨空を吹き飛ばすような、明るいスーツが仕上がりました。

 

 

1

 

 

ライトグレーの艶やかなスーツは、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の看板高級生地「トロフェオ(TROFEO)」でお仕立てしました。

 

 

3

 

 

「トロフェオ」という名前の由来は、オーストラリアの数ある羊毛牧場の中でも、その年最もクオリティの高い羊毛を生産した牧場に対し、ゼニアが「トロフィー」を渡し、羊毛を買い取っていた、という歴史に基づいて付けられました。

 

 

 

4

 

 

 

「トロフェオ」は16ミクロンという極細の原毛を使っています。1ミクロンは、1ミリの1000分の1ですから、16ミクロンがいかに極細であるかが判ります。

16ミクロンは、国際羊毛基準では、「Super150`s」と規定されます。

※ちなみに、15ミクロンなら「Super170`s」です。

 

 

5

 

 

 生地自体に光沢と艶やかさがあり、かつ手ざわりも全く滑らかです。

着用すればその質の良さが、さらに理解できます。

 

 

7

 

 

 

ふわりと軽く、羽毛を羽織るように肩を包みます。

それにもかかわわらず、毛芯とともに仕立てると立体感が出ます。

 

 

 

6

 

 

ボタンは本水牛のロゴ入り艶消しをお付けしました。

ライニングはオフィシャルロゴ入のシルバードットです。

 

 

 

8

 

 

 

どんよりとした梅雨空の下でも、美しいトロフェオのスーツを着ていれば、元気が湧いてきます。

 

 

 

2

 

 

三洲堂テーラーでは、サンプルと実物のトロフェオ生地を揃えまして、皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

 

9

 

 

 

Ermenegildo Zegna TROFEO 230g/m Superfine Australian Wool

スーツS上下・お仕立て上り(税別)

パターンオーダーメイド・・・¥170,000~

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド)・・¥314,000~

 

 

【フルオーダー】端正な美しさ・・ロロピアーナのスリーピース・スーツ

2018年5月23日

オーダーメイド・オプションフェア

 

好評開催中。28日・月曜日まで!!

 

週末は「NC一割払い戻し」もございます!

 

詳しくはコチラをご覧ください!

 

 

OPfairMay2014

 

 

 

タリアの高級生地メーカー、ロロ・ピアーナ(Loro Piana)の「FOUR SEASON」生地を使い、当店アトリエでお仕立てしたスーツをご紹介いたします。

 

 

 8

 

 

その名の通り一年中着る事が出来るほどの厚さ、すなわちSuper130`s WOOL 250g/mの目付です。

 

 

2

 

 

地中海性気候のイタリアなら、「通年」もいけるかもしれません。しかし、日本ではどちらかと言えば、夏を中心のスリーシーズン向けの生地です。

したがって、ウェストコート(ベスト。チョッキです。)もオーダーいただき、寒い季節はスリーピースで防寒対策をいたしました。

 

 

1

 

 

 

品質では折り紙つきのロロ・ピアーナ、Super130`s WOOLのダークネイヴィーですから、とても深い濃紺が何とも言えない上質感を出しています。

 

 

3

 

 

締まった色合いに加えて、スタイリッシュなスラッシュ(斜め)のチェンジポケット付きです。もちろん飾りでは無く、実際にChange(=おつり)を入れる事も出来ます。

 

 

4

 

 

お客様からのオーダーは、「かのジェームズ・ボンドのような引き締まったスーツ」でした。しっかりとしたご体格ですが、胸回りにゆとりを入れつつ、肩幅やウェストは絞っています。

 

実際にご着用していただきました!

 

 

99

 

 

ボタンは天然物の本水牛の艶やかなダークブラウンです。

カフスはこだわりの本切羽。さらにボタンホールの一番下の糸色をブルーでかがりました。

 

 

5

 

 

 

ライニングはロロ・ピアーナのオフィシャルロゴ入りブラックです。

 

 

 

7

 

 

 

ご試着の後に記念写真をいただきました。

合わせてオーダーいただいたシャツとともに、明後日このスリーピースを着用されるご予定です。

 

 

100

 

 

 

ロロ・ピアーナのSuper130`s WOOL 「FOUR SEASON」は、濃紺始め、ブルー、グレー、ストライプなど様々な色柄を備えております。

 

すべて艶やかで品格を感じさせる完成度です。

 

 

 

101

 

 

 

Loro Piana FOUR SEASON Super130`s Wool 250g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE(仮縫い付き・ハンドメイド/フルオーダー)・・208,000~

パターンオーダーメイド・・・・98,200~

【新作品】ラグジュアリーなゼニア、15Milmil15のスーツ!

2018年5月17日

オーダーメイド・オプションフェア

 

好評開催中です!

 

詳しくはコチラをご覧ください

 

 

OPfairMay2014

 

 

イタリアの生地メーカー、エルメネジルド・ゼニアには、

 

I PREZIOSI (イ・プレツイオッシ)

 

という生地バンチブックがあります。

 

 

 

mil

 

 

イタリア語の「preziosi」は、日本語では「貴重な」「価値ある」という意味になります。エルメネジルド・ゼニアの「I PREZIOSI」には、15Milmil15(クインディッチ・ミルミル・くインディッチ)を中心に、14Milmil14まで含めた、超細番手極上ウール生地のコレクションが揃っています。

 

 

 

1

 

 

今回オーダーをいただいた、ネイヴィーの15Milmil15のスーツは、Super170`s Wool 230g/mです。着用する季節は、春から初夏、秋から初冬というところでしょう。「合服」ということになります。

 

 

IMG_4373

 

 

 

2

 

 

 

ここ九州深南部では、スーツは「冬服」か「夏服」だけでまかなえる、とする方もいらっしゃいます。しかし私の経験では、このクラスのスーツであれば、3月初旬から6月の梅雨寒時期まで十分着用できます。

 

 

5

 

 

Super170`s クラス、すなわち生地の原毛が15ミクロンクラスになると、見た目も着心地も想像以上に変化します。

 

 

3

 

 

 

IMG_4369

 

 

 

まず生地の見た目では、自然な艶やかな光沢が溢れているために、どの角度からスーツをみても上質感を感じます。

着用感は軽やかで、「肩にソフトに乗り、包まれるかのような着心地」です。

 

 

IMG_4373

 

 

ポケット、ラペル、カラーの先端は、通常の当店のBESPOKEに比べて、少し鋭角になっています。生地のツヤ感もあり、オーダーされたお客様が30代後半ということもあって、エッジを尖らせてみました。

 

 

4

 

 

ボタンはゼニアのオフィシャルロゴ入り本水牛釦。

 

 

6

 

 

 

7

 

 

 

ライニングも柔らかなシルバーのゼニアオフィシャルロゴ入りです。

 

 

8

 

 

風格ある仕上がりになった、15Milmil15のスーツ。

先日お客様に納品させていただきました。とてもいい雰囲気で大変お似合いでした。

 

 

9

 

 

 

Ermenegildo Zegna 15Milmil15 (Super170`s Wool相当)230g/m

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

 

BESPOKE・・・¥350,000~

パターンオーダーメイド・・・¥178,000~

 

 

 

 

 

 

 

【新作品】貴重な「エメラルドグリーン」のレディーススーツ

2018年5月14日

エメラルドグリーン・・・

例えて言えば、奄美諸島の美しい海の色でしょうか。

 

 

こんな美しい色合いの生地を、イタリアのロロ・ピアーナ(Loro Piana)から仕入れたのは数年前になります。一目見て気に入った生地は「ギャバドリーム(GABADREAM)」という品名でした。

 

 

 

IMG_5334

 

 

 

この生地がレディース・スーツとして仕上がりました。

 

ジャケットはシングルブレステッド・2個ボタンのシンプルなデザイン。レディースらしく、ラペルとカラーが少しラウンドしています。

 

 

 

IMG_5322

 

 

エメラルドブルーと表現しましたが、その色合いスーツとして仕上がると意外にシックです。手触りはさすがにロロ・ピアーナのSuper100‘sウールだけあって、なめらかですがコシがしっかりとしています。

 

 

IMG_5323

 

 

ボタンはイタリア製。ライニングは国産のキュプラをお選びいただきました。

 

 

IMG_5326

 

 

 

担当の裁縫士、加治木が一つ一つ入れたハンドステッチが、ジャケットのフロントを飾ります。時間と手間はかかりますが、唯一無二の美しい工芸品が仕上がります。

 

 

IMG_5335

 

 

ラペルの裏には秘密が・・・

 

加治木が施したハ刺しの跡です。中に入った芯と表生地が「ハ刺し」によって一体化し、ふわりと綺麗なラペルロールが現れます。

 

 

IMG_5358

 

 

他のスカートと組み合わせてもシックに決まります。

 

 

IMG_5361

 

 

 

ひそかにお客様のご納品を待っているスーツ・・・

この春の陽光のように、お客様のお気持ちをさらに明るくできれば、ありがたいです。

 

 

8

 

 

このエメラルドブルーと一緒に仕入れた生地がコチラです。

TASMANIAN Super120`s WOOL  RED! 

 

強烈な個性的を放つ赤い生地をオーダーされるのは、どなたでしょうか・・・?