ブログ

【新作品】英国製幅広ストライプスーツ登場!

2018年8月3日

いよいよ2018年秋冬生地バンチブックが本格的に入荷してきました。

 

これまでに揃った主なメーカー、マーチャントは・・・

 

 

 ss

 

 

CANONICO , CERRUTI , TOLLEGNO , RIABERA

TRABALDO TOGNA , PIACENZA

CARLO BARBERA , FINTES , TALLIA DELFINO

TAYLOR&LODGE , DARROW DALE (John Foster) , FOX BROTHERS

JACKET COLLECTIONS などなど

 

来週にはLoro Piana、SCABAL、Ermenegildo Zegna などが入荷する予定です。

 

 

10

 

 

さて、太幅ストライプ、広幅ストライプ・・・といえば、英国生地の得意分野です。

 

英国生地はクラシックでスタンダードなものが多い・・・これは正解ですが、強烈な個性を放つ様々な色柄の生地&裏地を供給しているのも、同じ英国の生地メーカーやマーチャント(問屋)です。

 

 

 

IMG_6638

 

 

 

今回オーダーを頂いたスーツは、巾3.5センチ、ストライプ自体の幅も約3ミリ、という広幅ストライプの生地で仕立てました。

 

 

 IMG_6637

 

 

写真は生地の裁断と、仮縫い補正の場面です。

ストライプの幅が広いほど、柄合わせが難しくなります。これはチェックも同様です。

 

IMG_6636 

 

 

 

実際に仕立てる裁縫士は、さらに気を使います。

ストライプが上から下まで分断されないように組み立てなくてはなりません。

 

 

 

s2

 

 

 

シングルブレスト2個ボタン、サイドベンツのジャケットは、チェンジポケットが付き、ハンドステッチも入ります。

 

 

s7 

 

 

s8

 

 

ボタンは本水牛の皮付ホワイト。雰囲気のあるカジュアルな釦です。

 

 

s9

 

 

s10

 

 

強烈な個性を放つライニングは、英国LBD社のコレクションから。

この面白いイラストライニング、不思議に表生地のストロングストライプと似合います。

 

 

 

s11

 

 

 

lbd (2)

 

 

 

オーダーされたお客様にご試着いただきました。

デニムとも相性が良い事が判ります。

 

 

 

s1

 

 

 

お客様はドレッシーなストライプジャケットをお探しでした。

最終的にこの英国DARROW DALEの生地をお選びいただきました。

 

 

 

s6

 

 

 

個性的ですが、夏服として様々にお使いいただける一着です。

ご愛用いただけますと、ありがたいです!

 

 

s3

 

 

 

DARROW DALE 230g/m Pure Wool

スーツS上下・お仕立て上りプライス(税別)

BESPOKE (フルオーダー・ハンドメイド)・・・¥178000

SARTORIA(パターンオーダーメイド)・・・¥74200

 

 

 

 

【サファリジャケット】BESPOKEならではの造形とバランス!

2018年7月28日

10th Anniversary SUMMER SALE 開催中です!

 

詳細はコチラです!

 

 

 

 

 

当店は1930年創業以来、戦前は軍服専門のテーラーとして、戦後は男性の背広やコートなどお仕立し続けて参りました。

 

 

 IMG_6973

1928年開業直前、早稲田の修業先にて

 

 

 

IMG_6974

1956年全日本紳士服コンクール・受賞作のスーツ

 

 

1970年頃より、多種多様な洋服を手掛ける様になりました。

 

例えば、アウターでは今日ご紹介するサファリジャケット、ノーフォークジャケットなどの英国伝来の様式があるジャケット類。

タキシード、モーニングコート、フロックコートなどのお式にご着用するための服。

アルスターやピーコートなどの外套の類。

そして最近はレディースのスーツやジャケット、ワンピースなどもよくご注文をいただきます。

 

 

 1

 

 

私たちは、それだけのオーダーをこなしきれるだけのアーカイブの型紙、職人の世代にわたる技術の伝承、何よりもオーダーを頂いたら「まず作ってしまおう!」という意欲あるBESPOKE TAILORです。

 

上の写真はまさに当店の多様性が判ります。

 

右から、真白のご結婚式のスリーピース・スーツ、中央が超太巾ストライプのスーツ、そして左がサファリジャケットになります。

 

 

 

IMG_6976

 

 

既製品店やパターンオーダーショップでは対応できないお洋服も、きっちりお仕立していたしますので、ぜひ三洲堂テーラーにおまかせください!

 

 

3

 

 

 

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のピュアリネン生地を使ったサファリジャケットが仕上がりました。

 

 

 

2

 

 

サファリジャケットの基本はシャツカラーまたはバルカラー、袖にカフスが付き、フロントはL字型ですが、このジャケットはモダンなお洒落着としてのサファリスタイルになります。

 

特徴としては・・・

 

 

 

3つボタン・中一個掛け

 

正統サファリは釦が5個なのですが、このモダンなジャケットはその雰囲気を残しつつ、3つボタンにしました。フロントもラウンドさせましたが、クラシックな小丸にしました。 

 

 

 

4

 

 

 

肩はふらし袖

 

極薄の肩パッドを入れて、身頃の下に袖が入るふらし袖。軽い着心地と腕がとても動き易いのでご旅行等にはとても重宝します。

 

 

 

8

 

 

 

サイドベンツ、フロント、袖、背中のステッチ。

これは、サファリジャケットをはじめとするアウターに必須の飾りです。ステッチを入れる事で、服にメリハリとカジュアル&スポーティーな雰囲気がもたらされました。

 

 

 

 5

 

 

 

胸&腰のフラップ、アクションプリーツ付きパッチポケット。

サファリジャケットといえば、このポケットです。胸のやや大きめのフラップが、着る人の魅力を引き立ててくれます。

 

 

 

9

 

 

 

10

 

 

 

 ボタンは、ゼニアの水牛釦。一番明るい色合いのものです。

袖はあえて3個釦にしてカジュアルな雰囲気を出しました。

 

 

 

11

 

 

 

夏らしい、麻らしい一枚仕立

 

ピュアリネンの一枚仕立ては涼しさももちろんですが、職人技による造形美が素敵です。丁寧にパイピングされたジャケットは、まさに一生物と言えますね!

 

 

13

 

 

7

 

 

 

ちなみにライニングは、ゼニアのロゴ入りオフィシャルのグリーンです。

表生地のベージュと裏地のグリーンが対照的です!

 

 

6

 

 

 

夏のご旅行のお伴に、このサファリジャケットに合わせて、麻のパンツ、麻のシャツ、パナマ帽子など合わせてみたいものです。

 

コロニアルなホテルの古いBARで、サファリジャケットを着て帽子をカウンターに置いて、ちょっとシンガポールスリングを傾けてみる・・・なんて楽しそうですね!

 

 

 

6-2

 

 

 

Ermenegildo Zegna Pure Linen 270g/m

サファリジャケット・お仕立て上り・・・¥210000(税別)

BESPOKE(フルオーダーメイド)仮縫付き・ハンドメイド。

 

 

 

【ダンヒル】ドレッシー!ブラウン・ストライプ・スーツ

2018年7月20日

「アルフレッド・ダンヒル」・・・

 

 

英国を代表する高級メンズブランドは、馬具商を皮切りに、自動車周辺のアクセサリーメーカーとして成長、現在ではメンズ服飾の総合ブランドになっています。

 

 

ad

 

 

ダンヒルは2000年からサッカーW杯日本代表チームの、オフィシャルスーツを提供しています。今回のW杯でも、帰国する本田選手のベストにサングラスのスタイルは記憶に新しいところです。

 

 

honda

 

 

 

jpn

 

 

それにしても、メンバーの晴れ晴れとした表情がいいですね!

 

 

 

 

・・・ダンヒルに話を戻しますと・・・

 

 

以前は、テーラー向けに生地を供給していたダンヒルですが、2年前から生地のサプライをストップさせました。

 

一部の激安イージーオーダー店などに生地が流れ、オリジナルのダンヒル製スーツとかなり値段の開きが出過ぎたてしまった結果、かなりの需要があってもブランドイメージを護る為にやむなく撤退したとの話でした。

 

 

2

 

 

 

今回オーダーをいただいたスーツは、ダンヒルのウール&モヘア生地をお選びいただきました。まさに最後のダンヒル生地を仕入れていた分で、お仕立てさせていただいたのです。

 

 

3

 

 

 

ご友人のご結婚式で着用するためにオーダーされたスーツは、シングルブレスト、襟はピークトラペル、サイドベンツとしました。

 

 

5

 

 

大柄なお客様をスマートに魅せる為に、ピークトラペルは欠かせないと考えました。

 

 

 

4

 

 

サイドベンツは英国王室御用達のマークを持つ事もあった、ダンヒル生地ならではの「ブリティッシュ」なイメージを表現します。

 

 

9

 

 

 

ライニングは、英国のLBD(LEAR BROWNE & DANSFORD)社の美しいライニングブックからチョイスしました。

 

 

lbd (2)

 

 

 

lbd (3)

 

 

 

このライニングブックは、一日見ていても飽きがこないほど、様々な色柄、モチーフ&デザインが収められています。

※LBDライニング・・・オプションプライス¥15000(税抜)

 

 

 

6

 

 

 

ライニングの生地でポケットチーフを作りました。

 

ちなみに・・・シャツ生地は白ですが茶蝶貝を使い、刺繍ネームも茶色で入れました。

 

 

 

7

 

 

 

一年を通してお祝い事でご着用される為に、総裏を張りました。

見事なコントラストでついつい裏地を自慢したくなるような出来栄えです。

 

 

 

8

 

 

 

1

 

 

 

シャープかつエレガントなダンヒルのブラウンストライプスーツ・・・・

ぜひご愛用いただけますとありがたく存じます!!

 

 

 

IMG_6761

 

 

また、当店には上記ダンヒル生地のストックがございます。

 

上:夏物/Summer Kid Mohair + Super100`s Wool  250g/m

下:合冬物/Super100`s Wool 320g/m

両方とも・・・BESPOKE=250.000  パターンオーダー=¥125.000

 

只今SALE中です。ストック生地のオーダーは、定価の20%OFFです。

 

ぜひご検討下さいませ!

 

 

 

 

【祝!】タキシードなら三洲堂テーラーのBESPOKE!

2018年7月13日

夜の正礼装、タキシードのオーダーが増えてきました。

 

ご結婚式の式服としてオーダー頂くケースがほとんどです。

 

※正しくは燕尾服が第一礼装なのですが、あまりに手間がかかる服の為、国内では国賓級の宮中晩餐会、著名な例ではノーベル賞授賞式のスェーデン国王隣席のパーティーなどでしかお目にかかりません。

 

 

19

 

 

 

20

 

 

今回タキシードのオーダーをいただいたお客様は、8月のご結婚式で着用される予定です。加えて高校の吹奏楽部の指揮をされてらっしゃるので、演奏会でもこれからどんどんご着用することになる、とのことでした。

 

 

8

 

 

タキシードには、シングル胸、ダブル胸の他に、ラペルのカタチを大まかに2種類からお選びいただかなくてはなりません。上の写真はショールカラーです。

 

 

1-2

 

 

三洲堂テーラーでは、約7割がショールカラーすなわち「ヘチマ襟」のオーダーをいただきます。ただし、上の写真の様なピークトラペル=「剣襟」も人気です。

 

「タキシード」は元々英国発祥の「ディナージャケット」がアメリカで流行し、「タキシード・クラブ」という団体が出来ました。クラブを主宰した方々が、リラックスしたムードのショールカラーを好んだがゆえに、タキシード=ショールカラーというイメージが定着したようです。

 

また、礼装のルーツである英国では、第一礼装の燕尾服がピークトラペルですから、自然にタキシードもピークトラペルにされる方が多い。

 

さらには、主宰、主役=ショールカラー、列席者=ピークトラペルという考え方もあります。

 

 

2

 

 

当店ではご結婚式に出席する新郎様が多いので、ショールカラーになるのも自然のなりゆきかもしれません。

 

私自身は両方持っていますが、もっぱら非日常感あふれるショールカラーを着用しています。

 

 

21

 

 

実はこの優美なカーブを描くショールカラーも、様々なカタチがあります。

細くてシャープなフォルム、今回の様なゆとりのあるフォルム、下ぶくれのぽったりとした優雅なフォルムなどなど。

 

 

 4

 

 

ここはBESPOKEの世界です。

オーダーするお客様にピッタリのショールカラーが必ず存在します。スタッフと一緒にあれこれ考えるのも愉しいひと時です。

 

 

 

9

 

 

 

仕上がったタキシードをご試着いただきました。

 

立派な御体格のお客様は、もともとトランペット奏者でらっしゃいます。子供のころからジャズバンドに入り、トランペットを吹き鳴らしていたそうです。バストがとても大きいのは肺活量もあるのでしょう。・・・なので、どんなスーツを着ても胸が開いてしまい、困ってらっしゃるとのことでした。

 

 

13

 

 

着用すると、写真のようにまったく胸が開かず、指揮をするように腕をまわしてもストレスなくジャケットが吸い付いています。こんな服は初めてだ!とお褒めいただきました。

 

 

 

14

 

 

 着用感がいい理由の一つは、生地がナチュラル・ウール・ストレッチ素材であるからです。最近人気のイタリア「トラバルド・トーニャ(TRABALDO TOGNA)」。

 

 

10

 

 

 

こんなにストレッチが効く生地はまずお目にかかれません。糸の成型からストレッチ性を加え、さらに特別な織機で織り上げています。

 

 

12

 

 

 

ボタンは共生地でくるみました。

ご試着のシャツは、ウィングカラー、ひだ胸、ダブルカフスです。

 

 

7

 

 

 

ライニングは少し遊んで、ブラックのペイズリーをお入れしました。

 

 

 12

 

 

 

最後に記念写真をいただきました。

私はいつもながらの「引き立て役」です。

 

 

 

18

 

 

 

いいご結婚式になりますように!

心から祈念いたしております!

 

 

 

1

 

 

タキシード・お仕立て上りプライス(税別)

基本的に、BESPOKEでお請けいたします。

スーツS上下・¥178000+3万円*=¥208000より

※ラペル拝絹、トラウザー側章、くるみ釦などの作業費用とお考え下さい。